記事一覧

転院の条件

  • 2016年12月19日

古いほうの乳がん日誌(http://new.la.coocan.jp/)をお読みいただいたかたはご存知と思いますが、私は40歳のときに初めて受けた職場の乳がん検診で乳がんが見つかりました。そのときは、勤務先が契約している施設で検診を受けたのですが、たまたまその時の検診医がそのまま主治医となり、そのドクターのメインの勤務先であった大学病院で手術を受けました。
その後、7年間は大学病院で補助療法と術後のフォローアップをしていましたが、主治医のメインの勤務先が別のクリニックに移ったため、術後のフォローもクリニックのほうに通うようになりました。
そうこうしているうちに職場の一般健康診断の胸部レントゲンで二次検診指示が出て、検診施設でCTを受けたところ肺がん疑いとなり、最終的には乳がんの肺転移と診断され、主治医のいるクリニックで再発治療を受けてきました。

クリニックは、検診や術後のフォローアップは問題ありませんし、これまでは再発治療の際も外来化学療法ぐらいなら問題なく対応してくれていました。大学病院よりも小回りが利いて、検査も早いし、待ち時間もなく、土曜診療もやっていたので、私としては好都合だったことは間違いありません。

しかし、再発治療はだんだんと集学的治療が必要となります。
肺炎を起こして緊急入院が必要になることもあるでしょうし、放射線治療が必要になったり、脳外科の診察が必要になったりすることもあるかもしれません。
そうなったときは当然、他の病院にかからざるを得ないのですが、いよいよとなる前に、そのような対応ができる病院につながりを作っておいたほうが良いに越したことはありません。

再発治療となって6年。今後に備えて私なりに情報収集はしてきたのですが、10月15日の受診の際に今かかっているクリニックの診療方針変更のことを聞き、4月以降は転院(あるいは転医も)ということが現実のものとなりました。加えて12月9日のCTで増悪が認められ、年内にも新しい病院へ移って、そこで次の治療を検討したほうが良いということになったわけです。

転院先を決めるにあたって、条件として検討したのは以下の点です。

1 通院可能であること
 通院所要時間の目安はおよそ1時間以内。交通の便も重要です。具合が悪くなって緊急受診をする際に、自力で行けるぐらいでないとかなり大変です。救急車での搬送可能範囲であればベスト。

2 いざというときに入院できること
 せっかく今のクリニックからの転院であれば、肺炎などの際には入院できる病院でなければ、またまた面倒を抱えることになります。さらに救急指定病院であればなお良いです。

3 総合病院であること
 2と同様にせっかく転院するのであれば、乳腺外科や腫瘍内科だけでなく、脳外科、放射線科、呼吸器内科、整形外科などもあってほしいです。

4 ほとんどの検査が病院内でできること
 これまでのクリニックでは、マンモ、エコー、X線のほかに、CT、PET-CT、MRIの検査が可能でした。今どきの大きな総合病院は大丈夫だと思いますが、これらの検査で他院に行くのは大変です。

5 担当になる医師以外にもサポートしてくれる医師がいること
 そこそこ大きな病院でも、乳腺専門医は一人というところもあるようです。腫瘍内科医がいても乳腺専門とは限りません。担当医が不在の際にも再発乳がんの治療に詳しいドクターがいてくれたほうが良いと思います。

6 担当となる医師が、私の予想される予後よりも長く病院にいるだろうと思われること
 そうそう頻繁に転院するわけにはいかないので、どんなに素晴らしいドクターでも、来年も病院にいてくれるかどうかわからないというのでは困ります。ましてやあと1年で定年退職なんていうのは、次のドクターがどうなるか分かりません。

7 担当になる医師と相性が良いこと
 なかなか難しい注文だと思いますが、あまり熱心過ぎてハートの熱すぎるドクターはちょっと苦手です。会ったことのないドクターは判断が難しいので、相性を重視すれば面識のあるドクターがいる病院を中心に選ぶということになります。

医療の不確実性

  • 2016年08月21日

昨日は第15回かながわ乳がん市民フォーラムでした。
テーマは「高めよう患者力! ~情報に流されないために~」です。

私も実行委員会の片隅に参加しているのですが、今回は、これまで何度も話題に上がっていたのにもかかわらず、扱い方が難しいということで避けてきた補完代替療法についても触れることになりました。
その一つとして講師に招いたのが大阪大学大学院准教授の大野智先生。不勉強な私はこれまであまり存じ上げていなかったのですが、医療の不確実性について私が常々ぼんやりと考えていたことを、かなり整理して提示してくれました。

朝日新聞のアピタルに「これって効きますか?」という連載記事があります。
http://www.asahi.com/apital/healthguide/kiku/
医療の不確実性についての記事もあります。

