記事一覧

8月23日(木) 受診

定例の受診日です。病院チェックインは9時13分。

白血球、好中球も安定しているし、PET-CTをやったばかりでもあるので、今日は採血もレントゲンもなしです。
採血がないと、その検査結果を待つ必要がないので、おそらく受付から診察までの時間が短いと予想。案の定、外来受付カウンターで受付を済ませると、ほどなくして看護師さん登場。検温と事前問診を行い、PET-CTの資料を返してくれます。中待合への表示が出たのは9時25分ごろ。そこからあまり待たずにドクター登場で診察室に入りました。

「2週間の状況は?」と聞かれて「まったく変化なしです」。「発熱なし、下痢なし、口内炎なし・・・」と言うと、そのとおり電子カルテに入力している模様。先にPET-CTの資料を受け取って目を通していたので、「PETもほとんど変化なしですね」と言うと、ドクターも「そうだねー」。

検査したクリニックでの所見は「右肺下葉の腫瘤に著変なしで、FDGの集積は若干低下」「左肋骨、左腸骨への軽微な集積出現」「前からあった胸骨、右肋骨、坐骨への集積は若干低下」「そのほかは特に異常なし」ということで、「骨転移の進行が疑われます」とコメントされていますが、前回の画像と比べてみると「これって前回もあって、そんなに変わってないよね」とのこと。「骨転移って、既にランマークやってるし、痛みがなければ特にすることはないんでしょ?」と聞くと「そのとおり」。

骨転移の治療薬であるビスホスホネート(その中で現在はゾレドロン酸がメイン)とデノスマブ(分子標的薬の一つで商品名ランマーク)は、破骨細胞の活動を阻害し、骨吸収(骨が壊れること)を防ぐ薬剤です。しかし、顎骨壊死や病的骨折という問題も知られています。病的骨折を予防するはずの薬の副作用が病的骨折というのもおかしな感じですが、人間の身体や薬の作用機序は、そう単純でないということでしょう。
私の場合、ゾレドロン酸は2013年11月から開始し、ケモ中に数か月の中断があったものの、2016年10月からはランマークに変えて、現在まで5年近く続けています。知人の中にも、顎骨壊死になったり、大腿骨骨折をした人がいますし、注意する必要がありますが、定期的に歯科医院でチェックしてもらっていることもあり、当面のところはランマーク継続です。

今回は追加のイブランス処方と、次回の予約で終了。次回は腫瘍マーカーを測るので、診察前採血は有り、レントゲンはPET-CTを撮ったばかりなので無しです。

診察室を出ると、珍しく同じ主治医の患者仲間に会いました。彼女もイブランスを始めたとのことで、しばしおしゃべり(情報交換)。
会計は診察と処方のみなので420円ナリ。安い!

次回は9月6日の予定です。

PET-CT検査(転院後3回目)

今日はPET-CT検査です。
4月の検査のときは暴風雨でしたが、今日もまるで台風のような強風です。ただ、電車の運行には影響ない模様。

PET-CTの検査歴は数えきれないくらい。このクリニックでももう3回目なので、問題なく進みます。予約時間の10分ほど前にクリニックに到着し、受け付け、着替え、問診と進み、安静室に落ち着いてからいったんFDGの注射に行き、さらに50分程待機。
撮影前にトイレを済ませ、検査室へ。今回は咳はなんとか大丈夫でした。結果は5日以内に主治医のところに届くということで、来週の木曜日には結果が聞けそうです。

クリニックを出たのはちょうど11時ごろで、所要時間は2時間弱でした。

国民健康保険の高額療養費

4月に仕事を辞めた関係で、公的医療保険が協会けんぽから、区市町村の国民健康保険に変更になり、高額療養費の手続きも変わりました。
協会けんぽは、毎月、自分で申請書を作って送る必要がありましたが、国保は「高額療養費支給申請のお知らせ」という書類が世帯主あてに郵便で届いて、それに必要事項を記入して返送する仕組みです。協会けんぽよりも親切です。注意しなければならないのは、あくまでも世帯主あてであること。
金額も国保側で予め計算してくれているのですが、その自己負担限度額がこれまでより1ランク下の、住民税非課税世帯になっていたので、役所に問い合わせてみました。
すると、私の場合は仕事を辞めてから雇用保険の手続きをしていて、雇用保険受給資格者の離職理由により保険料減額の対象となっていてその手続きもしているため、自己負担限度額のランクが下がったとのこと。

高額療養費の自己負担限度額は、基本的に収入によって決まり、過去12か月の間に該当月が3回以上ある場合は、4回目から金額が下がる仕組みです。しかし、保険が変わるとまた振り出しに戻る予定でした。ところが、振り出しに戻っても上記の離職理由に基づいて減額対象となったので、結果的に前より安くなりました。超ラッキーです。

公的な社会保険制度も、まんざら捨てたもんではありませんね。

8月8日(水) 受診

ドクターの休診日の関係で、いつもの曜日より一日前倒しの受診です。
予約時間は9時となっていますが、これはかなりテキトーとのこと。しかし、さすがに予約時間より前にはチェックインしようと8時前には家を出ます。
今日は台風が近づいていて、雨が断続的に降っています。さて、普段より混んでいるか?空いているか?

病院到着は8時38分で血液検査は15分待ち。中待合への待ち人数は20人ぐらいで、ここはいつもより混んでいます。ちょうど15分ぐらい待って採血を終え、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時5分ごろでした。さて、これから血液検査の結果が出るまで1時間ほど待つ予定です。同じ待合い場所を使っている診察室が9つぐらいあるのですが、今日はほかの診察室は静かで、待合のソファにも空きが目立ちます。そんな中で私の主治医のところだけどんどん患者が呼ばれて行きます。明日は休診の予定なので、明日の分まで頑張っているのかな?

予定通り50分ほどで中待合への表示が出て、そこから20分ぐらい待って診察室へ入りました。
2週間の状況報告ですが、相変わらず全く変化なし。発熱なし、口内炎なし、軽い下痢が1回ありましたが、変わったことは何もありません。血液検査の結果も、白血球2800・好中球1288で治療継続です。腫瘍マーカーはCEAが微増、CA15-3が微減。去年まではそろって上下していたのに、今年になってから相反する動きをしています。謎。

診察終了後少し待ってから、今日は向かいの診察室でCVポートの洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい、病院を出たのは11時10分ごろ。本日の滞在時間は2時間半でした。