記事一覧

第61回キャンサーボード勉強会

  • 2018年06月19日

ファイル 314-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて
先月に続いて緩和ケアの話題です。
理想は治療中の主治医と、緩和ケアの主治医とが併診する期間があって、患者自身が軸足をどっちに置くか自分で決められることかもしれませんが、現実にそのような環境に恵まれる患者は、そう多くはないように思います。
そもそも、治療を担う主治医がそのまま最後まで診てくれることが患者にとっては理想なのかもしれません。しかし、集学的治療が必要ながん治療で、特に都会の医療事情では、やはり分業せざるをえないようです。
しかも、ステージ4になってからでも10年以上というのが珍しくない乳がんの場合は、治療医でさえも途中でスイッチしたりするわけですから、二人主治医とか、緩和治療のドクターとの信頼構築と言ってもねぇ。難しいです。

第60回キャンサーボード勉強会

  • 2018年05月15日

ファイル 312-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
緩和ケアにかかわろうという医療者は、当然、熱心なかたが多く、どの医療者も「早期からの緩和ケア」を実践しようという意欲はあるようです。
講演の中で、全国の緩和ケアのある病院にアンケートした結果の紹介があったのですが、「他院からの紹介も受け入れる」「治療と並行して緩和治療外来で経過を診ていく」「終末期になってからの初診では遅い」という回答が予想外に多かったのが印象的でした。
しかし現実は、他院からの紹介は拒否しないまでも初診まで時間がかかったり、治療が終わってからでないと実際には診てもらえなかったり、外来で併診するのは難しかったり・・・。これはキャパの問題が大きいのでしょうか。

私は、たまたま症状が急激に悪化しそうな状況のときに他院の緩和治療外来の受診を希望し、そのときの治療の主治医も問題なく紹介状を書いてくれたので、4か月待って受診することができました。受診できたときには既に症状は改善してしまっていたのですが、とくに受診を断られることもなく、入院審査会にかけてもらえました。その緩和治療外来には今でも治療経過報告のために通院していますが、このような状況は稀有かもしれません。そもそも必要性を感じてからアプローチするケースが多いわけですから、初診まで4か月も待ってたら間に合わないという人がほとんどでは?
もっとも、外来でつながっているとはいえ、いざ必要となったときにスムーズに入院できるとは限りません。ただ、必要になってから慌てて探すよりはマシかなという感じです。

第59回キャンサーボード勉強会

  • 2018年04月17日

ファイル 308-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
今日の特別講演は、国立がん研究センター東病院呼吸器内科医長の仁保誠治先生による「チーム医療によるirAEマネージメント」というもの。
irAEとは免疫関連副作用のことのようで、免疫チェックポイント阻害薬の有害事象にどのように対処するかというお話です。
マスコミではオプジーボが夢の薬のように取沙汰されていますが、免疫って両刃の剣なわけで、これまでの化学療法の副作用とは違った知識や対応が必要になるようです。

第58回キャンサーボード勉強会

  • 2018年03月20日

ファイル 305-1.jpg

日本医科大学武蔵小杉病院にて
「2018年同時改定に備える~2025年 病院の“あるべき姿”を見据えて~」
(株)グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン代表取締役社長 渡辺幸子氏
「日米がん格差:臨床指標と情報公開」
(株)グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン会長 アキ吉川氏

臨床現場の医療者にも患者にも、あまり興味を引きそうなテーマではありませんでしたが、国は日本の医療政策をどのような方向に持って行こうとしているのかや、アメリカとの違いなどが垣間見えた感じがします。
アメリカでは、日本におけるがん診療連携拠点病院にあたる病院に受診する場合、すべての患者にナビゲーターが付くようですが、この仕組みを成立させる環境とはなにか、興味を持ちました。

第12回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年01月24日

ファイル 295-1.png

国立がん研究センター中央病院アピアランス支援センター
臨床心理士 藤間勝子
「アピアランスケアって何だろう?
~がん患者の外見ケアを考える~」

アピアランスケアとは、外見のサポートを通じて患者のQOLを向上させる取り組みですが、女性がん患者が、ウィッグやネイル、化粧など、おしゃれを楽しむことによって元気になるというイメージが広がってしまった。
しかし、本来の目的は Beauty ではなく Survive 。年齢・性別・症状の多寡にかかわらず、医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケアと言える。

