記事一覧

12月17日(月) 受診

  • 2012年12月17日

今年最後の受診。
午後3時15分まで仕事をして30分ごろ職場を出ます。
午後4時15分ごろクリニック到着。
受け付けをして待合ロビーに行くと、今日もガラガラ。ほどなく名前を呼ばれて診察室へ。

先月に申告し忘れた爪の状態を話すと、「おそらくホルモン療法の副作用」とのこと。私はてっきり鉄分&カルシウム不足かと思っていたのですが、意外な所見。確かにリュープリンの添付文書には、副作用のところに「爪の異常」という記載がある。
足の痙攣は相変わらず。
蕁麻疹はセレスタミンを数日休薬したらまた出始めてしまったので、服薬も復活。今月は30日分処方してもらいます。
咳は鎮咳薬なしでもほとんど出ません。こちらは薬なし。
来月はPETをやりましょうということで検査予約を入れ、さらにしばらく血液検査をしていないのでリクエストをした。鉄分、カルシウムの状況も見てみたい。それに骨粗鬆症も気になるので申告すると検査のオーダーを入れてくれた。「結果は来月一緒に説明します」とのこと。

今年最後の受診なので「良いお年を!」と挨拶し、いったん診察室の外へ。別室でリュープリンの注射を受け、PET検査の説明等を聞き、別フロアへ。そこで尿検査、血液検査、骨粗鬆症の検査を受け終了。

来月の受診は1月18日金曜日です。

11月19日(月) 受診

  • 2012年11月19日

平日の受診なので、仕事はいつもどおり2時間休をとって出かけます。少々のんびり職場を出たにも関わらず、クリニックには予約の15分前に到着。月曜日のせいか受け付けは閑散としています。6階の待合いロビーも誰もいません。なので当然ですがすぐに呼ばれて診察室へ。

「どうですか?」と問診。
鎮咳薬は呑んでませんが、咳は特に出ません。
蕁麻疹はセレスタミンを常用しているせいか、出ません。
胸部痛は相変わらず時々あります。
足はめちゃめちゃ攣ります。ふくらはぎの痙攣もあります。
腕の痛みはいつの間にか無くなりました。

胸部痛については、ドクターは食道炎の可能性が一番高いと思っているもよう。心臓の場合は、もっとシビアな痛みだそうな。「神経痛の場合もある」とも言いますが、「うーん、神経痛の痛みっぽくはないです」と私。
とりあえず食道炎と見なして薬を飲んでみて、良くなるようなら食道炎で正解。良くならないなら別の原因の可能性があるという鑑別方法もありますとのことだが、それほど深刻な痛みではないので、今回も様子見ということにした。
肺の検査は6月のCT以来やっていないが、1月あたりにPET-CTをしましょうということで、来月に予約を入れることになった。
蕁麻疹については、いつセレスタミンを止めたらいいかが難しい。「しばらく休薬して様子を見ますか?」と言うので、今回は14日分の処方にしてもらった。

隣室で30回目のリュープリンを打ってもらい、次回の予約を入れます。エレベーターで1階に降りてから、カルシウム&鉄分不足と思われる爪の症状を相談しようと考えていたのに、相談するのを忘れてしまったことに気が付きましたが、まぁ来月でもいいかと、そのまま終了。会計を済ませてクリニックを出たのが4時45分。次回の受診は12月17日月曜日の予定です。

今月も同居人と神楽坂でお夕飯です。

10月18日(木) 受診

  • 2012年10月18日

午前中は通常通りの仕事。午後から出張でなんとか予定の時間に職場に戻ることができた。それから時間休をとってクリニックに向かいます。

予約時間は16:30でクリニックに着いたのは丁度いい具合の5分前。受付もスムーズ、ほとんど待つことなく呼ばれて診察室へ。

鎮咳薬をやめてるけど、咳は出ません。
セレスタミンを飲み続けているので、蕁麻疹も出ません。
胸部痛は今もときどきあります。
ということで、胸部痛は様子見、引き続きセレスタミンを30日処方してくれることになり、診察は終わり。
肺のCTは6月以降撮っていませんが、特に予定はなし。まぁ、少し間が開いてもあんまり変わらないでしょう。
隣室でリュープリンの注射を打ってもらい終了です。

