記事一覧

12月27日(木) 受診

今年最後の受診です。
仕事はまだ通常営業中なので、きょうも受診が終わったら職場へGOです。

病院に到着し、再診受付をし、採血のコーナーに行くと、なんとシステムダウンによりアナログで受け付け&呼び出しを行っています。ありゃりゃ、いつもより時間がかかるかしらん?とアナログの番号札を取り、番号が呼ばれるのを待っていると、そこそこの時間に呼ばれ、採血が終わって腫瘍内科の外来受付をしたのはほぼいつもと同じ時間の8時半でした。昨年の受診は12月28日だったのですが、きょうも年末近いせいか、いつもより空いている感じです。
1時間経たずに中待合への表示が出て、さらに5分も経たずに診察室へin。ドクターはマスクをして咳もしており、「風邪ですか?」と聞くと「そーなんだよ。情けない」とのこと。
私のほうは変わったことは全くなし。血液検査の白血球数&好中球数も比較的多く、治療は継続です。腫瘍マーカーは実質2か月ぶりですがほぼ横ばいで、ドクター「なんかやった?」、私「いいえ」、ドクター「そうだよねー」。怪しい免疫療法やりましたとか、アガリクス飲みましたとか、言ってみたら面白かったかな。
きょうからはイブランスが2週間を超えて処方可能になったので、次回の受診を4週間後の1月24日にし、それまでの薬を諸々処方してもらい、診察は終わりです。
早めに診察が終わったので少々雑談。
「キイトルーダが乳がんでも使えるようになったみたいですね」「そうそう」「固形癌でもMSI検査で陽性となれば癌種を問わずに使えるんですよね。でも、私の場合は今のところ当てはまらないだろうなぁ。今の薬(フェソロデックス&イブランス)が効かなくなったら次の候補としてはアフィニトールがあるけど、口内炎が漏れなくついてくるので嫌だなぁと思ってたんです。でも、アフィニトールをやってる友人が口内炎がほとんど出ないって聞いて希望が出てきた」「うん。副作用頻度としてはいっぱい出ても、1個しか出なくても出たことになっちゃうけど、そんなにすごい口内炎は少ないみたいだよ」「フェソロデックスは注射じゃなくて経口剤も開発中みたいですね。でも、それが出るころにはフェソロはもう効かなくなって他の薬に変わってるだろうなぁ」「いやー、薬をいくつか変えてまたフェソロに戻ってくる可能性もあるよ」「あ、そうか」

ドクターに「良いお年を」と挨拶して診察室を出るとほどなく看護師さんが登場し、向かいの空いてる診察室で注射です。血液検査の結果をもらい忘れていたのでそこで印刷してもらい、10時過ぎにはすべて終了しました。

イブランス(一般名:パルボシクリブ)の副作用

CDK4/6阻害薬のイブランス(一般名:パルボシクリブ)を服用し始めてはや1年。ちょうど12クール終わったところです。
腫瘍マーカーは、昨年12月28日の数値が、CEA 61.7 CA15-3 37.7だったのが、今年11月1日の数値は CEA 113 CA15-3 45.2と、効果があるのかないのか微妙なところです。

副作用について、過去1年を振り返ってみました。

■骨髄抑制
好中球減少による休薬は1月と9月の2回。加えて3月末に(おそらく風邪による)発熱のために休薬。いわゆる抗がん剤と違って休薬しても好中球数がもどらない人も多いそうなのですが、私の場合はいずれも休薬して回復したので、減薬せずに再開しました。
添付文書情報では、好中球減少は80.2%の頻度だそうです。

■脱毛
添付文書には、発生頻度20%以上としか情報がありませんが、多かれ少なかれ、抜け毛は増えるようです。
これも、アンスラ系やタキサン系の抗がん剤と異なり、初回投薬後2~3週間でガバッと抜けるということはありませんが、なんとなーく抜け毛が多くなり、服用開始後半年ぐらいでかなり薄毛に。8か月も経つとすっぴんで人前に出るのを躊躇するぐらいになり、薄毛のカバーのためのヘアスタイルに苦労するようになりました。
そこで使い始めたのが部分ウィッグ。通販で人毛100%のものが1万円以下で入手できるので、慎重に品定めして購入。合うかどうかは人によるかもしれませんが、私的には重宝しています。