思い込みや、誤った情報による障害も多いので、自分が心地よいと感じられるかどうかが重要なポイントのようです。

第15回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2017年12月20日

ファイル 289-1.png

今回のテーマは
「医療者とうまく付き合うコツとマナーとは?」
~発信・行動・可視化を通してがん経験を活かす~

18:30~19:15が鈴木信行先生をスピーカーとしたレクチャー。
鈴木信行さんは、患医ねっと代表でペイシェントサロン協会会長。精巣がんの罹患経験と、StageⅣの甲状腺がんと付き合っているがんサバイバーです。
19:20~20:00がお茶タイム。グループごとに患者として工夫していることやこんな工夫があるなどの意見交換を行い、そのあと、各グループの話し合いの内容を発表しました。
私の入ったグループは7人のうちがん患者は3人。その他はコメディカルや製薬会社のかたでした。

第11回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年12月05日

「リンパ浮腫とのつきあい方」

がんサバイバーシップ支援部研究員 土屋雅子
 リンパ浮腫とQOL・セルフケア継続のコツについて心理学的にお話します
中央病院 看護師長 鈴木牧子
 リンパ浮腫とのつきあい方

私は18年前にレベル3までリンパ郭清しているものの、リンパ浮腫にはならずに済んでいます。ただ、患者仲間には何人も発症している人がいるし、これから発症するリスクも無いとは言えないので、受講することにしました。
リンパマッサージが最近保険適用になったらしいので、その情報も得られるかなとの期待もありましたが、内容的にはほぼこれまでの知識の範囲。残念ながら新たな知見は得られませんでした。

リンパ浮腫の予防のために、日常生活のなかで禁止するようなことは基本的にはないが、セルフケアが重要であること。セルフケアとは、観察が第一であること。疲れたら休める、これまでと異なる感覚があれば、すぐに医療的な相談をすること、患部を酷使しないということ。ただ、一口に重いものを持たないようにといっても、何キロという目安はない。個人差もあるし、科学的に何キロ以上はNGというエビデンスはない。万が一発症したら初期兆候を見逃さずに、悪化させないことが重要だそうです。

OMCE第23回 がんに対する補完代替療法

  • 2017年11月22日

がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts2017

『がんに対する補完代替療法』
大阪大学大学院医学系研究科 統合医療学寄附講座 准教授
大野 智 先生

今日はひとりで参加しました。
大野先生のお話は昨年8月の公開第15回かながわ乳がん市民フォーラムで聞いているので、ほぼ同じだろうなと思っていたのですが、講義時間が十分にあったためか、なかなか充実した内容でした。
厚生労働省の「統合医療」情報発信サイトは、かなり役にたちそうです。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
このサイトの中に情報の見極め方という解説があるのですが、これは統合医療に限らず、医療情報を判断するうえでの基本としてしっかり身に着ける必要がありますね。

どんな選択をするかは、最終的には個人の価値観が決めることになりますが、その大前提として、正しい情報を正しく理解する必要があります。これがとても難しい。しかも、医療は不確定要素が非常に多いうえに、人間の価値観は時と場合によって変化するために、最後まで「これで良かった」と思えるような選択をするのは、本当に難しいです。

第55回キャンサーボード勉強会

  • 2017年11月21日

ファイル 281-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『がん医療における患者・家族-医療者間のコミュニケーション:標準治療後の療養について話し合う』
国立がん研究センター社会と健康研究センター
藤森麻衣子先生

標準治療後の療養という文言から想像していたイメージとは異なり、延命等を目指す抗がん剤治療中止後の終末期の療養という意味でした。
要するに、最初のがん告知、再発・転移、積極的治療の中止などのBAD NEWS(悪い知らせ)を伝える際に、患者は医師に対してどのようなコミュニケーションを望んでいるのか、どうすればより良いコミュニケーションがとれるのかなどのお話でした。

新カテゴリ

  • 2017年11月01日

この日誌、主に受診の記録になってしまっていますが、せっかくなのでがん治療関連の勉強会に参加したことも書いておこうと思い立ち、新しいカテゴリ「勉強会・イベント等」を作りました。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?field=14
過去の分は憶えているもののメモのみになりますが、遡って追加してみようと思います。

ページ移動