記事一覧

第65回キャンサーボード勉強会

  • 2018年11月20日

ファイル 337-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
アンスラ系の抗がん剤やハーセプチンなどがん治療は循環器にも影響のあるものが多く、とても興味深い内容でした。今をときめく免疫チェックポイント阻害薬も、まれに劇症心筋炎になる場合もあり、要注意だそうです。また、血管新生阻害剤も作用が血管障害なので要注意です。
がん治療の心毒性は、発生してから対処するのではなく、あらかじめリスクを把握し、予防する方向にすべきとのこと。
患者としても勉強になりましたが、がん治療に関係する多くの医療者に聞いてほしい内容でした。

第16回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2018年10月23日

ファイル 330-1.jpg

がん罹患後の家計について
行政マンとして30年以上働いてきた自分としては、残念ながら特に目新しい情報はなかったのですが、一般の人がいかに公的社会保障制度について理解が乏しいかというのを、改めて知らされました。
ファイナンシャルプランナーのかたの講義で最も印象に残ったことは、病気になったときに頼れる順番は
 1 公的医療保険制度(健康保険)
 2 貯蓄や家族の収入
 3 民間医療保険
が現実的なのにもかかわらず、一般の人の意識はまず民間医療保険と考える傾向にあるらしいということ。次に貯蓄や家族の収入で、公的医療保険(や、公的な社会保障制度)は、あまり頼りになるとは思ってないらしい。
民間医療保険は、よほど運がよくないと、貯金してたほうがマシだと思うけど。

第14回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年09月12日

ファイル 329-1.jpg

がん検診を正しく知ろう

一般的な検診を勧めるだけの話ではなく、検診のメリット・デメリットを本気で教えてくれて、本当にメリットのある検診をきちんと受けようという趣旨の講演会でした。
私自身、初発も再発も検診&健診で見つかったので、個人的には恩恵を受けた側なのですが、早く見つけて早く治療することが必ずしも良いこととは限らないという事実も、きちんと認識する必要があると思います。
がん検診をこまめに受けて早期で見つければ、かなりの確率で治ると思っている人が多いようですが、実はがんのタイプによっては早期で見つけるのが困難だったり、早期と思われる状況で見つかっても必ず治るだけではなかったりします。だからと言って検診は無駄と言うわけではなく、正しい知識をもって病気と対峙するのがやはり重要なんですよね。

第13回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年07月23日

ファイル 332-1.jpg

キャンサーサバイバーシップ

第61回キャンサーボード勉強会

  • 2018年06月19日

ファイル 314-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて
先月に続いて緩和ケアの話題です。
理想は治療中の主治医と、緩和ケアの主治医とが併診する期間があって、患者自身が軸足をどっちに置くか自分で決められることかもしれませんが、現実にそのような環境に恵まれる患者は、そう多くはないように思います。
そもそも、治療を担う主治医がそのまま最後まで診てくれることが患者にとっては理想なのかもしれません。しかし、集学的治療が必要ながん治療で、特に都会の医療事情では、やはり分業せざるをえないようです。
しかも、ステージ4になってからでも10年以上というのが珍しくない乳がんの場合は、治療医でさえも途中でスイッチしたりするわけですから、二人主治医とか、緩和治療のドクターとの信頼構築と言ってもねぇ。難しいです。

第60回キャンサーボード勉強会

  • 2018年05月15日

ファイル 312-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
緩和ケアにかかわろうという医療者は、当然、熱心なかたが多く、どの医療者も「早期からの緩和ケア」を実践しようという意欲はあるようです。
講演の中で、全国の緩和ケアのある病院にアンケートした結果の紹介があったのですが、「他院からの紹介も受け入れる」「治療と並行して緩和治療外来で経過を診ていく」「終末期になってからの初診では遅い」という回答が予想外に多かったのが印象的でした。
しかし現実は、他院からの紹介は拒否しないまでも初診まで時間がかかったり、治療が終わってからでないと実際には診てもらえなかったり、外来で併診するのは難しかったり・・・。これはキャパの問題が大きいのでしょうか。

私は、たまたま症状が急激に悪化しそうな状況のときに他院の緩和治療外来の受診を希望し、そのときの治療の主治医も問題なく紹介状を書いてくれたので、4か月待って受診することができました。受診できたときには既に症状は改善してしまっていたのですが、とくに受診を断られることもなく、入院審査会にかけてもらえました。その緩和治療外来には今でも治療経過報告のために通院していますが、このような状況は稀有かもしれません。そもそも必要性を感じてからアプローチするケースが多いわけですから、初診まで4か月も待ってたら間に合わないという人がほとんどでは?
もっとも、外来でつながっているとはいえ、いざ必要となったときにスムーズに入院できるとは限りません。ただ、必要になってから慌てて探すよりはマシかなという感じです。

第59回キャンサーボード勉強会

  • 2018年04月17日

ファイル 308-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
今日の特別講演は、国立がん研究センター東病院呼吸器内科医長の仁保誠治先生による「チーム医療によるirAEマネージメント」というもの。
irAEとは免疫関連副作用のことのようで、免疫チェックポイント阻害薬の有害事象にどのように対処するかというお話です。
マスコミではオプジーボが夢の薬のように取沙汰されていますが、免疫って両刃の剣なわけで、これまでの化学療法の副作用とは違った知識や対応が必要になるようです。

第58回キャンサーボード勉強会

  • 2018年03月20日

ファイル 305-1.jpg

日本医科大学武蔵小杉病院にて
「2018年同時改定に備える~2025年 病院の“あるべき姿”を見据えて~」
(株)グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン代表取締役社長 渡辺幸子氏
「日米がん格差:臨床指標と情報公開」
(株)グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン会長 アキ吉川氏

臨床現場の医療者にも患者にも、あまり興味を引きそうなテーマではありませんでしたが、国は日本の医療政策をどのような方向に持って行こうとしているのかや、アメリカとの違いなどが垣間見えた感じがします。
アメリカでは、日本におけるがん診療連携拠点病院にあたる病院に受診する場合、すべての患者にナビゲーターが付くようですが、この仕組みを成立させる環境とはなにか、興味を持ちました。

第12回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年01月24日

ファイル 295-1.png

国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター
臨床心理士 藤間勝子
「アピアランスケアって何だろう?
~がん患者の外見ケアを考える~」

アピアランスケアとは、外見のサポートを通じて患者のQOLを向上させる取り組みですが、女性がん患者が、ウィッグやネイル、化粧など、おしゃれを楽しむことによって元気になるというイメージが広がってしまった。
しかし、本来の目的は Beauty ではなく Survive 。年齢・性別・症状の多寡にかかわらず、医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケアと言える。

思い込みや、誤った情報による障害も多いので、自分が心地よいと感じられるかどうかが重要なポイントのようです。

第15回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2017年12月20日

ファイル 289-1.png

今回のテーマは
「医療者とうまく付き合うコツとマナーとは?」
~発信・行動・可視化を通してがん経験を活かす~

18:30~19:15が鈴木信行先生をスピーカーとしたレクチャー。
鈴木信行さんは、患医ねっと代表でペイシェントサロン協会会長。精巣がんの罹患経験と、StageⅣの甲状腺がんと付き合っているがんサバイバーです。
19:20~20:00がお茶タイム。グループごとに患者として工夫していることやこんな工夫があるなどの意見交換を行い、そのあと、各グループの話し合いの内容を発表しました。
私の入ったグループは7人のうちがん患者は3人。その他はコメディカルや製薬会社のかたでした。

ページ移動