■疲労
添付文書情報では3割ぐらいに疲労感が出ているようですが、私の場合は、今のところ体感的にはなしです。

■口内炎
これも添付文書情報では2割ぐらいの発生頻度のようですが、私の場合はあまりできません。服薬前の頻度とほぼ同じで、たまにできるが、気になるほどではないという状況です。

以上、副作用は比較的ラクという感じです。
最も厳しいのは薬価ですが、私の場合はフェソロデックスとランマークで、既に高額療養費対象となっているので、薬代がいくら上乗せされても実質タダ。保険財政には申し訳ありませんが、これが公的社会保障制度の本領発揮というところでしょうか。

第15回がんサバイバーシップ オープンセミナー

ファイル 331-1.png

テーマは、「がんサバイバーに対する循環器サポートの必要性」~Cardio-Oncologyの現状と今後への課題~ です。講師は、ご自身でも希少がんのサバイバーである順天堂大学大学院医学研究科 教授の佐瀬一洋先生。
先月、日医大武蔵小杉病院で行われた第65回キャンサーボード勉強会と同じ講師・同じテーマ(ただし医療者向け)です。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=337
私はそちらも聴講したので2回目となります。
がん専門病院には循環器の専門医がいない場合もめずらしくなく、心毒性のある治療を行う前には、治療前の心臓の状態を把握しておくことや、そもそもその患者が心臓のリスクをどのぐらい抱えているかを把握することが重要とのことです。
ただし、がん治療と循環器の早期からの連携は始まったばかりなので、どのようなサポートが必要なのかのガイドラインはまだないとのことでした。

12月13日(木) 受診

きょうも受診後は仕事ですが、血液検査もレントゲンもないし、診察後の注射もないので、たかをくくって病院チェックインは8時半過ぎ。案の定、診察開始時間からほどなくして「中待合へ」の表示が出ました。今日は診察1番のようです。

「おはようございます」と診察室に入り、まずは問診。1週間ほど前に軽い下痢が1回あったぐらいで、変わったことは特になし。先週の造影CTの結果を説明してくれましたが、こちらも変わったことは特になし。検査報告書には前回CTとの比較で「肺炎が改善」との所見がありますが、前回は3月26日。発熱の際の単純CTだったので、ある意味、改善していて当然です。ほかは、右肺下葉の無気肺の増大と、胸骨及び左副腎腫瘤の増大が指摘されていますが、「副腎は転移っぽくないなぁ。良性腫瘍かも」との意見。ただ、良性でも悪性でも、症状がないので特に新しい対応はなしです。
ほかにはあまりやることはないので、後半は新しく認可されたCDK4/6阻害薬アベマシクリブ(商品名ベージニオ)のことや12月17日に行われるがん対策情報センターオープンセミナーなどについて少々雑談。ベージニオはほぼ漏れなく下痢の副作用がついてくるとのことで、イブランスと作用機序は少し違うようですが、あまりやりたいくない薬です。

次回の予約をし、イブランスの追加処方をもらい、会計を終わって病院を出たのは10時10分ごろでした。
次回は12月27日の予定です。

12月5日(水) 造影CT検査

このところPET-CTが続いていたので、久々の造影CTです。
PET-CTでもCTは撮るのですが、造影剤を使わない単純CTなので、腫瘍はその範囲が塊で写るだけ。影となって写っているものの内部がどうなっているかは、造影剤を使ったほうが濃淡が出たりして、詳細にわかる場合があるそうです。ドクターいわく「わかったからといって、何か画期的な対応ができるわけじゃないんだけどね」とのことですが、治療方針を検討する際には判断材料は一つでも多いほうがいいので、全然わからないよりは、少しでも状態を正しく把握しておいたほうがいいみたいです。

アサイチの予約にしてもらったので8時過ぎにはチェックインし、8時15分からの放射線受付をしてからCT準備室の前へ。少々待つと呼ばれて準備室で造影剤のルートをとり、そのままCT室へ。
9時5分には会計まで終了し、なんとか出勤時間に間に合いました。
結果は12月13日に聞く予定です。

ちなみに、この日は仕事の後に歯科受診があり、紆余曲折あった歯科治療がやっと終了しました。