記事一覧

7月26日(木) 受診

今日のチェックインは9時。すぐに採血に回りますが、少々混んでいて13分待ち。採血前のソファもかなり埋まっていたので、ちょっと離れた椅子に座ります。
採血室への入室表示が出たのが、ちょうど13分後で、そこから2分ほどで採血へ。終わって腫瘍内科の外来受付をしたのが9時20分ごろでした。

待合の長椅子で待っていると、早くも30分弱で中待合への表示が出て、まもなくドアを開けてドクター登場。そんなに早く呼ばれるとは思わず、持参の資料を読んでいると、ドクターは私が気づくのを少し待っていたようです。広げていた荷物を慌ててまとめ、診察室へin。病院到着から1時間かからずに診察になったのは、初めてかも。

いつものとおり2週間の状況報告ですが、この2週間は全く変化なしです。血液検査は白血球・好中球のみですが、低下はなく、治療継続です。この分なら、次のサイクルから2週間目の血液検査はなしで良いでしょうとのこと。次の2週間後の診察はちょうどドクターの休診日に当たるので、1日前倒しの8月8日(水)。前回(4/15)のPET-CTから3か月以上経つので、8月にPET-CTをすることにし、8月16日(木)に予約を入れます。そのため、8月8日のレントゲンはなし。イブランスの追加7日分と、鎮咳薬アストミンの処方をしてもらって終了です。

本日の病院滞在時間は1時間半でした。(早い!)

7月12日(木) 受診

最近の受診はのんびりモードなのですが、今日は受診が終わったら札幌まで行く予定なので、少し早めに家を出ます。
病院に到着してチェックインしたのは9時少し前。採血は待ち時間なしですぐ終わり、そのまま腫瘍内科の外来受付へ。月曜日に撮影したので、今日のレントゲンは無しです。

血液検査の結果が出たころに中待合へ呼ばれ、診察室に入ったのは10時少し回ったころだったでしょうか。
月曜日に受診したので、それ以降の状態を申告するのですが、月曜日夜に39度の発熱があり、その後の発熱はないこと。そのころから鼻水が大変になったこと。ほかにトラブルはないことを話しました。血液検査の結果は白血球も好中球も問題なしで、治療は継続です。風邪の上乗せ効果のせいか咳がひどくなり、手持ちのリン酸コデインも切れているので、新しい鎮咳薬を試してみることにしました。薬としては昔からあるもので、アストミン錠10mg、1日3錠です。とりあえず次の診察までの14日分を試してみることに。月曜日にもらい損ねた血液検査の結果を印刷してもらい、次回の予約を入れて診察室を出ます。
次は注射。化学療法室内のベッドで待つことしばし。CVポート生食フラッシュ(洗浄)、ランマーク注射、フェソロデックス注射で終了ですが、終わったとたんに咳が止まらなくなり、看護師さんが退室してからも落ち着くまでしばし処置室で咳をしました。

会計まで終わって病院を出たのは11時10分ごろでした。
本日の病院滞在時間は2時間少々でした。

7月9日(月) 発熱、臨時受診

6日金曜日に、終日かなりくたびれる日を過ごしたせいか、7日土曜日の朝に37.8度の発熱。一日家で大人しくしていたのですが、夜には38.9度まで上がってしまいました。
思い起こせば5日木曜日ごろから咳が増え、喉の痛みもあったような。
もう一日様子を見て、熱が出続けるようなら月曜日に受診しようと考えていたのですが、日曜日は微妙な38度越え。頭痛もします。
重篤な状況ではないし、受診しても重篤でないことを確認する程度なのですが、月曜日朝も37.5度だったので受診することにしました。

朝、ドクターには発熱&臨時受診の予告メールを出して家を出ます。病院の通常の受付時間は8時15分からなので、途中の駅から外来受付に電話。病院に着いたのは9時ごろだったでしょうか。受付で予約外受診の申し出をすると、少しして看護師さんが現れ「先生に連絡してあったんですね。もう検査予約入っていました」とのこと。いつものように採血→レントゲンと回り、再び外来の待合で待つこと1時間。中待合へ移動してからさらに20分ほど。診察室に呼ばれたのは11時近かったでしょうか。

診察室に入ると、いきなりドクターが「風邪声だねぇ」。発熱の状況と咳・痰の増加、咽頭痛、頭痛を報告。「体感的には今日がいちばん具合悪いです」。
血液検査の結果は特に大きな問題なし。レントゲンも肺炎と言うほどではなく、いわゆる風邪(上気道炎)との診立て。
本来は12日木曜日に測る予定だった腫瘍マーカーを前倒しで今日測ったのですが、数値は完全横ばいです。腫瘍が悪化したわけでもなさそう。
あまり効果は期待できませんが、念のための抗菌薬(クラビット)を3日間分処方してくれて、12日の受診まで様子を見ることとしました。