記事一覧

国民健康保険の高額療養費

  • 2018年08月10日

4月に仕事を辞めた関係で、公的医療保険が協会けんぽから、区市町村の国民健康保険に変更になり、高額療養費の手続きも変わりました。
協会けんぽは、毎月、自分で申請書を作って送る必要がありましたが、国保は「高額療養費支給申請のお知らせ」という書類が世帯主あてに郵便で届いて、それに必要事項を記入して返送する仕組みです。協会けんぽよりも親切です。注意しなければならないのは、あくまでも世帯主あてであること。
金額も国保側で予め計算してくれているのですが、その自己負担限度額がこれまでより1ランク下の、住民税非課税世帯になっていたので、役所に問い合わせてみました。
すると、私の場合は仕事を辞めてから雇用保険の手続きをしていて、雇用保険受給資格者の離職理由により保険料減額の対象となっていてその手続きもしているため、自己負担限度額のランクが下がったとのこと。

高額療養費の自己負担限度額は、基本的に収入によって決まり、過去12か月の間に該当月が3回以上ある場合は、4回目から金額が下がる仕組みです。しかし、保険が変わるとまた振り出しに戻る予定でした。ところが、振り出しに戻っても上記の離職理由に基づいて減額対象となったので、結果的に前より安くなりました。超ラッキーです。

公的な社会保険制度も、まんざら捨てたもんではありませんね。

医療費控除のための確定申告

  • 2018年03月15日

基本的に年間(1月から12月)の医療費支払総額が10万円を超えると、所得税の医療費控除が受けられます。
医療費控除は、所得税の確定申告(還付申告)を行うことによって受けられます。
給与所得のみで、勤務先にて年末調整を受けている人は、確定申告には馴染みが薄いかもしれませんが、病院や薬局での支払い領収書などをきちんと保管している場合には、それほど難しいものではありません。詳しいことは国税庁のホームページ(https://www.nta.go.jp/index.htm)に書いてありますが、慣れない人にとっては調べること自体が大きなハードルかもしれません。
そこで、そもそも知らないと損する(かもしれない)ことを下記に挙げてみます。

■還付申告の時期
一般に、確定申告の時期は2月16日から3月15日までとなっています。
しかし、給与所得のみで源泉徴収票が発行されている人などは、そもそも確定申告の義務がありません。確定申告の義務がない人が、医療費控除等を受けるために行う申告を「還付申告」と言います。
還付のための申告書を提出することができる日とは、申告の対象年の翌年1月1日から5年間です。つまり、去年の1月1日から12月31日までの収入に対する所得税の還付申告は、今年の1月1日から行うことができます。ただし、現実には勤務先から発行される源泉徴収票がないと申告できないので、早くても2月になってからになると思います。
また、所得税の確定申告を行えば、住民税もそれを元に計算されますので、住民税も医療費控除を受けることができ、住民税の申告を別途行う必要はありません。ただし、還付申告書の提出が3月15日を過ぎてしまうと、いったん医療費控除なしの住民税が計算されてしまい、後から修正されるということになりますので、できるだけ3月15日までに行ったほうがいいでしょう。

■5年前までさかのぼれる
還付のための申告書を提出することができる日とは、申告の対象年の翌年1月1日から5年間です。ですから、今なら平成25年分の還付申告も行うことが可能です。
もし、5年前とか4年前とかの源泉徴収票と病院及び薬局の領収書が残っているとしたら、そして年間の医療費の合計金額が10万円を超えているとしたら、今からでも還付申告できるのです。

■いくら戻ってくるか
還付とは、源泉徴収によって既に納めた税金のうち軽減された分が戻ってくるだけなので、そもそも非課税だったとすれば何も戻ってきません。
例えば、課税される所得金額(収入総額ではありません)が300万円の場合、もし医療費支出の合計が20万円だったとすると、1万円が還付されることになります。
課税される所得金額が600万円の人であれば、医療費支出合計が同じく20万円でも、還付される金額は2万円です。
これは、所得税は収入が多いほうが税率が高いので、そもそも多く課税されていると戻ってくる金額も多くなるのです。
ちなみに、源泉徴収はされているが、勤務先で年末調整を受けていないという人は、絶対に申告すべきです。社会保険料(公的医療保険・公的年金)や生命保険の税控除もしていないわけですから、きちんと申告すると、かなりの税金が戻ってくると思われます。