来月11月19日の予約時間を決め、会計をして終わったのが5時ごろ。今日は同居人と神楽坂で待ち合わせ、おばんざいのお店に行って夕食の予定です。

9月20日(木) MRI&受診

  • 2012年09月20日

今日は朝イチで腕のMRI。2か月以上前から痛みがあり、場所からして骨転移の可能性は低いけど、ま、いくつか考えられる可能性の中では重篤なほうから検査して否定していくというやり方もあるので、MRIを撮ることにした。
本当は仕事が忙しくて、受診が終わったら出勤する予定だったけど、夏休みも休みきれないで残っているので、結局一日休暇にした。

MRIはいつもどおり。骨を見るので造影剤はなし。
撮影が終わって6階の待合ロビーで待っていると、意外に早く診察室に呼ばれた。
MRIの画像はもう出来上がっていて、異常はないとのこと。どうやら骨転移ではないようだ。
でも痛みはまだひかない。生活に支障があるほどではないので、またしばらく様子見ということになった。

もう一つの蕁麻疹は相変わらず出たり引っ込んだり。
セレスタミンは蕁麻疹が出たときだけ飲んでいたが、しばらく飲み続けたほうがいいかも、ということで、今回は30日分処方してくれた。

更にもう一つ。最近胸が痛くなることがあるのだ。
ちょうど心臓のあたりだが、どきどきするようなこともないし、息苦しいこともない。でも、ぼんやりとした痛みがしばらく続くことがある。
心臓なのか、食道なのか、あるは全然別のところなのか不明。
これもしばらくは様子見。

次回は10月18日の予定です。

8月18日(土) 受診

  • 2012年08月18日

この日記、書くのをすっかり忘れていたので、随分後に書いています。なので、あまりよく覚えていません。

問診では右腕痛と蕁麻疹を申告し、9月に腕のMRIを撮ることにしたのと、セレスタミンを処方してもらいました。

次回は9月20日です。

7月21日(土) 受診

  • 2012年07月21日

今月も仕事が忙しくて平日の休みはとれないので、土曜日の受診です。猛暑から一転してかなり気温が低いです。しかも雨混じりの天気でうっとうしい。
朝ごはんを食べた後に洗濯したり少々のんびりしていたら、ぎりぎりの時間に気づいて大慌て。今日の受診は11:30の予約なので、10:30過ぎには出ようと思っていたのに~!

10:40ごろ家を出て、バスナビを見たらバスは7分後だったので、バス停ではなく駅に向かいます。(こっちのほうが時間が確実)
駅までは10分ぐらい歩きますが、そこから先は結構早い。四谷の駅に着いたのは11:20ごろで、ちょうど良い時間でした。

待合いロビーは結構空いています。ほどなく名前を呼ばれ診察室へ。まずは問診。
咳はかなり出なくなりました。右腕が痛いです。→これは触診をして「腱鞘炎では?」とのこと。あとは特になし。
知り合いの患者さんで、土曜日に化学療法の点滴を受けたい人がいるという相談をしたところ、薬剤の種類にもよるが、現在の主治医が応じてくれれば不可能ではないということ。必要なら一度受診して相談が必要とのことでした。

それから、最近のニュース番組で見たアミノインデックスについて聞いてみたところ、初めはサプリメントか何かと勘違いしたようなお返事。いやいや食べ物とかではなく、血液検査ですと言ったら、おそらく自費だろうが、やりたいのならやってもいいよという感じ。このクリニックでは実施してないようようです。やってくれるところもよくわからないようでした。

アミノインデックスは血液中のアミノ酸(40種類以上)のバランスを見ることによって、体内のがんの有無や種類なども診断できるというものらしく、まだ研究中のもの。人間ドックなどでスクリーニングに使うのが一般的らしいですが、私のように肺に腫瘍を抱えている状態のまま検査したら、どんな結果が出るのか興味津々。何か自分の役に立つとは思えませんが、面白そうなので、機会があったらぜひ受けてみたいと思っています。

問診後はいつもどおりリュープリンの注射(26回目)を受けて終了です。

次回は8月18日(土)です。

6月18日(月) CT検査&受診

  • 2012年06月18日

仕事が半端ない状態・・・。
でも、土曜日は外せない用事があったので、今月は月曜日受診です。
朝いちばんにCT検査の予約を入れ、受診して結果を聞いたら出勤という予定で、診察は11:15の予定。

通常の出勤よりも若干早めに家を出て、クリニックに着いたのは8:30。予定通り9:00からCT検査をして9:15に終了。診察まで2時間もありますが、外出してやることもないので、ロビーで待つこととしました。待合はゆったりした一人がけのソファなので、30分ほど目をつぶってウツラウツラ状態。その後、持参の本を読み始めたのですが、意外に早く10:15には名前を呼ばれました。

