記事一覧

インフル騒動 ─ 1月31日(木)臨時受診

1月27日(日) 同居人が「具合が悪い」と言い出す。やたらと鼻水が出るし食欲もないみたい。このところ猛威を振るうインフルの可能性大。この時点で私の体調には変化なし。

1月28日(月) 同居人は休務日のため、アサイチで近所のクリニックへ。私は仕事。昼休みにメールをチェックすると「ビンゴ」という報告。やはりA型インフルで、ゾフルーザを処方されたということ。うひゃ~、やばいやばい!できるだけ同居人には近づかないように家庭内別居だ。

1月29日(火) 私の朝の体調は普通。ただ、午後からだんだん怪しい感じになり、帰宅後体温測定してみると、なんと38.3度。かろうじてまだクリニックが受付やってる時間だったので、慌てて受診。インフル検査は陰性だったが、家族にインフル患者がいて、肺にリスクがあって、しかも38度超の発熱ということで、状況証拠は十分。予防的にゾフルーザを処方され、帰宅後すぐに服用。同居人はこの時点ですでに熱は下がっている。

1月30日(水) 仕事はもちろん休み。金曜日まで休む予定でひたすら寝る。予防接種もしているし、あまりこじらせてないはずだし、ゾフルーザ服用後24時間経てば熱も下がるとおもいきや、夜になっても38度超。先週のレントゲンで肺に炎症が少しあったし、これは主治医を受診したほうがよいかもと、メールで状況報告。

1月31日(木) 朝の体温は平熱。ただし、朝は熱が下がることが多いので油断はできない。主治医を受診することにし、10時過ぎには病院に到着。まずはインフル検査を受け、採血とレントゲンを受けて待っていると、看護師さんからお呼びがかかり、診察室へ。まだ血液検査等の結果は出ていないそうだが、なんとインフル検査は陰性。あれれ? 一度診察室を出て、しばらくして再度診察室へ。高感度検査でもインフルのウィルス反応はなく、採血も好中球は下がっていない。CRPに至っては先週よりも下がっている。レントゲンも先週に比べて悪くはなっていない。このころから体調も通常に戻っている感触。診察室で検温すると平熱。結局、インフルでも肺炎でもなく「単なる風邪だね」との診断でした。先週の尿検査の結果は、大腸菌が少し出ていただけらしい。念のため抗菌薬(クラビット)を5日分処方してくれて、イブランスは少しお休みしても良いとのこと。

結局、その後に熱は上がらず、そのまま回復。インフルでなかったということで、まだかかる可能性があるのが嫌な感じです。

1月24日(木) 受診

今年最初の受診です。
実は数日前から軽い膀胱炎的な症状があるので、昨夜のうちにドクターに予告メール。予告しておけば先回りして尿検査を追加で入れてくれるんじゃないかと期待してのことですが、予想通り血液検査の自動受付のところで「受付カウンターへ」の表示が。
通常の採尿カップのほかに、血液検査の後に腫瘍内科の受付でフタつきの採尿カップをもらい、それから採尿→レントゲンと回って再度腫瘍内科に戻ったのは8時45分ごろでした。

それから待つこと約1時間。血液検査と尿検査とレントゲンの結果を待たなきゃいけないし、9時からの診察で5人目なので、まぁ、やむを得ない待ち時間です。10時前には診察室へ入りました。

まずは追加検査を入れてくれたことに感謝。軽い膀胱炎的な症状は4日前ぐらいからで、頻尿と残尿感ぐらい。発熱や痛みや血尿はなし。尿検査でも出ているのは白血球のみということで、CRPもさほど高くありません。細胞培養検査の結果が出るのは数日かかるし、症状が悪化して近医にかかる場合は細胞培養検査の結果をFAXで送ることもできるということで、当たりをつけて抗菌薬を飲むのはやめにしました。しかも、肺にも炎症的な像が若干あって、CRPの数値はその影響かもしれません。
ドクターは4週間前と同じように風邪っぽい状態です。またひいちゃったのでしょうか。
腫瘍マーカーは相変わらず微増。診察室で検温しましたが熱はなく、結局、治療は継続です。
ほかに、1月7日に突然原因不明の嘔吐をしてしまったことと、今朝足の痙攣があったことを報告。「なんで痙攣するのかなぁ」「水分が不足するとなるって聞きますけど」「そうそう(膀胱炎のこともあるから)沢山水飲んでね」「はーい、心がけてまーす」
きょうは忘れずに血液検査の結果を印刷してもらい、4週間後の予約を入れ、栗の処方をもらって診察は終わり。中待合の椅子に空きがないので待合ロビーでしばらく待つと、10分以上経ってから看護師さんが登場し、処置室で注射をしてもらいました。

やっと会計まで終わったのは11時10分ごろ。早くチェックインしたにもかかわらず、今日はかなり時間がかかってしまいました。

第16回がんサバイバーシップ オープンセミナー

ファイル 345-1.pngファイル 345-2.pdf

テーマは、「統合医療は信用できるか」~信頼できる情報の探し方~。
演者は新井一郎先生(日本薬科大学薬学部 教授)です。

長らく漢方薬メーカーに勤務してきたかたで、補完代替医療、統合医療、健康食品などのエビデンスの有無などを確認する方法などを具体的に提示してくれました。

NCCIH(アメリカ国立補完統合衛生センター)のサイトはエビデンスに基づいて充実している。ただし英語。
https://nccih.nih.gov/

日本には eJIM がある。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
 1 NCCIHの一部の情報も翻訳して掲載してある。
 2 「健康食品」の安全性・有効性情報
 https://hfnet.nibiohn.go.jp/
 3 コクランレビュー
 http://www.ejim.ncgg.go.jp/doc/index.html
 4 日本東洋医学会 漢方治療エビデンスレポート など、構造化抄録
 http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/index.html

東京医科歯科大学 市民公開講座

ファイル 343-1.jpg

http://www.tmd.ac.jp/canc/center/koukaikouza/index.html
遅咲きシスターズのうち3人で聴講してきました。
昔と違って、各診療科の連携がうまくいっているようで、好ましい印象です。特に一昨年から緩和病棟ができたということが心動かされます。今通っている緩和治療外来から乗り換えたいぐらい。
親近感のある大学病院ではあるのですが、今の私の状態だと、ここに転院するのは無理がありそう。ちょっと残念。