記事一覧

4月18日(木) 緩和治療外来受診

きょうの予約時間は15時。午前中の主病院での診察を終え、病院内のカフェでランチしてから直行すると、こちらの病院に到着したのは午後2時半過ぎ。ちょうど良い時間です。
保険証チェックを受け、半年前に受け取りそびれた画像CDを受け取り、受け付けにきょう持参した資料を提出し、問診票をタブレット入力し、トイレに行ったりしていると、予定時間を15分ほど過ぎたころに呼び出し器から「中待合へどうぞ」のコールがありました。中待合へ入ってからは20~30分ほど待ったでしょうか。今度は「診察室へどうぞ」のコールがあり、診察室へin。前回受診から半年ですが、特に大きな変化はありません。腫瘍マーカーの変化等の資料には目を通してくれているらしく、「連休明けからハラヴェンをすることになりました」との報告のみし、次回の予約をとりあえず半年後に入れて診察は終了です。
会計は220円なり。なんだか申し訳ない金額です。

4月18日(木) 受診、次の治療決定

仕事を辞めてから最初の受診です。
予約時間は10時になっているので、少しのんびり目に朝ドラを見てから家を出て、病院にチェックインしたのは9時18分。採血してから腫瘍内科外来にまわって受付したのは9時半でした。

待合いの長椅子で待つこと約1時間。看護師さんから番号を呼ばれて検温をするとほどなくして「中待合へ」の表示が出ます。そこからが意外に長く、40~50分ほど待ったでしょうか。ドクターが入り口のところに現れて名前を呼ばれ、やっと診察開始です。

さて、問診では特に報告事項はありません。血液検査の結果は相変わらず。腫瘍マーカーはゆるやかに上昇し続けていますが、白血球やCRPなどの値は変化なし。先週撮った造影CTも大きな変化なし。さすがに2年前のCTと比べると1.5倍ぐらいになっていて、このまま今の治療を継続するのはちょっと難しいかなーという感じです。
次の薬の選択肢としては、以下のものが考えられます。
 ・ハラヴェン(エリブリン)
 ・ウィークリーパクリタキセル
 ・TS-1
 ・ゼローダ(カペシタビン)
 ・アフィニトール(エベロリムス)
 ・パクリタキセル+アバスチン(ベバシズマブ)
 ・ドセタキセル
 ・アブラキサン
 ・ナベルビン(ビノレルビン)
 ・ヒスロン
 ・リムパーザ(オラパリブ)
 ・ベージニオ(アベマシクリブ)
このうちタキサン系は4年前にアブラキサンを4クール(3か月)やっているので、今回はやめておく。リムパーザはBRCA変異がある場合にのみ使えるので、まずは検査をしなければならない。この病院でその体制が整うのはもう少し時間がかかるらしい。いずれは検査してみるとして、現時点ではハラヴェンかなー。効かなかったらその次の薬は要検討だが、よく効いた場合はアフィニトールに変えることもできそう。通院回数が増えるが、完全フリーとなった今ではそれも問題なし。
ということで、連休明けの5月9日からハラヴェンを始めることにしました。最近、ハラヴェンを始める人が増えているそうです。

やはり骨髄抑制のある点滴を連休明けにすることになるので今回はイブランスの処方はなし。去痰薬と鎮咳薬のみの処方で、診察後に身長・体重測定と、CVポートの生食フラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をして終了。午後に別病院の緩和治療外来に行く予定なので、そちらへの情報提供用の画像CDを作ってもらいました。
なんだかんだ会計まで終わったのは12時40分ごろで、病院内のカフェでランチにし、引き続き午後の病院へGOです。

4月11日(木) 造影CT検査

きょうのCTの予約時間は8時45分。終了後は家に帰るだけなので、早い時間にする必要はないのですが、造影剤を使うために検査の4時間前から食事はNG。結局、朝のほうが都合が良いのと、キャンセルで空きがあったようなので、この時間になりました。

チェックインは8時半ごろで、検査が終わって病院を出たのは9時20分ごろ。検査のみなので1時間弱の病院滞在です。結果は来週の受診時に聞く予定です。