記事一覧

12月29日(木) 受診

  • 2011年12月29日

今年最後の受診です。
仕事はもう年末年始の休みに入っているので、予約時間は11時。普段の出勤時よりものんびり朝ごはんを食べ、10時少し前に家を出ました。

クリニックではいつものとおり受け付けをして、ロビーで本を広げたところ、すぐに診察室からコールが。診察も今年最後なので少々混んでいるかとおもいきや、そうでもないみたい。ロビーには人が結構沢山待っている様子でしたが。

診察室では、まず問診。今回は不定愁訴のように様々な症状を申告しました。まず咳はあまり出ないこと。薬(メジコン)がきちんと効いているようです。ホットフラッシュはかなりあるが、生活に支障が出るほどではないこと。ぶつけた覚えがないのに、やたらと痣ができること。腰に違和感があり、痛いというほどではないが、今までにない骨の痛みのような感覚であること。
もともと年明けにはPET-CTをする予定だったので、そのときにチェックしましょうということにしました。それと、今回は血液検査と尿検査を行うことになりました。
薬は過去1年半の間に30日分ぐらいの余剰が出ており、次回まで間にあうので、処方なしにしてもらいました。
「良いお年を!」と挨拶して、診察は終了です。

いったんロビーへ出て、別室で看護師さんからリュープリンの注射と、PET-CTの説明を受けました。もう3回目ぐらいになるので、説明は簡単です。
看護師さんと話している間に、もう一つ主治医に申告しようと思っていたことを思い出しました。右腕に血管痛のような痛みがあること。1~2週間前から、腕まくりなどで圧迫されると痛いのです。「もう一度、先生とお話ししますか?」と聞かれたが、一時期ほどひどくないし、「伝言しておいてください」とだけお願いした。

その後、別のフロアで血液検査と尿検査を行い、終了です。
次回は1月28日(土)に、PET-CTと診察です。

12月2日(金) 受診

  • 2011年12月02日

前回の受診から、あっというまに4週間。仕事をドタバタと3時半までに片付け、3時40分ごろに職場を出ました。

クリニックに着いたのは、受診予約5時半の5分前ぐらい。今日は若干ロビーでの待ち時間がありました。

名前を呼ばれて診察室に入り、問診。咳は薬(メジコン)が効いているようであまり出ません。痰はなし。最近、ぶつけた覚えがないのに脚に青あざができることを申告。もともと痣ができやすいのですが、このごろ月に1~2個ぐらいできてしまいます。今の段階では様子を見ることになりました。

いつも通り隣室で看護師さんにリュープリンを打ってもらって終了です。
次回は12月29日の予定です。

11月5日(土) 受診

  • 2011年11月05日

今月の受診は、もともとは4日(金)の予定でしたが、4日午後はCYCLE MODE international2011に行くことにし(この日は女性は入場料無料!)、5日(土)に変更。予約時間は10時45分です。土曜日は混んでるかなと思ったのですが、ほとんど待たずに呼ばれました。
今月は特に話題はなし。ただ、このまま4週間ごとの受診にすると次々回は年末年始にかかってしまうので、12月は2日(金)と29日(木)の2回来ることにしました。予約は2回入れられるそうです。
1月にはPET-CTをやりましょうということになり、リュープリンの注射を打ってもらって終了です。

10月6日(木) CT検査&受診

  • 2011年10月06日

今日はCTの予約が15時から入っている。造影剤を使用する場合は4時間前から物を食べないようにということなので、昼食は抜き。
仕事は午後半休をとって、12時半ぐらいに職場を出た。
外はめちゃめちゃ良い天気。気温も丁度良い。クリニックには14時半までに行けばよいので、国会議事堂前で地下鉄を降り、ぶらぶらと皇居のお堀端を散歩した。平日なのに、内堀通りの歩道をウォーキングやジョギングする人が沢山いる。

クリニックには丁度14時半に着いて3階へ。今日は人間ドックのような検査の人が多く、待っている間に次々と4人ぐらいCTに呼ばれていた。私の順番が来て名前を呼ばれ、まずは検査着に着替える。撮影は造影剤なしを3回、造影剤を入れて1回行った。

終了後はファイルを持ってそのまま6階の診察室へ。今日は比較的混んでいる様子で、待合にいる人も多い感じがする。私は予定の時間にはかなり早いので、雑誌を読みながら待つことにした。
ほぼ予定の時間に呼ばれて診察室に入ると、ドクターの前のディスプレイにCTの画像が2つ映し出されている。左側が今回のもので、右側が前回のものだが、全く変化はなしとのこと。つまり、悪化はしてなく、他に出ている様子もないが、腫瘍が小さくもなっていないという。ドクターは、増悪はしていないので、このまま現在のホルモン療法を続けていいと思うが、もっと効果を期待するのであればホルモンの薬の種類を変えてみる(AIなど)選択肢もありだと言う。自分的には「変化なし」というのは「悪くない」ので、「薬はこのままでいいです」ということにした。
1週間ほど前から、また咳が出るようになってしまい、鎮咳薬(メジコン)の服用を再開している。そのため、薬の処方はタモと鎮咳薬30日分。「次の検査は全身をチェックするために、年明けぐらいにPET-CTをしましょう」とのこと。