診察室では、ドクターが開口一番に「咳は出ますか?」
「はい、出ます」と答えて、CTの画像を覗きます。
右が2年前のCT、左が今日の画像ということで、「ほとんど変化はありません」とのこと。
この場合、変化がないというのは「悪くない」ので、現在の治療を継続するのが基本ですが、咳がメジコンで抑えられないようなら、リン酸コデインで咳を抑えるよりも、LH-RHアゴニスト+AI剤にトライして、腫瘍自体が小さくなるのを期待するほうが、ドクターとしては選択したいらしい。
でも、AI剤は関節痛などの副作用もTAMよりはきつい。今のところ咳はそれほどひどくないので、今回はTAMのまま継続することとしました。

次回は7月21日(土)です。

5月19日(土) MRI&受診

  • 2012年05月19日

実は先週、久々に風邪をひいて熱を出し、その後遺症で体調は良くありません。
咳、鼻水、痰、蕁麻疹、足の痙攣、痣、などなど。さすがに17日木曜日ぐらいには症状が緩和されてきて、ひと安心。

今日は土曜日ではありますが、午前中は仕事。終了してそのまま四谷へ向かうと駅には13:10ごろ到着。駅前のCafeでパスタランチのセットを食べクリニックに行くと、ちょうど予約時間の13:50でした。

受け付けを済ませて、まずは3階の画像診断センターへ。しばらく待つとMRI検査室から呼ばれ、検査着に着替えます。MRI検査は13年ぶり! 以前はもっと仰々しい機械だった様な気がしますが、技術も進歩しているのでしょう。今回は検査台に仰向けになります。耳栓をして、さらに頭の周りにクッションを詰め、in。相変わらずすごい音がしますが、前はもっと工事中のような感じだった様な気もします。今回はブザー音のようなものが多かったような。

着替えを終えて、そのまま6階の診察室へ移動。予約時間にはまだ間がありますが、トイレに行ったり、喉が渇いたのでジュースを飲んだりしているうちに、予定よりも早く名前を呼ばれました。

診察室に入り、まずは問診。風邪の後遺症状を説明しましたが、まぁ、風邪なので特に処置なしです。MRIの結果は骨転移の兆候は見られないとのこと。椎間板ヘルニアっぽいところがあるので、これが腰の違和感の原因でしょう。足の痙攣もこのせいかもしれない。でも治療を要するほどではないので、経過観察です。芍薬甘草湯は効果があまりなさそうなので、今回はやめました。咳もメジコンよりも強い薬というとリン酸コデインになってしまうので、メジコンのまま様子見です。

次回はCTを撮ることにし、今日は血液検査をすることになりました。

診察は以上。リュープリンの24回目の注射を打ってもらい、CTの検査説明を聞いてから2階の臨床検査科へ。血液を採って終了です。

次回は6月18日(月)朝いちばんです。

4月21日(土) 受診

  • 2012年04月21日

年度初めで仕事が立て込んでいるので、今月も土曜日の受診です。
11時半の受診予約で、5分前に受け付けをしたのですが、待合はすごく空いてます。
ほぼ予約時間どおりに診察室へ入り、問診。少々気になる腰痛があるので、来月は腰椎のMRIを撮ることにしました。リュープリンの注射をし、簡単にMRIの説明を受けて終了。会計まで済ませた所要時間は25分。超早っ!
次回は5月19日(土)にMRIと受診の予定です。

3月24日(土) 受診

  • 2012年03月24日

3月末は仕事の繁忙期。とても平日に受診するのは難しいので、少し早いですが土曜日に受診することにしました。

今日は朝のうちに雨が上がり、午後は暖かくなるという予報だったのに、おおはずれ。行きも帰りも、かなり冷たい雨の中を傘をさして歩くはめになりました。

ほぼ予約時間通りに受け付けしたのですが、さすがに今日は少し混んでいる模様。名前を呼ばれたのは予約時間から30分ほど過ぎたころでした。
診察室ではあまり話すことはありません。
芍薬甘草湯は効き目があるようで、薬を飲み始めてから足の痙攣は1回だけ。すごく痛くて飛び起きちゃいましたが。
咳も痰も特になし。過敏性腸症候群も口内炎も、いまのところ大丈夫。次の予約を4週間後に入れ、リュープリンの注射を打ってもらって終了です。

次回は4月21日の予定です。

ページ移動