記事一覧

12月14日(土) 受診

  • 2013年12月14日

バスと電車の都合により、受付時間の9時30分を1~2分過ぎてクリニック到着。受け付けを済ませたら、まずは2階で採血です。
いつもは尿検査もあるのですが今日はなし。何故かは不明。

その後6階へ行き、少し待つと診察室に呼ばれます。
診察では、すっかり咳も落ち着き、血痰も1か月前ぐらいから無いこと、じんましんも出ないことを申告。ただし、3日ほど前から風邪と思われる状況になり、頭痛、咽頭痛、咳、痰、鼻水がひどいこと、微熱も出たことを話しました。
「今日は最後に胸のレントゲンを撮りましょう」と言われましたが、今日に限って受診の後に予定があります。「今日はちょっとダメなんです。画像検査は1月ごろかなと考えていたんですが」と言うと、それでは、ということで来月の受診の際にCTを撮ることになりました。
先月の腫瘍マーカーの結果を聞いてみると、CEAは少し下がっている様子。ですので、リュープリン&アロマシンは継続です。

最後、風邪の症状が出る直前に、横になって息を吐いた後に肺の中でごぼごぼ音がすることを聞いてみましたが、ドクターは首をかしげるばかり。まぁ、別にいいんですけど。
最後に点滴用の針を刺してもらい、診察室を出ます。

化学療法室の椅子(今日は7番)に座ってゾメタの薬を確認して点滴開始。眠いのでほぼうつらうつらしてました。
予定通り30分で点滴が終了し、リュープリンの注射を打っておしまいです。

会計を済ませるとちょうど11時でした。
来月は1月11日の予定で、採血→CT→診察→ゾメタ→リュープリンです。

11月16日(土) ゾメタデビュー!

  • 2013年11月16日

今日は小春日和で良い天気です。
朝、8時40分過ぎに家を出、クリニックの受け付けには時間ぴったりの9時半に到着。まず2階へ行って血液検査を受けます。次に6階へ行きしばらく待つと予定時間よりやや早めに名前を呼ばれて診察室へ。

「おはようございまーす」
「咳はどうですか?」
「一昨日までとても快調だったのですが、昨日からまた少し出るようになっちゃいました」

11月11日のK医師のセカンドオピニオンの報告は、既に主治医のところに届いているようです。11月1日の報告書は預かって来たので主治医に提出。写しをもらえないか聞いてみたのですが、これは医師から医師への書類なので、患者には開示しないとのこと。ふーん。なんか変なの。
おそらく1月ごろには画像検査をすることになると思うので、それまでは症状が急激に悪化しない限り現在の治療を継続。1月の画像の状況を見て、変更するかどうかを検討。状況にもよるが、変更する場合は次のホルモン療法の選択肢としてヒスロンを考慮というのが、私が決めた現時点での方針です。

卵摘について再度突っ込んでみましたが、このクリニックでは入院が長引く可能性がある手術はやらないようで、どうしてもというなら、セカンド受けた病院でお願いするようにとのこと。なかなか思う通りにいきません。

この後ゾメタの点滴なので、最後に主治医が点滴の針を刺してくれて診察室を出ます。そのまま化学療法室に移動して、6番のリクライニングチェアに案内されます。薬剤を確認して点滴を始めたのが10時5分ごろ。点滴は30分で終了。その後、その場所でリュープリンの注射を打ち、終了です。

会計をしてクリニックを出たのが11時。所要時間はちょうど1時間半でした。

次回は12月14日の同じ時間です。

コメント一覧

リスミン (11/16 21:31) 編集・削除

夜9時現在、ゾメタの副作用と思われる発熱の兆候あり。
ひゃー、お約束どおりじゃん。
まだ37度台なので、もう少し様子を見てからロキソニンを飲もうと思います。
明日は予定がなくて家でゴロゴロできるのが有難い。