その後隣室で看護師さんにリュープリンを打ってもらい終了。次回の診察は4週間後が祝日のため、11月4日(金)になった。

9月8日(木) 受診

  • 2011年09月08日

先月の受診の時は、いつものタモキシフェンのほかに、鎮咳薬30日分とかゆみ止め14日を処方してもらい、薬が5種類にもなってしまったのですが、咳のほうは薬を飲まなくても大丈夫かどうか確認するために、8月15日以降は飲まずに様子をみることにしました。
結局、3週間は全く薬なしでOK。数日前からすこーし咳がでるかなという状態ですが、まだ服薬を再開するほどではありません。薬は25日分ほど残っています。

湿疹&蕁麻疹のほうは、数日前までほぼ毎日痒くなっていたので、そのたびに薬を飲みました。ただ、セレスタミンは効き目が早いので、痒くなってから飲むようにし、1日1回ぐらいで済んでいます。

問診ではこれらの状況を申告し、今回はタモのほかにセレスタミンを7日分だけ処方してもらいました。

来月あたりCTの予約を入れましょうかということなので、来月の受診日にCTもやってしまうことにしました。次回は10月6日(木)です。

8月11日(木) 受診

  • 2011年08月11日

超猛暑!!!
昼食で外へ出たときに、もうぐったりだったのですが、まだ陽が高い3時半ごろに出かけなければなりません。暑さに加えて局所的な雷雨もある模様。
職場を出て駅へ向かう途中、人だかりがしているのでふと見ると、年配の女性が倒れている様子。10人ぐらいが取り囲んで介抱しています。もちろん熱中症でしょう。

クリニックに着いたのは4時15分ごろ。いつもどおりすぐに呼ばれて診察室に入ります。
「変わりはないですか?」とまずは問診ですが、「とにかく痒いです!!!」と訴えました。3週間ほどまえから腕や足にブツブツが出て、とにかく痒い! 初めは今までと違う日焼け止めクリームを使った後だったので、それにカブレたかと思いました。でも、その日焼け止めクリームを止めても痒い。では、紫外線アレルギーかとも考えましたが、足の陽に当たらないところにもブツブツが。では汗疹か?とも思ったのですが、なぜか出るのは手足のみで、おなかや背中には全然出ません。ブツブツができていても痒くないことが多いのですが、痒くなり始めると蕁麻疹状になって大変です。で、結局原因は不明のまま、かゆみ止めの飲み薬セレスタミンと、レスタミンコーチゾンという塗り薬を処方してもらいました。どちらもずっと使い続けるのでなく、痒くなったら使うのでもいいそうです。
咳止めは少々迷いましたが、また30日分を処方してもらいました。薬を止めたらまた咳が出るのかどうか、止めてみないとわからないということなので、自分でしばらく中断して様子を見て、また咳が出てきたら服用を再開することにしました。
「しばらく手術の痕を見てませんねぇ。ちょっと見せてください」とのことで、汗でへばりついたシャツをまくり上げ、ブラジャーを外して軽く触診。特に問題なし。最後にリュープリンの注射を打ってもらって終了です。
来月は9月8日の受診予定です。

帰宅途中に薬局に寄ったのですが、今月もメジコンが100錠しかなく、80錠は後で取りに来ることになりました。セレスタミンは眠くなったり、夜飲むと翌朝顔がむくんだりするので、塗り薬だけでかゆみが治まるようなら飲まないほうがいいとのこと。
(でも、結局翌日から朝晩飲んでます。てきめんに薬が効いて、かゆみはかなり治まりました。嬉しい!)
ちなみに雷雨には会わずに済みました。超晴れ女の私のところには、雨雲は避けて通ったようでした。

7月11日(月) 受診

  • 2011年07月11日

今月は土日にプチリゾートに出かけたので、受診は月曜日。猛暑で外へ出るのもうんざりです。
16:00の受診予約でクリニックに着いたのはその10分ほど前。待合には人が少なく、すぐに呼ばれて診察室へ入ります。問診では、特に変わったことはないこと、薬が効いて咳がとまり快適であることを話しました。それで続けて鎮咳薬(メジコン)を30日分処方してもらうことに。
数日前から再建乳房の術痕が少し膨らんでいるような違和感があるので診てもらいましたが、異常というほどではないので様子見です。ぶつけた覚えがないのにできた痣については、話すのを忘れてしまいました。
いつものように隣の部屋で看護師さんにリュープリンを打ってもらい終了です。会計を済ませて外へ出たのは16:30ごろでまだ陽射しが強いです。
自宅近くのいつもの薬局に寄ると、メジコンの在庫が100錠足りないとのこと。再度受け取りに来ることになってしまいました。普通は長期に飲み続ける薬ではないようです。でも私の場合は原因が感染症でないので、1週間で治るというものではありません。いつまで飲み続ければいいのかしらん???

