記事一覧

スワイショウ

  • 2016年08月04日

スワイショウとは、手を振る気功法です。
漢字では甩手と書くそうですが、日本語にはない文字のため、カタカナで書かれることが一般的だそうです。

googleなどで検索してみると、記事も動画もいっぱい出てきますので、具体的にどのような運動かはWebで検索してみてください。

このスワイショウ、特に横回転のスワイショウは、私の腰痛に効果てきめん!
最近、寝返りがうまくできなくなったせいか、朝起きた時に腰痛があるのです。そのままPCの前でしばらく座っていると、更に硬直して痛みが増します。トイレで便座に座るのも辛いほど。それが、横回転のスワイショウを2~3分行うと、あっという間に痛みが軽減します。

毎日朝晩体温を測る

  • 2014年12月11日

これはみんなにお勧めするというよりは、私個人が実践していることの一つ。
私は熱に鈍感のようで、38度超の熱が出ても測らないと気づかないことが多いのです。

随分前から体重管理のために朝晩体重を測るようにしていましたが、1年半ほど前から体温も朝晩測るようにしています。

体重を測って状態を確認していないと、すぐに重量オーバーになってしまうので、あまりダイエット効果はないのですが、増やさないための方策として励行しています。

体温はやはり感染症を見落とさないため。

口腔ケア─歯周病対策と歯根膜への刺激

  • 2014年12月10日

がん治療とは直接関係はないかもしれませんが、口腔ケアはQOL維持向上のためにとても重要です。

がん治療をやっているととかくおろそかになりがちですが、年齢や病状の進行や治療の副作用のために、満足に食べられなくなったり、寝たきりになりがちのときに、歯が健康であるかどうかは重要なポイント。骨転移があり、ゾレドロン酸の投与を受けているなら尚更です。

いずれ来るかもしれないその時に備えて、元気なうちから虫歯治療・歯周病対策はやっておくに越したことはありません。
骨転移が進んでからとか、認知症になってからとか、寝たきりになってからでは間に合わないのです。

歯と歯茎をつないでいる歯根膜への刺激は、脳の活性化に大きな影響があるそうです。
認知症の高齢者や寝たきりの高齢者が、歯根膜への刺激、つまり“噛む”ということが適切にできるようになると、劇的に症状が改善するという事例が多数あるとか。
ウツの改善にも効果があるとか、やる気スイッチもつながりがあるみたい。
入れ歯の場合には適合するように調整するのが良いらしいですが、自前の歯がちゃんと残っているのに越したことはなく、そのためには虫歯治療と歯周病対策が欠かせません。

幸い私は40代半ばの頃に歯周病治療を始める機会があり、治療自体が一段落した後も、歯周病対策を継続して行っています。おかげで自分の歯は1本も失っていません。歯周病専門の歯科医と懇意になったことも大きな安心で、骨転移が発覚してゾレドロン酸投与の時も、特に大きな心配なく始めることができました。
がん治療の副作用では、口内炎ができやすくなるというのもよくあることです。そんなときにも口腔ケアは重要で、かかりつけの歯科医がいるというのは有難いです。

最近の研究では、歯周病菌が様々な病気の原因に関係しているという報告もあるようです。
単に美味しく食べれるかどうかだけでなく(これもかなり重要ですが)、口腔ケアはQOLの重要ポイントです。

泣く。笑う。

  • 2014年12月09日

笑いが免疫力アップのために有効であるのは有名ですよね。
笑うとNK細胞が活性化し、がん細胞の増殖に対抗するというのは、様々な臨床試験で確かめられています。
もちろん笑うだけでがん細胞が撲滅できるというわけではありませんが、少しでも増殖速度が抑えられたり、体調がよくなったりするのはうれしいことです。

一方、泣くというのも身体のためには意外に良いそうです。
涙にもストレス解消効果や、免疫力アップ効果があり、それは笑いの効果を上回るという話も。
人間は悲しい時や、精神的なショックを受けた際に涙が出てきますが、それは自己防衛反応とも言えるようです。

この笑いや涙の効果は、自然な感情だけでなく、例えば映画を見て泣いたり笑ったりしても効果が期待できるとか。
今度レンタルビデオを借りるときは、ちょっと意識してみましょう。

要するに、感情は素直に表出するのがいいみたい。
感情を抑えるのはストレスになり、とにかく身体によくない。
笑いたいときには笑い、泣きたいときには泣くのが一番です。

口を閉じ、歯を離す。鼻呼吸する。

  • 2014年12月08日

ある健康情報番組で、扁桃炎が多い理由の一つに、口呼吸があるという情報を知りました。

鼻呼吸の空気の通り道には繊毛があり、細菌やウィルスを排除したり、胃のほうに運んで胃液でやっつけてしまうような仕組みがあるということ。
それが口呼吸をしてしまうと機能せず、扁桃(上気道)が直接外気にさらされてしまうので、空気感染をする感染症にかかりやすくなるということです。

確かに私は子供のころ、母親からしょっちゅう「口を閉じなさい」と叱られる子でした。
そして扁桃炎を起こしやすい子供でした。
もちろん、両者に関連があるとは夢にも思いませんでした。
母親の注意のおかげで意識して口を閉じるようになり、成長とともに扁桃炎も少なくなりました。

もう一つ、別の健康情報番組で、肩こりは歯を食いしばっていることがいけないという話を聞きました。歯を離すようにすると肩こりが解消するそうです。就寝中も歯を食いしばっている人は、朝起きた時にぐったり疲れていて、睡眠障害にもなってしまうとか。
私はどちらかというとヨダレを垂らして寝ていることが多いので、歯を食いしばって寝ていることはなさそうですが、口は閉じたほうがよさそうです。
そして、閉じた口の中の歯は離すようにしておく。
これは習慣づけるに越したことはありません。

帰宅時の手洗いとうがい

  • 2014年12月07日

私の治療目標はQOLを下げないこと。
昨今の社会情勢を見ていると80・90まで生きたって面倒なことのほうが多そうなので、完治や長期生存を目指そうなんて気持ちはさらさらありません。
それと、面倒なことや手間のかかることはイヤなので、マクロビや玄米食などの食生活の改善とか、保険適用になっていないような特殊な治療はやろうと思いません。

こんな状態で自分的にかなり努力して励行しているのは、帰宅時の手洗いとうがいです。
今の私の状態だと、肺炎になってしまうのが一番ヤバイ。
がんの進行と関係なく、1週間ぐらいであの世往きってのは予定が狂ってしまうのでぜひ避けたいです。
そのため、感染症予防は比較的努力しています。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