のんのんです(*^^*) (11/16 21:35) 編集・削除

咳が出なくなるといいですね(^-^)v

リスミン (11/17 11:51) 編集・削除

のんのんさん、コメントありがとうございます。
1か月前に比べると咳はだいぶ楽になりました。

のんのんです(*^^*) (11/20 10:55) 編集・削除

あまり無理しないようにしてくださいね。
リスミンさんファンクラブ?より\(^o^)/

11月11日(月) セカンドオピニオン第二弾

  • 2013年11月11日

今日は3時間休をとって午後2時15分に仕事を終え、急いで駅に向かいます。今日の病院は特急で2個目の駅から徒歩4分ですが、初めて行くので遅刻しないよう、小走りで病院入り口を目指します。
予定の時間に到着し、まずは受け付け。資料一式を渡し、20分ほど待たされた後、腫瘍内科の受け付けに行くよう指示されます。「画像データはウィルス対策のために全てウィルスチェックをします」という張り紙があったので、私の持参したCDも11枚すべてチェックしたのでしょう。ご苦労さまです。

エレベーターで2階へ行くと、中央にずらーっと待合い用の椅子が並んでいるホールのような場所の両側に、各診療科の受け付けと、診察コーナーへの入り口が並んでいます。腫瘍内科は内科とは別になっていて、ここだけ受け付けが外にありません。ドアを開けると中に中待合いと受け付けがありました。

受け付けに診察用の連絡ファイルと書類一式を渡すと、中待合いか外の椅子で待つように言われましたが、中待合いはかなり狭くて、既に何人も座って待っている様子。外で待つことにしました。
予約時間はもう過ぎているのですが、この規模の大学病院では待たされるのは仕方のないこと。あまり期待せず、のんびり待ちます。しかし、なかなか呼ばれず、さすがに待ちくたびれ。中待合いに居たと思われる人たちも何人か出てきて、ロビーにいる患者もほとんどいなくなり、「いくらなんでもそろそろ呼ばれるだろう」と思ったころ、ドクター自身が入り口に姿を見せました。

ドクターの後について中待合いの奥の診察室に入り、「よろしくお願いしまーす!」と着席。さて、どこからきりだそうか、ちょっとの間の沈黙となってしまいました。K医師に初めて会ったのは12年前。それ以後、様々な場面で会ったり話したりメールしたりする機会がありましたが、診察室で自分の病気について話すのは初めてです。

9月~10月に症状が悪化し、化学療法へのスイッチを勧められていること。自分としてはQOLの維持を最大の治療目的としているが、仕事の関係もあってあと1年は普通に仕事ができる状況にしたいこと。このところ症状が改善していることなどを話しました。

K先生は「ホルモン療法ならヒスロンが良いと思うよ。」
ヒスロンは11月1日のC医師にも提案されましたが、これ以上太るのは何としても避けたいところ。でも、ヒスロンは閉経前でもOKなので、リュープリンを止めてみて閉経かどうかを観察することができるという利点があります。K医師は「高用量トレミフェンもフェソロデックスもあまり期待できないけど、ヒスロンは意外に効く人が多い」と言います。ふむふむ。食欲さえ頑張ってコントロールできれば、アロマシンの次はヒスロンという選択肢もありかも。

卵巣摘出手術については、特に否定的ではない様子。全身麻酔については、「肺がんの手術でもやるんだから、大丈夫じゃない」とのこと。卵巣への放射線照射はお勧めできないという感じ。

もし、急激に悪化して化療にスイッチするとしたら、「主治医が勧めているタキサンやアンスラが一般的だけど、アバスチンもいいと思います」。アバスチン+タキソールは生存期間の延長にはならなくても、始めの頃の効きが良いらしいので、もし急激に悪化したらそれで抑え、大人しくなったらまたホルモン療法という選択肢もありそう。

あれやこれやと話して約1時間。主治医へは話した概要を郵送するらしい。今後の追加の質問等はメールでもOKということだし、今のクリニックでの診療が難しくなって、でもまだ緩和ケア病棟という状況じゃないというときには、転院も引き受けてくれそうでした。

おまけの意見

  • 2013年11月05日

普段親しくしていただいているS医師から、最近の私の症状に関してご心配のメールをいただきました。
感謝感謝です。

「できることがあればいつでも協力します。遠慮なく言ってください。」との有難いお申し出に甘えてご意見を伺ったところ、以下のようなお返事をいただきました。

1)現時点では化学療法による速やかな症状の改善が望ましいと思います。
2)どうしても内分泌療法でというのであれば、卵巣摘出をお勧めして、閉経後の内分泌治療を行ないます。