■家族の誰の収入から控除するか
医療費控除とは、そもそも支払った(源泉徴収された)所得税が軽減されるだけなので、戻ってくる金額には限度があります。
源泉徴収額が2万円だとしたら、どんなに医療費支出が多くても、2万円以上は戻ってきません。
医療費控除は「1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができる」というものです。
つまり、例え扶養されていなくても生計が同一であれば、妻の医療費を夫の所得から控除することも可能です。
妻の収入が300万円、夫の収入が700万円だったとしたら、ほとんどの場合は夫の収入から医療費控除をしたほうが有利です。
もちろん、同一生計の子供や親の医療費も合算可能です。
細かい条件は、国税庁のQ&Aなどで確認してみてください。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/01.htm

■控除対象の医療費とは
基本的には治療にかかる費用が控除対象なのですが、具体的に医療費控除の対象となるか否かは、ネットで「医療費控除 〇〇〇〇」などと検索してみると、いろいろ出てきますので、参考にしてください。
かぜ薬や口内炎の薬などは、ドラッグストアで購入した場合も対象となります。通院のために要する交通費も対象です。ただし、人間ドックの費用や予防接種、単なる予防のためのマスクや栄養剤はNGです。高額療養費の戻り分があったとしたら、それは差し引きする必要があります。申告書にも記入する箇所が設けられています。
先進医療は保険外診療となりますが、医療費控除には含めることができます。

参照:医療費控除について
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

高額療養費の手続きと、税の医療費控除を混同して、正しく理解できていない人もいるようですが、この二つの制度はまったく別のものです。面倒がらずにきちんと手続きして、正当に節約したいですね。これまで手続きできていなかった人は、まずは医療費等の領収書を保管・整理することから始めましょう。

高額療養費について

  • 2018年02月04日

高額療養費制度って、ご存知でしょうか?
病院で国民健康保険などの公的医療保険の保険証を使って医療を受ける場合、普通は掛かった医療費の3割(小学校入学以後70歳未満)が自己負担となり病院の窓口で支払うというのはご存知ですよね。これが医療保険の療養の給付です。

かなり以前は、自己負担額がおおむね月額8万円を超えないと制度の対象にならないので、入院・手術でもしないかぎり適用になることは少なかったのですが、制度が改正になったり、外来で高額の化学療法を受けたりするようになったため、実は高額療養費の対象になっていたという場合も出てきていると思います。

この高額療養費制度、制度の詳しいことは厚生労働省のWebサイト(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html)や、全国健康保険協会のWebサイト(https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat310/sb3030)などを見れば詳しい説明が見られますが、良く知らずに損をしているかもしれない人のために、注意点をいくつか挙げてみます。

まず、平成27年から自己負担限度額が変更になりました。自己負担限度額とは、月の支払額がその金額を超えると戻ってくる基準の金額です。以前は、すごく高収入の人とすごく低収入の人を除いて、一般的な収入の人はひとくくりになっていたのですが、それが細分化されました。
正確には細かな適用基準を確認しないといけないのですが、70歳未満で年収370万円未満の場合は月額57,600円が自己負担限度額となります。年収370万円以上770万円未満の場合は80,100円+(10割相当医療費-267,000円)×1%が自己負担限度額となります。
さらに、高額療養費に該当する月が過去12か月に3回あった場合は、4回目からは44,400円となります。

高額療養費に該当するかどうかですが、医療保険によっては保険組合のほうで自動的に計算し、数か月後に自動的に戻してくれる場合や、「該当するので申請してください」と通知をくれる場合もあるのですが、自分で申請しないと戻ってこない医療保険もあります。多くのかたが加入していると思われる協会けんぽ(以前、政府管掌健康保険と呼んでいたもの)は、自分で申請しないと戻ってこないので要注意です。

以下、自分で申請しないと高額療養費が適用されない(自己負担限度額を超えた部分が戻ってこない)場合の注意点です。

入院については平成19年度から、外来については平成24年から、高額療養費限度額適用認定証を交付してもらって医療機関で提示すると、窓口での支払いが自己負担限度額のみで済むようになりましたが、これも注意が必要です。一つの医療機関のみで継続してかかっている場合は良いのですが、途中で転院したり、複数の医療機関にかかっていたりすると、やはり申請する必要が出てきます。
また、院外処方の薬の代金は、本来は処方した病院の医療費として計算すべきなのですが、これも医療機関や薬局の窓口では計算できないので、改めて自分で申請する必要があります。

私の場合、外来化学療法を受ける際には、健康保険(医療保険)の事務局あてに申請をして、限度額認定証を交付してもらいました。これによって、病院の窓口での支払は自己負担限度額までで、支払いが無しのときもあったのですが、院外処方の分は入っていないので、薬局で支払った分は申請しないと戻ってきませんでした。