次回の受診は8月11日の予定。

鎮咳薬の効果

  • 2011年07月04日

咳止めを飲み始めて1週間。かなり効いています。
最初はそうでもなかったけど、5日ぐらい経った頃にふと気づくと、ほとんど咳が止まっています。嬉しい限り。
14日分もらってあるので、次の受診日の2日前に切れる計算ですが、飲まなくなったらどうなるのかなぁ???

6月25日(土) 鎮咳薬をもらいに受診

  • 2011年06月25日

5月末ぐらいからかなり咳が出るようになった。
6/11の受診のときは、まだそれほどひどくなかったので様子見にしたのだが、その後、かなり咳が続くようになってしまった。感染症でもないのに咳き込んでいると、周囲から奇異な目で見られてしまうし、自分自身もかなりうっとうしい。
で、22日の日にクリニックに電話をし、25日に受診する予約を入れたのだ。

予約時間は9:15。平日の出勤時間よりちょっと遅めに家を出て、クリニックに着いたのは9:00ジャスト。あまり待たずに診察室に呼ばれ、症状を話す。胸のレントゲンを撮って状態を確認してから、ということになり、X線検査へ。待合に戻るとすぐに診察に呼ばれた。画像では炎症や痰が溜まっている様子はないらしい。
咳も1週間前よりはかなり収まってきているので、まずは軽い咳止めを14日分処方してもらい、様子を見ることにした。

帰りに自宅近くの薬局に寄り、薬を受け取る。薬剤師さんは感染症だと思ったらしく、「熱はないですか?」などと聞いてくる。「最近、咳や喉のお薬の人が多いんですよ」と言う。私は感染症の兆候はないので、てっきり肺の腫瘍のせいで咳が出るのかと思っていたのだが、ひょっとしたら別の原因の可能性もあるかも。

もらった薬はメジコンとムコダイン。さぁ、効くかなぁ・・・。

6月11日(土) CT検査&受診

  • 2011年06月11日

朝は大雨。雨嫌いな私としては、かなりブルーです。
今日は1月以来のCT検査の日。朝食抜きで9時50分までに受け付けをしなければならない。
体調自体はまったく変化なしだが、2~3週間ほど前から咳が出るようになり、ひょっとしたら腫瘍が育っているのかな?なーんて思っている。薬の副作用のホットフラッシュはまぁまぁで、寒気はこのところは気にならない。気温が上がったせいかもしれない。

雨は昼ごろには上がるという予報なので、折り畳み傘で9時ごろ家を出ました。バス、地下鉄と乗り継いで、クリニックに着いたのはやや早めの9時40分過ぎ。1階で受け付け、3階の画像検査室に行く。ここでもあまり待たずに呼ばれて、CT検査室へ。いつものとおり造影剤なしで3回、造影剤を入れて1回撮影。予定よりもかなり早く終了。そのまま6階の外来に行って待つことしばし。

呼ばれて診察室に入って、まずは近況報告。最近咳が出るようになったことを伝えたが、CTの画像では特に悪化はしていないとのこと。メインの肺の腫瘤はやや小さくなっているようだ。ほかに新たな所見はないそうで、悪化しているから咳が出るようになったというわけではないらしい。先月の血液検査の結果も悪いところはまったくなく、腫瘍マーカーもすべて正常値。今のリュープリン&タモキシフェンという治療は、それなりに効いているようなので、そのまま続行することになった。咳もまだ困るほどではないので、咳止めなしで様子をみることにした。

診察を終了し、隣室で看護師さんにリュープリンを打ってもらい終了。11時半には会計も終了しました。

クリニックを出ると、雨もほとんど上がっています。
先月に引き続き、友人が別の病院で受診中なので、連絡をとって昼には飯田橋で待ち合わせ。今日は神楽坂久露葉亭でランチにしました。ランチセットが1000円+お惣菜食べ放題300円+ランチビール。食事の後は神楽坂をぶらぶら散歩し、神楽坂にオープンした伊勢志摩の物産店で少々買い物。その後、靖国神社まで歩きました。九段下のスタバでお茶して本日のイベントは終了です。

4週間後の土曜日は清里に行く予定にしているので、次回の受診予約は7月11日(月)にしました。

ページ移動