フムフム。やはり、どのドクターもまずは化療へのスイッチを勧めますねー。でも、ホルモン療法を続ける道も、まったくNGというわけではないようです。

問題は今の状況で卵巣摘出のリスクがどのくらいあるか、やってくれる医療機関があるかどうか、です。

11月1日(金) セカンドオピニオン第一弾

  • 2013年11月01日

今日はセカンドオピニオン。

主治医から化療へのスイッチを勧められた当初は、あまりセカンドオピニオンを求めようという気にはならなかったのですが、どの選択肢がよいか判断の難しいときこそセカンドを取るべきと思い直しました。14年間の患者歴の中で培ったドクターとのコネクションを最大限活用し、複数個所にアプローチ。今日はその第一弾です。

今日行く病院は、腫瘍内科のA医師にも乳腺外科のC医師にも面識があり、どうせなら2人まとめてお願いできないかと事前にリクエストしたところ、意外にすんなりOKが出て、しかも最初の電話から8日目の受診というスピードでした。

仕事は午後半休して午後1時45分ごろ病院到着。まずは総合受付で事前に送られて来ている予約票を見せて手続きをします。セカンドオピニオン外来でも初診受付や診察カードの作製は通常通りのようで、2時を少し回ったころに腫瘍内科の受け付けに回りました。受付前のロビーで待っていると、ほどなく乳腺外科のC医師登場。手を振って挨拶。その後中待合いに案内され、診察室に呼ばれたのは2時15分過ぎぐらいでした。

セカンドオピニオンと言っても、場所は通常の診察室です。診療情報提供書は事前に送ってあり、両ドクターとも既にひと通りは目を通してくれている模様。先ほど腫瘍内科の受付で渡した画像資料は10/12のPET-CTのものがパソコンで再生されています。

「こんな豪華なセカンドオピニオンを実現して頂いてありがとうございます!」
「いやー、こんなところで○○さん(私)と話すとは思わなかった」
両ドクターとも、勉強会の打ち合わせやフォーラムの実行委員会等で会ったりしますが、診察は初めてです。
通常のセカンドオピニオンというものがどういうものか分かりませんが、いきなりざっくばらんに話が始まりました。

予想通り、結論は特にありません。閉経の判断も化療へのスイッチのタイミングも、これが正解というものはなく、今後の治療方針については1月あたりにCTをやって、その時の状況で判断するしかないね、という感じでした。

11/16から開始予定のゾメタについては、ほかの治療選択に影響があるわけでもないし、オマケで腫瘍縮小効果もひょっとしたらあるかもしれないので、やる方向で問題なし。

新たな発見としては、
1)5月にリュープリンを中断し2か月で月経が戻ってしまったため、また7月からリュープリン再開としましたが、もう少し様子を見てもよかったかも。月経が戻ったわけではなく、LHRH中止とTAMによる月経ではない内膜剥離の可能性もあるとのこと。現時点のLHRH+AIの状況ではLHRHを止めてみるわけにいかず、話がややこしくなっています。
2)化療にスイッチするとしても、場合によっては第一選択のタキサンやアンスラでなく、ジェムザールとかナベルビンとかCMFってのもありかも。今の状況なら化療は何から始めても大差なさそう。
3)気管支が閉塞し、無気肺になっている部分があるが、これはすでに固定してしまっているようなので、いじらないほうが却って良いかも。今の状態なら外部と遮断されているので、肺炎のリスクは少ないのではないかとのこと。

全部で約1時間、じっくり(というよりワイワイという感じで)お話し、最後に3人で記念写真(?)を撮ってもらいました。

コメント一覧

たまご (11/03 16:09) 編集・削除

はいはい、そのたまごです(^◇^)
すっかりばあさんになってしまいましたよー。

ココア URL (11/06 17:22) 編集・削除

ブログでは、初めましてです(笑)
さすがリスミンさんと思わせる、
素晴らしく贅沢なセカンドオピニオン。
乳腺外科と腫瘍内科のドクターが
揃ってというのは、理想でしょう。
でも、これはまだ第一弾なんですね。
いろいろなドクターのお話を伺って、
BESTな治療になるといいですね。
先ずは、ゾメタの効果が出るといいですね!

