記事一覧

11月28日(土) 受診

  • 2015年11月28日

投与後1週間目の副作用チェック受診です。
わたし的には1週間目はあまり意味がなく、2週間目の骨髄抑制の確認のほうが重要ですが、一応、このクリニックのルーチンになっているので受診します。
今回は午前中に予定が入りそうだったので午後の予約にしましたが、結局予定は無くなり、なんとなく中途半端に午後から出かけました。

予定時間の午後3時10分ごろにチェックイン。まずは2階で採血です。今日の針刺しのかたはとても上手で、ほとんど痛みはありませんでしたが、血圧が低かったのかあまり血液の出がよくなく、3本取るのにいつもより時間がかかってしまいました。
その後6階へ。
血液検査の結果が出るまで時間がかかると思いきや、5分ほどの待ち時間で診察室に呼ばれました。
問診ではいつものとおりこの1週間の様子を聞かれるのですが、実は26日木曜日の夜に、虚血性大腸炎もしくは過敏性腸症候群の発作と思われる状況がありました。
夕食を食べた後しばらくすると、急激な腹痛と吐き気に襲われ、1時間ほど七転八倒(というより身動きできない)の状態に。強烈な腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、冷や汗、脳貧血・・・。全部出ちゃってなんとか落ち着いた後はぐったりし、気を失うように寝てしまいました。翌朝には8割がた回復していましたが、今思い出しても悪夢のようです。
これについては発熱もなく一過性のものだったため、ドクターとしてはあまり重要視しない症状のようです。
今日の血液検査の白血球数は3300ほどで、特に問題なし。ただ問題は2週間目なので、これからの1週間のほうが重要です。既に12月5日の受診予約は入れてあるので、もしそれまでに発熱があったらロキソニンとダラシンカプセルを飲むようにとの指示があり終了です。

今日もクリニック滞在時間は30分ほどで終了しました。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定