がん患者の就労

  • 2014年04月27日

がんが早期発見され、かなりの割合で長期生存ができるようになったおかげで、がん患者の就労の問題がクローズアップされてきています。

昔は、がんが発見されるとかなりの割合で入院治療→職場復帰叶わず、という状況だったと思うので、治療しながら、あるいはがんを抱えながら就労するという状況への社会的対応が後手に回ってしまったのでしょう。

私の場合、初発の治療のときには、仕事を辞めるなんて考えもしませんでした。
当時は仕事を辞めても、同居人(配偶者)の扶養家族になれば、生活費や医療費は、とりあえずなんとかなる状況でしたが。

今、社会問題となっているのは、がんと診断されただけで解雇の対象となったり、派遣の仕事がなくなったり、再就職ができなくなったりということかと思います。
しかし、再発患者となってからの私にとっての就労問題は、「仕事が破たんしないようにするには、いつ、どのように辞めればよいか」ということでした。
辞めても代わりの人間がその仕事をやってくれるような状況なら良いのですが、ほぼ一人でやっている仕事だとそうはいきません。
自営業の人も同じような問題が発生するのかもしれません。

このままずるずると仕事をしていると、いつか状態が悪化して仕事ができなくなる。当然そのときは病気休暇になるわけですが、そのまま復帰できなかったら、私は自分で退職金がもらえないではないですか!
老齢年金はとうに諦めていますが、30年以上も務めた仕事の退職金ぐらいは、自分でもらいたいものです。
定年退職まで元気で働ける確率はかなり低いので、いわゆる「老後」「余生」は私にはないと思われます。
最後まで現役で、というかたもいるかもしれませんが、私は「余生」が欲しい! だとしたら、ある程度元気なうちに仕事を辞めて、自分で「余生」を作らないと!

人生の始末の付け方は、ほんとに難しいですね。

今後の展望

  • 2014年04月26日

2010年07月31日の自分の日記を見ると、以下のように書いてある。

 やり残すとしたら残念に思うのは、仕事のことぐらいかな。
 今途中になっているシステムの再構築は、なんとか破たん
 しないように道筋をつけたいと思う。
 特に仕事が生きがいってわけでもないけど、周囲を見回して
 みて社会的責任を一番負っているのは、仕事ぐらいだなー。

このときは、まだ再発を診断されたばかりで症状もなく、たまたま発見されていなければ術後11年の“治った患者”とほぼ同じ状況でした。
扶養家族もなく、マンションのローンも完済したし、親は4人とも無事に見送ったし、私が突然いなくなって困るのは、職場ぐらいでしょう。

その後、何事もなく3年経過したのですが、昨年夏ごろからいよいよ症状が出たり、最初の薬も効かくなくなってきたりしました。「最低でもあと1年は仕事ができるように」とじたばたしたりもしましたが、幸いにも状態は改善し、今は相変わらず仕事をしています。

仕事人間ではありませんが、現在かかわっている仕事には、責任を感じています。在職中に病気休暇となり、まともな後任もいないままに働けなくなるのはあまりにも忍びなかったので、3月31日で正式に退職しました。おかげで、“まともな後任”が来て、今はそのサポートをしながら仕事を引き継いでいる状況です。
ただし、今年は5年に1度ぐらいのビッグイベントが控えていて、以前にも増して忙しくなってしまいました。
在職中に死んじゃうよりはまだマシな状況になったので、少々気は楽ですが。しかも病状は幸いにも改善して、まだ1年ぐらいはふつうに働けそうです。
このまま来年の3月31日まで無事に乗り切り、その後はしばらく悠々自適の生活を味わってみたいというのが、今の希望です。

メイドノミヤゲ -good memory-

  • 2014年03月15日

昔から旅行は好きですが、再発患者というカテゴリになってから、同居人との合言葉は「冥土のみやげ」。
死ぬまでに絶対これをやっておきたいなんて大それた望みはないですが、プチ贅沢は大好きなので、美味しいものを食べに行ったり、温泉旅行やリゾートに行く回数は倍増しました。

ここからリンクを貼らせていただいている「観察日和」の管理人さんも、私と同じころに転移が見つかったかたですが、「骨転移記念諸国漫遊の旅」というのを企画しています。
その向こうを張って「メイドノミヤゲ -good memory-」というサイトを作りました。
2010年夏からの good memory です。

美味しいもの、素敵な温泉、来て良かったと思える場所、美しいもの、楽しいものなどなど、至福の時の記憶を冥土のみやげに・・・。
http://new.life.coocan.jp/risumin/miyage/diary.cgi

深呼吸

  • 2013年12月06日

9月に肺炎と思われる状態があり、無気肺になってしまったようですが、11月から症状が落ち着き、ふと気が付くと深呼吸ができるようになってるみたい。
今の肺気量に慣れてしまったのか、それとも何か別の理由か。
画像診断は3か月に1回程度なので、どうなっているのか分かりにくく、ちょっと気になる。

  • 2013年10月23日

1回の咳で消費されるカロリーは2kcalと言われているそうな。
例えば1分間に1回咳をすると、1時間で120kcalを消費する。
起きている間1日中咳が続くと、なんと2000kcal近くなる計算だ。
でもちっとも痩せないのは何故???

