記事一覧

11月1日(金) セカンドオピニオン第一弾

  • 2013年11月01日

今日はセカンドオピニオン。

主治医から化療へのスイッチを勧められた当初は、あまりセカンドオピニオンを求めようという気にはならなかったのですが、どの選択肢がよいか判断の難しいときこそセカンドを取るべきと思い直しました。14年間の患者歴の中で培ったドクターとのコネクションを最大限活用し、複数個所にアプローチ。今日はその第一弾です。

今日行く病院は、腫瘍内科のA医師にも乳腺外科のC医師にも面識があり、どうせなら2人まとめてお願いできないかと事前にリクエストしたところ、意外にすんなりOKが出て、しかも最初の電話から8日目の受診というスピードでした。

仕事は午後半休して午後1時45分ごろ病院到着。まずは総合受付で事前に送られて来ている予約票を見せて手続きをします。セカンドオピニオン外来でも初診受付や診察カードの作製は通常通りのようで、2時を少し回ったころに腫瘍内科の受け付けに回りました。受付前のロビーで待っていると、ほどなく乳腺外科のC医師登場。手を振って挨拶。その後中待合いに案内され、診察室に呼ばれたのは2時15分過ぎぐらいでした。

セカンドオピニオンと言っても、場所は通常の診察室です。診療情報提供書は事前に送ってあり、両ドクターとも既にひと通りは目を通してくれている模様。先ほど腫瘍内科の受付で渡した画像資料は10/12のPET-CTのものがパソコンで再生されています。

「こんな豪華なセカンドオピニオンを実現して頂いてありがとうございます!」
「いやー、こんなところで○○さん(私)と話すとは思わなかった」
両ドクターとも、勉強会の打ち合わせやフォーラムの実行委員会等で会ったりしますが、診察は初めてです。
通常のセカンドオピニオンというものがどういうものか分かりませんが、いきなりざっくばらんに話が始まりました。

予想通り、結論は特にありません。閉経の判断も化療へのスイッチのタイミングも、これが正解というものはなく、今後の治療方針については1月あたりにCTをやって、その時の状況で判断するしかないね、という感じでした。

11/16から開始予定のゾメタについては、ほかの治療選択に影響があるわけでもないし、オマケで腫瘍縮小効果もひょっとしたらあるかもしれないので、やる方向で問題なし。

新たな発見としては、
1)5月にリュープリンを中断し2か月で月経が戻ってしまったため、また7月からリュープリン再開としましたが、もう少し様子を見てもよかったかも。月経が戻ったわけではなく、LHRH中止とTAMによる月経ではない内膜剥離の可能性もあるとのこと。現時点のLHRH+AIの状況ではLHRHを止めてみるわけにいかず、話がややこしくなっています。
2)化療にスイッチするとしても、場合によっては第一選択のタキサンやアンスラでなく、ジェムザールとかナベルビンとかCMFってのもありかも。今の状況なら化療は何から始めても大差なさそう。
3)気管支が閉塞し、無気肺になっている部分があるが、これはすでに固定してしまっているようなので、いじらないほうが却って良いかも。今の状態なら外部と遮断されているので、肺炎のリスクは少ないのではないかとのこと。

全部で約1時間、じっくり(というよりワイワイという感じで)お話し、最後に3人で記念写真(?)を撮ってもらいました。

コメント一覧

たまご

はいはい、そのたまごです(^◇^)
すっかりばあさんになってしまいましたよー。

2013年11月03日(日)16時09分 編集・削除

ココア URL

ブログでは、初めましてです(笑)
さすがリスミンさんと思わせる、
素晴らしく贅沢なセカンドオピニオン。
乳腺外科と腫瘍内科のドクターが
揃ってというのは、理想でしょう。
でも、これはまだ第一弾なんですね。
いろいろなドクターのお話を伺って、
BESTな治療になるといいですね。
先ずは、ゾメタの効果が出るといいですね!

2013年11月06日(水)17時22分 編集・削除

リスミン

ココアさん、コメントありがとうございます。
第二弾は11月11日の予定です。
なんだかワクワクしちゃうのですが、不謹慎でしょうか。

2013年11月06日(水)22時57分 編集・削除