記事一覧

9月20日(木) 受診

きょうは分刻みのタイムスケジュール。受診後は11時までに職場に行く予定なので、アサイチで受け付けできるよう早めに家を出ます。夜に札幌へ行く予定なので、重い旅行荷物を抱えて、まずは駅のロッカーへ。

病院に着いてチェックインしたのは8時少し過ぎ。公式には8時15分から受付開始なのですが、自動受付機は既に動いています。すぐに血液検査の受付をすると37番目。10人待ちぐらいですが、意外に早く8時20分には採血終了。その後、前回の受診の際に新しい保険証が間に合わず10割負担だったため、会計窓口に精算の依頼をします。引き続き腫瘍内科の外来受付をし、中待合に呼ばれたのは9時20分ごろでした。

この2週間の体調は変化なし。白血球、好中球は、V字回復していました。イブランス再開です。といっても、スケジュールを崩さないために、7日分のみ服用し、その後の7日間は休薬期間となります。「今日の夜、札幌に行くんですよー」と主治医にも報告し、診察終了です。
会計の窓口では、前回の精算をしてくれたのですが、差額が現金でボーンと戻ってきて、うひゃーって感じです。

その後、来週の旅行のJRきっぷを受け取り、職場に向かい、昼休みにきっぷを友人に渡し、5時まで仕事をして、薬局で処方薬をもらい、薬局でも前回の会計の精算をしてもらい、ロッカーから荷物を出して羽田へ。ふぅ・・・。
雨だったので、普通以上にくたびれましたが、なんとか予定通り札幌に行けてひと安心です。

第14回がんサバイバーシップ オープンセミナー

ファイル 329-1.jpg

がん検診を正しく知ろう

一般的な検診を勧めるだけの話ではなく、検診のメリット・デメリットを本気で教えてくれて、本当にメリットのある検診をきちんと受けようという趣旨の講演会でした。
私自身、初発も再発も検診&健診で見つかったので、個人的には恩恵を受けた側なのですが、早く見つけて早く治療することが必ずしも良いこととは限らないという事実も、きちんと認識する必要があると思います。
がん検診をこまめに受けて早期で見つければ、かなりの確率で治ると思っている人が多いようですが、実はがんのタイプによっては早期で見つけるのが困難だったり、早期と思われる状況で見つかっても必ず治るだけではなかったりします。だからと言って検診は無駄と言うわけではなく、正しい知識をもって病気と対峙するのがやはり重要なんですよね。

9月6日(木) 受診

4月に仕事を完全リタイアして4か月。悠々自適の生活のはずでしたが、前の職場から連絡があり、来年3月までのレスキューと言うことで9月から出戻りしてしまいました。そのため、今日の受診後は職場に向かわなければなりません。早めに家を出て、病院に着いたのは8時20分ごろ。採血もそれほど待たずに順番が来ます。「あ、また同じ採血担当者だ」と思っていたら、向こうからも「このところずっと続いてますね」と声を掛けられてしまいました。確かに6月ごろから連チャンで同じ担当者に当たっています。採血ブースは8つぐらいあるので、連続で同じ人に当たるのは珍しいみたいです。

採血の後は外来受付。本来であれば保険証チェックがあるのですが、新しい保険証がまだ手元にないので、今日は10割自費扱いです。次回に保険証があれば、精算の手続きができるそうです。
待合いの長椅子でしばらく待っていると、看護師さん登場。事前問診と検温です。そうこうしているうちに血液検査の結果が出たらしく「中待合へ」の表示が出て、更に5分ほどで診察室へ。
まずは問診。先週、舌先に口内炎ができかけたが、アフタッチを貼ったらひどくならずに治ったことと、久々に胃もたれと胃痛があったことを報告。ただ、胃痛については昔からある症状で、最近は少なかったものが久々に出たという感じで、現在の治療とは関係なさそうです。その他は特に問題なしです。

ドクターの前の画面を見ると好中球のグラフが出ていて、今回は好中球が1000を切ってしまったとのこと。とすると、イブランスの通常投与は無理で、どのように休薬するか決めなければなりません。腫瘍マーカーは完全横ばい状態で、あまり悪化している様子はないので、あと2週間休薬することにしました。サイクルのスケジュールは変えずに、2週間後に採血して好中球が復活していれば、残りの1週間分を服用する予定です。

診察終了後少し待ってから、化学療法室でCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい終了。会計まで終わったのは10時5分でした。