リスミン (11/06 22:57) 編集・削除

ココアさん、コメントありがとうございます。
第二弾は11月11日の予定です。
なんだかワクワクしちゃうのですが、不謹慎でしょうか。

10月26日(土) 受診

  • 2013年10月26日

今月4回目の受診。
いやー、週に1回はクリニックに行ったことになる。交通の便は悪くないし、今は仕事もそれほど立て込んでないし、何より土曜受診できるのが有難い。
今日は台風27号がもっとも近づいている時間だが、東京からはかなり離れて沿岸を進んだので、普通のやや強い本降りの雨程度。ゴアテックスのレインコートと雨靴で、一番外を歩かずに済むルートを選んでクリニックに向かう。

予約時間通りに到着し6階へ。少々待ったがそれでも10分程度で診察室に呼ばれる。いつもどおり「咳はどうですか」という質問。ちょうど数日前からやや症状が軽くなった感じで、しゃべっているときに咳き込む頻度が少なくなった。
しかし、10/17の血液検査の結果はあまり良くなかった。CEAは10.5。CRPも0.65と先月よりはだいぶ下がったものの、まだ基準値を超えている。
ドクターは相変わらず化療への変更を勧めるが、「まぁ、セカンドオピニオンを聞いてからにしましょう。」

今日は特に治療はないのでそのまま退室。受付で診療情報提供書5セットと画像資料一式を受け取る。結構な量である。

本日の会計は4,120円ナリ。ほとんど診療情報提供書を受け取りに来ただけだが、大量の資料にも関わらず思いのほか安かった。

10月17日(木) 受診

  • 2013年10月17日

12日のPET-CTの画像を見てから、深呼吸ができなくなっていることに気が付いた。ずーっと咳ばかり気にしていたので気づかなかったのだが、右肺下葉が腫瘍のために閉塞していてかなりの部分が機能していない(つまり息がちゃんとできない)ことに、ようやく自覚した次第。
今日はもともと4週ごとにリュープリンを打つために予約した日だが、12日に確認できなかったことなどを色々聞いてみるつもりだ。

午後4時半の予定時間より少し早めの4時に受け付け、6階の待合いへ。だが、今日はいつもより診察待ちの人が多く、呼ばれたのは結局4時半。
診察室へ入り、まずはいつもの通り状況を聞かれます。
13日からAI剤をアロマシンに変えて、特に大きな問題(副作用)はなし。
咳は相変わらず出るが、特にひどくはなっていない。ムコダインも効いている感じ。
熱は出なくなり、おそらく肺炎だったと思われるのは10日ほど前までではないかと思うと言ってみたが、14日分処方した抗生剤は最後まで飲みきるようにというのがドクターの指示。

セカンドオピニオンについて。実は前回の受診時にはセカンドオピニオンを受けるつもりはなかったが、他のドクターの意見を聞くとしたら、今このタイミングが最適と思い直し、個人的にも面識のあるK先生のセカンドオピニオン外来を予約した。診療情報提供書と画像資料をお願いすると、それは問題ないので受け付けで申請するようにとのこと。

ゾメタについては特に拒否するつもりはなく、逆に積極的に受けようと考えているので、来月の受診からリュープリンと一緒に4週に1度のスケジュールでやることにした。
ただ、ホルモン療法については、アロマシンの効き具合を見た上で高用量トレミフェンやフェソロデックスも試してみたいと言ってみたが、ドクターは渋い顔。確かにホルモン剤は効果が出るのに時間がかかるし、効果測定も難しい。化学療法へのスイッチのタイミングを逃してしまうリスクがあるのは理解している。ただ叶うことなら、私は最後まで化学療法せずに済ませたいと考えている。結局、この件はセカンドオピニオンでK先生の意見を聞いてみてくださいということになった。

気になっている卵摘について再度聞いてみたが、全身麻酔を必要とするので、今の肺の状態では勧められないとのこと。全身麻酔でないと手術できないか聞いてみたが、それは難しいとの答え。リュープリンで同じ効果があるのだから、リスクを冒してまで卵摘するのは反対ということだ。(でも、いよいよ症状が悪化して緩和ケア病棟に入院するようになったときに、生理のことを気にしなきゃならないのはいやだなぁ。緩和ケア病棟でリュープリンだけ打ってもらうなんてことできないだろうし…)
結局この件も「K先生に聞いて」ということになった。

診察後は処置室でリュープリンを打ってもらい、11月16日から開始することにしたゾメタについて説明を受け、点滴の施設等の見学もした。診療情報提供書について受け付けに申し出ると、出来上がってから取りに来る必要があるとのこと。郵送でも可能とのことだが、今日これから受ける血液検査の結果も早めに見たいので、11月16日とは別に10月26日の受診予約も入れた。