ほかにも、扶養家族がいる場合や、自分が扶養家族になっている場合は、同じ医療保険を使っていることになるので、21,000円を超えるものは合算できます。

正確な情報は以下を参照してみてください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000167493.pdf

イブランス 薬価収載

  • 2017年11月16日

今年の9月27日に製造販売承認を取得したイブランス(一般名:パルボシクリブ)が、11月15日に厚労省の中医協・総会で薬価収載されることが決まった。22日に収載する予定。

CDK4/6阻害剤パルボシクリブ(製品名イブランス)承認

  • 2017年10月01日

乳がんの新しい薬イブランスが承認されました。

ファイザー
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2017/2017_09_27_01.html
日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP458528_X20C17A9000000/

私が今使っているフェソロデックスとの併用も可能のようです。
薬価収載は11月の見通しのようなので、このままフェソロを引っ張れれば使えるかも。

第16回かながわ乳がん市民フォーラム

  • 2017年07月13日

このフォーラムには、私は第1回から参加し皆勤賞です。
いつもは、教育講演+体験者のお話+パネルディスカッションという構成なのですが、今年は「今こそ受けたい乳がん授業」と銘打って、ステージ上で模擬授業を行う企画です。
なんと、16回目にして私もステージに上がることとなりました。
てへ。(^^ゞ

■日時:2017年8月26日(土)午後1時~午後4時(開場12時30分)
■会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
■参加費:無料

申し込み等、詳細は以下の通り。
http://www.nyugan-forum.jp/

1時限目 生物「そもそも乳がんとは?」
2時限目 歴史「乳がん治療の変遷」
3時限目 化学「お薬が世に出るまでの長い道のり」
4時限目 家庭科「乳がん治療と生活」
 放課後 乳がん体験者のよもやま話

会場の席数があまり多くないため、興味のあるかたはぜひ事前申し込みをお願いします。

第15回かながわ乳がん市民フォーラム 「高めよう患者力! ~情報に流されないために~」

  • 2016年08月04日

日時:2016年8月20日(土)午後1時~4時(開場12時30分)
会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
参加費:無料

申し込み等、詳細は以下の通り。
http://www.nyugan-forum.jp/

【第一部】教育講演
司会:髙橋 保正(メディ在宅クリニック 院長)
『乳がん治療の最新トピック』
 勝俣 範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授)
『正確な情報の見分け方 ~補完代替療法は効果あるの?~』
 大野 智(大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 准教授)
『体験談』
 人見 由美子(体験者)
【第二部】パネルディスカッション
司会
 有岡 仁(横浜労災病院 腫瘍内科 部長)
 三輪 晴美(毎日新聞社 生活報道部 記者)
パネリスト
 勝俣 範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科 教授)
 大野 智(大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座 准教授)
 原田 知彦(神奈川県立がんセンター がん専門薬剤師)
 高橋 順子(日本医科大学武蔵小杉病院 患者支援センター)
 人見 由美子(体験者)
 奥州谷 文子(体験者)

コメント一覧

非公開 (08/12 17:19) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (08/13 13:13) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

非公開 (08/19 09:34) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

FECの副作用-私の場合

  • 2015年12月06日

●吐き気
明確な吐き気はないのですが、むかむか一歩手前という状況が、投与後2日目ぐらいから1週間目ぐらいまであります。
やたらと生唾が出て、げっぷがでたりします。においもやたらと鼻につきます。食欲はないのですが、食事をした後のほうが落ち着くので、なるべく空腹にならないようにしています。
日常生活に支障が出るほどではありません。

●味覚障害
Q.O.L.的にはこれが一番つらいかも。上記と同様に投与後2日目ぐらいから約1週間。何を食べても美味しくありません。口の中の粘膜に薄くロウが塗られているような感じがします。私の場合はお醤油味が特にわからなくなりました。

●骨髄抑制
ドクター的にはもっとも重大な副作用だと思いますが、体感的にはよくわかりません。私の場合は投与後2週間目に高熱を発し、血液検査をしてみると白血球数が1000をちょっと超えるぐらいという状況になりました。もともと感染症対策にはかなり気をつかっていますが、この時期は一層気を付けなければなりません。

●発熱
骨髄抑制の症状の一つですが、投与後2週間目に好中球減少性発熱と思われる発熱がありました。アブラキサンのときの投与直後の発熱とは異なる状況のようです。40度になったときは、さすがに少々ビビりましたが、割とすぐに解熱。高熱が長時間続くことはありませんでした。

