記事一覧

11月11日(月) セカンドオピニオン第二弾

  • 2013年11月11日

今日は3時間休をとって午後2時15分に仕事を終え、急いで駅に向かいます。今日の病院は特急で2個目の駅から徒歩4分ですが、初めて行くので遅刻しないよう、小走りで病院入り口を目指します。
予定の時間に到着し、まずは受け付け。資料一式を渡し、20分ほど待たされた後、腫瘍内科の受け付けに行くよう指示されます。「画像データはウィルス対策のために全てウィルスチェックをします」という張り紙があったので、私の持参したCDも11枚すべてチェックしたのでしょう。ご苦労さまです。

エレベーターで2階へ行くと、中央にずらーっと待合い用の椅子が並んでいるホールのような場所の両側に、各診療科の受け付けと、診察コーナーへの入り口が並んでいます。腫瘍内科は内科とは別になっていて、ここだけ受け付けが外にありません。ドアを開けると中に中待合いと受け付けがありました。

受け付けに診察用の連絡ファイルと書類一式を渡すと、中待合いか外の椅子で待つように言われましたが、中待合いはかなり狭くて、既に何人も座って待っている様子。外で待つことにしました。
予約時間はもう過ぎているのですが、この規模の大学病院では待たされるのは仕方のないこと。あまり期待せず、のんびり待ちます。しかし、なかなか呼ばれず、さすがに待ちくたびれ。中待合いに居たと思われる人たちも何人か出てきて、ロビーにいる患者もほとんどいなくなり、「いくらなんでもそろそろ呼ばれるだろう」と思ったころ、ドクター自身が入り口に姿を見せました。

ドクターの後について中待合いの奥の診察室に入り、「よろしくお願いしまーす!」と着席。さて、どこからきりだそうか、ちょっとの間の沈黙となってしまいました。K医師に初めて会ったのは12年前。それ以後、様々な場面で会ったり話したりメールしたりする機会がありましたが、診察室で自分の病気について話すのは初めてです。

9月~10月に症状が悪化し、化学療法へのスイッチを勧められていること。自分としてはQOLの維持を最大の治療目的としているが、仕事の関係もあってあと1年は普通に仕事ができる状況にしたいこと。このところ症状が改善していることなどを話しました。

K先生は「ホルモン療法ならヒスロンが良いと思うよ。」
ヒスロンは11月1日のC医師にも提案されましたが、これ以上太るのは何としても避けたいところ。でも、ヒスロンは閉経前でもOKなので、リュープリンを止めてみて閉経かどうかを観察することができるという利点があります。K医師は「高用量トレミフェンもフェソロデックスもあまり期待できないけど、ヒスロンは意外に効く人が多い」と言います。ふむふむ。食欲さえ頑張ってコントロールできれば、アロマシンの次はヒスロンという選択肢もありかも。

卵巣摘出手術については、特に否定的ではない様子。全身麻酔については、「肺がんの手術でもやるんだから、大丈夫じゃない」とのこと。卵巣への放射線照射はお勧めできないという感じ。

もし、急激に悪化して化療にスイッチするとしたら、「主治医が勧めているタキサンやアンスラが一般的だけど、アバスチンもいいと思います」。アバスチン+タキソールは生存期間の延長にはならなくても、始めの頃の効きが良いらしいので、もし急激に悪化したらそれで抑え、大人しくなったらまたホルモン療法という選択肢もありそう。

あれやこれやと話して約1時間。主治医へは話した概要を郵送するらしい。今後の追加の質問等はメールでもOKということだし、今のクリニックでの診療が難しくなって、でもまだ緩和ケア病棟という状況じゃないというときには、転院も引き受けてくれそうでした。

コメント一覧