最後に採血をして終了です。

10月12日(土) PET-CT&受診

  • 2013年10月12日

9月の末から10月初旬の1週間ほど、朝は平熱なのに夜になると38度台の発熱というのが続いており、「ひょっとしたら肺炎かも」という心配もあったので、検査を早めてもらって今日がPET-CTの日です。

9時40分に受け付け。その後3階の画像検査センターでまずは検査着に着替え、身長・体重の測定と検査の説明、問診等があります。
仰向けになると咳が出るということを申告してあったので、その件について少々検討。様子を見て少し横向きで撮影するか、時間を短くするかしましょうということに。水を受け取って検査センターに入ります。
FDGを注射して安静室に入ります。40分ほどして名前を呼ばれ、トイレに寄ってから検査室に。一旦検査台に仰向けになり、咳は大丈夫そうということになり、撮影。終了後はまた安静室で20分ほど休憩し終了です。

検査結果がでるまで少々時間があるのと、朝食抜きだったので、一旦外出し、朝昼兼用のブランチを食べに出かけました。

午後1時過ぎぐらいにクリニックに戻り、6階の待合いへ。しばらく待って名前を呼ばれ診察室に入ります。

PET-CTの検査結果は、あまり良くないものでした。
肺の腫瘍は7月のCTの約30mmからまた少し大きくなっており、35mmぐらい。ただ、腫瘍径以上にそれが気管支をふさいで右肺下葉の7割ぐらいが閉塞状態のようです。閉塞している部分は要するに窒息状態なわけで、炎症を起こしている可能性もあるとのこと。
もう一つ、胸骨に集積が見られ、骨転移と思われるとのことです。
脳や肝臓などは、今のところ転移は見られない。

7月にTAMをAI剤(フェマーラ)に変えてから腫瘍マーカーも下がらないし、腫瘍も大きくなっているので、ドクターとしてはもうホルモン療法は効かなくなっているとの判断らしい。化学療法へのスイッチを勧められました。第一選択はパクリタキセル(アブラキサン)とのこと。
骨転移もほぼ確定なのでゾメタも。

私としてはQOLを最優先にしたいのですが、仕事の都合上、「あと1年は何としても仕事ができる状態にしたい」というと、「このままでは(効かないAI剤を続けるのであれば)、1年なんて悠長なことは言っていられないですよ」と言う。
腫瘍の状況によっては、突然呼吸困難になって救急搬送が必要になることも無いとは言えないらしい。

ドクターは「今すぐ決めなくてもいいですし、セカンドオピニオンも受けてみたらどうですか」と言いますが、とりあえずはフェマーラをアロマシンに変更し、様子を見ながら次の手を考えることにした。
いずれにしても、来週10/17はリュープリンのために再度受診する予定なので、それまで考えることにしました。

今日のところは、アロマシンと抗生剤と鎮咳薬と去痰薬を処方してもらい終了です。

10月4日(金) 臨時に受診

  • 2013年10月04日

9月の中旬から続いていた微熱は段々高熱になり、39度になることもありました。毎日、夜は38度台、朝には平熱になるというのの繰り返しです。
通常、38度以上の熱が出る際は、悪寒があったり顔がほてったり、ぐったりだるかったりするものですが、特に変わったことはなし。咳は別として淡々と熱が上がったり下がったりしている感じ。解熱剤は1回だけロキソニンを飲んでみましたが、どうやら飲んでも飲まなくても同じみたいです。

咳は相変わらずひどいですが、なぜか血痰は少なくなってきました。ありがたいことに左を下にして横向きに寝るとほとんど咳は出ず、夜眠れないということはありません。

同居人が「肺炎なんじゃないの?」とか「急変しても僕はどうすればよいかわからん!」と不機嫌なので、臨時に診察の予約を入れました。(急変ってなんだ!?)

