記事一覧

第65回キャンサーボード勉強会

ファイル 337-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
アンスラ系の抗がん剤やハーセプチンなどがん治療は循環器にも影響のあるものが多く、とても興味深い内容でした。今をときめく免疫チェックポイント阻害薬も、まれに劇症心筋炎になる場合もあり、要注意だそうです。また、血管新生阻害剤も作用が血管障害なので要注意です。
がん治療の心毒性は、発生してから対処するのではなく、あらかじめリスクを把握し、予防する方向にすべきとのこと。
患者としても勉強になりましたが、がん治療に関係する多くの医療者に聞いてほしい内容でした。

11月15日(木) 受診

あっという間に今月2回目の受診です。

頑張って早く家を出て、病院チェックインは8時7分。今日は採血なし。レントゲンはまだ受付開始前で、10番の番号札をとり、8:15から順番に案内があって中待合へ。レントゲンを終わって腫瘍外来の受付をしたのが8時半でした。
今日は血液検査がないので早いです。9時の診察開始時間になるとすぐに中待合への表示が出て、診察室に呼ばれたのは2番目の9時15分でした。

レントゲンは大きな変化なし。体調も、前々日の夜にむずむず脚症候群の軽い症状が久々にあったことぐらいで、特に問題なし。で、イブランスは継続。12月あたりに造影CTをやりましょうということで、アサイチで検査できる日に予約を入れてもらいました。次回の予約は11月29日で、血液検査は腫瘍マーカーなし。白血球等のみです。

診察が終わってからCTの説明を受け、本日の予定は終了です。

11月1日(木) 受診

きょうは早く診察を終わらせようと頑張って早く家を出たにもかかわらず、電車のダイヤの関係で病院到着はあまり早くはありませんでした。
採血を済ませて外来受付をしたのは8時半近く。途中、看護師さんの事前ヒアリングと検温があり、中待合へ呼ばれたのは1時間近く経ってから。今日は5番目の診察のようです。
4番目の患者さんが診察室を出てから約5分。ドクターが入り口に現れて診察室に招き入れられたのは10時5分前ぐらいだったでしょうか。

診察室に入って、いつも通り前回受診からの状況報告をするのですが、今日は盛沢山です。
まずは歯の治療の件。単に被せ物のやり直しだけのはずが、思いのほか痛みが出てしまい、すんなりと治療できずにいること。歯科で出してくれた抗菌薬(クラビット)と鎮痛・抗炎症薬(ロキソニン)が2日分だけなので、次の歯科受診までの不足分を処方してもらうことにしました。
前回受診の日の午後に別病院の緩和治療外来へ行き、新しいドクターの診察を受けたこと。その病院の新しい緩和治療科部長が10月から赴任したこと。
前回受けたインフルエンザ予防注射の跡が数日赤く腫れ、むず痒かったこと。
久々に謎の胸痛があったが、短時間で解消したこと。
フェソロデックスの注射痕が最近少し痛みがあるということ。
左の太ももにアザができたこと。などなど。
血液検査の結果は、白血球、好中球ともに基準値はクリア。CRPは歯痛がある割には高くないこと。腫瘍マーカーはCEA、CA15-3ともに1割増ぐらい。ただ、上昇傾向はこれまでと大きな変化はないので治療は継続です。12月ぐらいに、今度は造影CTをしましょうということになりました。

いつもの薬を処方してもらい、次回の予約を入れ、診察室を出てから処置室で注射をしてもらい、本日の診察は終了です。
職場には11時に着きたいと思っていたのですが、残念ながら11時半になってしまいました。
次回は11月15日です。