コメント一覧

たまご (10/25 05:08) 編集・削除

(今のHNを覚えていないので、最初のたまごで)
私も風邪などで咳が出て苦しい時には、
『2kcal、2kcal』と呪文のように唱えてます(笑)
セカンドオピニオン決められたんですね。
よかった!

リスミン (10/25 06:40) 編集・削除

たまごさんって、あの手術した病院と乳腺の主治医と形成の主治医が私と同じで、固ゆで卵が好きなあのたまごさん?
きゃーっ、お久しぶりです!!!
日記を読まれていたんですね。ちょっち恥ずかし…。
コメントありがとうございます。

薬と食欲

  • 2013年10月05日

がんという病は症状が一律でないため、普段と変わったことがあると、それががんの症状なのか、あるいは薬の副作用か、はたまた別の病気か、まったく関係ないか、わからずに困ることが良くあります。

実はこの夏まで、やたらと食べるものが美味しく感じ、本能のままに食べると体重急上昇という状態でした。自分で作った何でもないご飯が「なんて美味しいんだ~」と感じ、そうとうヤバかったのです。(ある意味幸せ)
ところが、夏の中ごろから食欲が落ち、何を食べても美味しくありません。
変わったことと言えば、薬をTAM(タスオミン)からAI剤(フェマーラ)に変更したこと。
8月下旬から咳もひどくなっているので、がんが何らかの影響を及ぼしているのかもしれませんが、薬の副作用という可能性はおおありです。

食事が美味しくないというのは少々(いや、かなり)さびしいですが、ダイエットにはチャンス! しかし、あまり量を食べていないにも関わらず、なかなか体重は減りません。何とかならないでしょうかねぇ~。

いよいよ患者になった気分

  • 2013年09月29日

3年前に肺転移が発覚し、乳がん再発患者となったわけですが、ほとんど症状はないし、体調も悪くなく、“患者”というのもおこがましい状態でした。
ところが、7月のCTでは腫瘍は少し育っていて、さらに8月末からは咳や血痰が出るようになってきました。
9月中旬からは間欠的に微熱や食欲減退もあり、特にどこがというわけではありませんが、なんとなく不調です。
日常生活に支障が出るほどではないのですが、こんな風に“症状”が現れてくると、いよいよ患者になった気分です。

NHKスペシャル「がん 生と死の謎に挑む」

  • 2013年08月31日

随分前のことになりますが、ジャーナリストの立花隆さんのがんに関する思索の過程をドキュメントで追うNHKスペシャル「がん 生と死の謎に挑む」を見ました。

 がんとは何か。がん細胞は元々は自分の細胞が変化したもので、正常細胞とがん細胞を区別する明確な指標はないということ。また、がん遺伝子と言われるものは、実は生命にとって無くてはならないものだということ。がんの成長、転移の過程では、生命が進化の中で獲得してきた仕組みがそのまま利用されているということ。知れば知るほど、がんは生命そのものだという思いが強くなります。

 最近クローズアップされているiPS細胞(人工多能性幹細胞)。これは、体細胞(生殖細胞以外の細胞)へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。この数種類の遺伝子は、実はがん遺伝子と呼ばれるものもあるそうです。
 また、人間の細胞が、普通の細胞と、細胞を生み出す元である幹細胞とに分かれるように、がん細胞も一般的ながん細胞と、がん細胞の親玉のようながん幹細胞とに分かれるそうです。マウスの実験では、一般的ながん細胞を沢山マウスに注入してもがんにならず、一方、がん幹細胞は数個を注入しただけでがんができてしまう。そして、一般的ながん細胞は抗がん剤などで死滅させることができるが、がん幹細胞は抗がん剤を投与しても生き延びたりする。

 昔、がん細胞は腫瘍が切除されると自分が絶滅しそうになるので、転移して生き延びようとする、という話を聞いたことがあります。
 また、人間は遺伝子の入れ物に過ぎないという話も。
 がん細胞は自分の細胞であるにもかかわらず、宿主の意思とは別の動きをする。
 生命は本当に奥が深いですね。

ページ移動