そうこうしているうちに、10月2日の朝、職場の入り口ですってんころりん。雨でぬれた床に滑ったみたいで、右足の土踏まずあたりをひねってしまいました。いろいろ動かしてみましたが、骨が折れたりしている様子はないので、手持ちのロキソニンテープと手持ちのサポーターで対処。2日後が受診予定なので、足も診てもらうことに勝手に決めます。

さて、職場を午後3時半に出てクリニックへ。足が痛いのでいつもより時間がかかりますが、階段も上り下り可能だし、やはり重症ではなさそうです。

4時15分ごろに受付、ロビーでは5分ほど待って名前を呼ばれました。

診察ではまず足の件を申告。もしレントゲンを撮ることになれば先のほうが良いと考えたのです。ドクターは私の足をいろいろひねってみて、「これは痛いですか?」「これは?」と聞きますが、いずれも「痛くありません」。はれもないし、色も変わっていなし、どうやら骨が折れたり、筋を痛めたりはしていない様子。レントゲンは撮らずに、このまま自然治癒を待つことになりました。

次に、先月の血液検査の結果を聞いてみると、CEAの値が初めてほんの少し下がって(9.4→8.4)いました。超過していた1CTPもぎりぎり基準値内に。ただ炎症反応や細胞破壊を示唆するCRPは7.21と高くなっています。
今回の受診の目的は、血液検査の結果を早く知るためでなく、次に予定しているPET-CTを早めてもらうこと。元々10/17の受診の際に検査予約をしましょうということだったのですが、それではかなり先になってしまいます。熱も気になるので検査を早めてもらうことにし、10/12にPET-CTをやることしました。

もう一つの目的は咳対策。薬を増量するか、別の薬にするか、はたまた他の対策があるか?
別の薬といっても、リン酸コデインは、ドクターとしてはまだ早いと思っている模様。私がネットで見つけたノスカピンという薬は試してみても良いかもとの意見。こういうことはやってみなければわからない。
メジコンは増量しても良いということで、去痰薬も併せて処方してもらい、とりあえず1週間様子を見ることにしました。

さっそく帰りに近所の薬局に寄り、薬をもらって帰宅。
夕食後にメジコン2錠(15mg×2)とムコダイン1錠(500mg)を飲んだのですが、お薬手帳をまじまじと見て愕然としました。なんと、もともとメジコンの処方は1回2錠ではありませんか!
メジコンはこれまで何度も処方してもらい、確かに1回2錠飲んでいた記憶があります。しかし咳が出なくなり服用を中止して1年以上経つので、すっかり忘れていたみたい。8月下旬から咳が出始め、手持ちのメジコンを飲み始めた際に、完全に1回1錠と思い込んでいたようです。でも、「1回2錠に増量」と言ったとき、ドクターも気づかなかったのかしらん???
まぁ、これまでより増量していることは間違いないので、とりあえずこれで次の受診日までは様子をみることにします。

9月19日(木) 受診

  • 2013年09月19日

今日は3時半ごろに仕事を切り上げ、時間休暇で受診です。
8月の末からまた咳がひどくなり、血痰も出たり、また台風の後で急に冷えたせいか頭痛や微熱もあり、体調はいまいち。

受付をして診察室前のロビーに座っていると、すぐに名前を呼ばれて診察です。
まずは「咳はどうですか」とドクターからの質問があり、8月末から咳がひどくなり、メジコンを飲んでもあまり効かないこと。血痰がでるようになったこと。風邪かどうか不明だが、頭痛、微熱があり、体中が痛いことを申告。前回(8/22)の血液検査の結果を尋ねてみると、CEAは更に上昇し、1CTPも基準を超えています。薬を変えたのは7月下旬からなので、この血液検査は1か月しか経っていない。「薬を変えた直後に数値が上がることもあるし、もう少し様子をみましょう」というのがドクターの意見。
リュープリンを2か月中断したら月経が戻ってしまい、今はリュープリン+フェマーラですが、いつまでリュープリンを続けるかというのも悩ましいところ。「閉経したかどうかやきもきするより、卵摘したほうがいいと思うんですが」と言ってみましたが、ドクターは反対の様子。「手術にはリスクもあるし」って、そんなの承知で言ってるんだけどなぁ。とにかく、「今はリュープリン+フェマーラを続けるのが良いと思う」と結構頑固に主張するので、今日のところは大人しく引き下がりました。

隣室でリュープリンの注射を受けたあと、血液検査のオーダーがないことと、前回の血液検査結果のコピーをもらっていないことに気づき申告。

次回の受診予約時間を決め、血液検査に回り、会計をして終了です。
次回は10月17日(木)の予定です。

ページ移動