記事一覧

今後の展望

  • 2014年04月26日

2010年07月31日の自分の日記を見ると、以下のように書いてある。

 やり残すとしたら残念に思うのは、仕事のことぐらいかな。
 今途中になっているシステムの再構築は、なんとか破たん
 しないように道筋をつけたいと思う。
 特に仕事が生きがいってわけでもないけど、周囲を見回して
 みて社会的責任を一番負っているのは、仕事ぐらいだなー。

このときは、まだ再発を診断されたばかりで症状もなく、たまたま発見されていなければ術後11年の“治った患者”とほぼ同じ状況でした。
扶養家族もなく、マンションのローンも完済したし、親は4人とも無事に見送ったし、私が突然いなくなって困るのは、職場ぐらいでしょう。

その後、何事もなく3年経過したのですが、昨年夏ごろからいよいよ症状が出たり、最初の薬も効かなくなってきたりしました。「最低でもあと1年は仕事ができるように」とじたばたしたりもしましたが、幸いにも状態は改善し、今は相変わらず仕事をしています。

仕事人間ではありませんが、現在かかわっている仕事には、責任を感じています。在職中に病気休暇となり、まともな後任もいないままに働けなくなるのはあまりにも忍びなかったので、3月31日で正式に退職しました。おかげで、“まともな後任”が来て、今はそのサポートをしながら仕事を引き継いでいる状況です。
ただし、今年は5年に1度ぐらいのビッグイベントが控えていて、以前にも増して忙しくなってしまいました。
在職中に死んじゃうよりはまだマシな状況になったので、少々気は楽ですが。しかも病状は幸いにも改善して、まだ1年ぐらいはふつうに働けそうです。
このまま来年の3月31日まで無事に乗り切り、その後はしばらく悠々自適の生活を味わってみたいというのが、今の希望です。