●脱毛
これは必至です。
アブラキサンの最終投与後はほぼつるつるの状態でしたが、それから1か月半後にFECの投与が始まったので、髪は全体に1センチぐらいのびていました。それがFEC投与後に抜けたので気を付けないと始末に困ります。特に夜寝るときはちゃんと帽子をかぶっていないと大変なことになるでしょう。

●末しょう神経障害の後遺症
FEC自体は抹消神経障害の副作用はないはずですが、アブラキサンの後遺症がほんの少しですがずっと残った状態です。

●その他
一度、虚血性大腸炎と思われる発作に見舞われ、悪夢のような時間がありました。そのときは吐き気・嘔吐もありましたが、処方されていたカイトリル(吐き気止め)やナウゼリンを使う余裕もなく、腹痛の薬を使う余裕もありませんでした。
FECの副作用かどうかは不明です。

口内炎がたくさんできるということはありませんが、たまたま骨髄抑制の時期に外傷性の口内炎になり、10日以上治らずに困りました。

アブラキサンの副作用-私の場合

  • 2015年08月02日

まだ3回しか投与してませんので、今後どうなるか分かりませんが、覚書として書いておきます。

●吐き気
ほとんどありません。
一度だけ、2回目投与の3日後の午後になんとなーく気持ち悪くなり、3時ごろからは本格的に吐き気を催してしまいました。
しかし場所は職場で仕事中。しかも、業後は姪との食事の約束があります。吐き気止めのカイトリルは生憎持っていません。
なんとか5時までやり過ごしたところ、5時半ぐらいには吐き気は収まりました。その後、姪と落ち合って食事をしましたが、まったく問題なしでした。
今のところ吐き気はこの1回のみです。

●関節痛・筋肉痛
投与の翌々日ぐらいから発生します。
私の場合は主に足。だるいというか、重いというか、ピリピリするというか、表現しがたい痛みで、2回目投与の翌々日の夜はうんうんうなってしまいました。
筋肉が痛いのか関節が痛いのか、まったくわからない謎の痛みです。これも末しょう神経障害の一種のなのでしょうか。最もひどい時は歩くのが困難な状態ですが、それも一晩ぐらいで半減します。

●末しょう神経障害
手の指や足首から先の感覚がおかしくなります。
手は指がピリピリするカンジがあり、細かい動作ができなくなります。よく物を落とすようになり、ボタンがはめにくくなったり、落ちた髪の毛をつまめなくなったりします。私の場合はもっぱら右手ですがそれほど重症ではなく、日常生活で困るほどではありません。
足のほうは投与3日目から1週間ぐらいは歩行困難感があります。ほぼ一日、痛くて歩きにくい状態になったりもしましたが、1週間を過ぎるとだんだん軽減します。早く歩けない、階段を降りるのが難しい、歩いていてよくぶつかる、ふらつく、躓きそうになる、という状況です。なるべくエスカレーターやエレベーターを使ったり、通勤は時間に余裕を見て家を出たりします。
手足の他にも単発的に胸の中央や、脇がピリピリしたりしました。ヘルペスのときのような痛みですが、これは一時的なものでした。

●発熱
1回目投与のときも、2回目投与のときも、土曜日に投与した後の月曜日の夜に39度超の発熱がありました。半日ぐらいで平熱になりました。

●湿疹
これも副作用なのかどうか不明ですが、襟足、手の甲、鼠蹊部など、湿疹が出現。でもいずれも1~3日ぐらいで治りました。あまり痒くも痛くもないし、広範囲でもないし、それほど辛いものではないです。

●脱毛
これは必至ですね。
「抜け始めたら1日で抜けた」という友人もいましたが、私の場合は初回投与10日後ぐらいから抜け毛が多くなり、その2日後には頭皮がびりびりして多量に抜けるようになりました。更にその4日後(初回投与から16日後)からはウィッグを付けないと外出できないぐらいになりました。更にその3日後にはほぼ抜けきり、脱毛自体は少なくなります。でも、つるつるではなく少々残っている状態(新生児レベル)です。

●その他
便秘、下痢、口内炎、食欲の低下、味覚異常などは今のところありません。
私はもともと口内炎ができやすく、2回ほどなりかけの状態になりましたが、すぐに口内炎パッチを貼ったら酷くならずに治りました。

今日は3回目の投与3日目です。ひょっとすると今晩から明日にかけてが副作用のピークかも。ドキドキ。

新しい治療─ナノマシン

  • 2015年06月16日

へぇ~、こんな治験が進んでいたんですね。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=118958

2016年度中にも承認されるかもってのは、すごい。
中に入れる抗がん剤については言及がないようですが、何でもアリなんでしょうか?

ページ移動