記事一覧

がん患者の就労

  • 2014年04月27日

がんが早期発見され、かなりの割合で長期生存ができるようになったおかげで、がん患者の就労の問題がクローズアップされてきています。

昔は、がんが発見されるとかなりの割合で入院治療→職場復帰叶わず、という状況だったと思うので、治療しながら、あるいはがんを抱えながら就労するという状況への社会的対応が後手に回ってしまったのでしょう。

私の場合、初発の治療のときには、仕事を辞めるなんて考えもしませんでした。
当時は仕事を辞めても、同居人(配偶者)の扶養家族になれば、生活費や医療費は、とりあえずなんとかなる状況でしたが。

今、社会問題となっているのは、がんと診断されただけで解雇の対象となったり、派遣の仕事がなくなったり、再就職ができなくなったりということかと思います。
しかし、再発患者となってからの私にとっての就労問題は、「仕事が破たんしないようにするには、いつ、どのように辞めればよいか」ということでした。
辞めても代わりの人間がその仕事をやってくれるような状況なら良いのですが、ほぼ一人でやっている仕事だとそうはいきません。
自営業の人も同じような問題が発生するのかもしれません。

このままずるずると仕事をしていると、いつか状態が悪化して仕事ができなくなる。当然そのときは病気休暇になるわけですが、そのまま復帰できなかったら、私は自分で退職金がもらえないではないですか!
老齢年金はとうに諦めていますが、30年以上も務めた仕事の退職金ぐらいは、自分でもらいたいものです。
定年退職まで元気で働ける確率はかなり低いので、いわゆる「老後」「余生」は私にはないと思われます。
最後まで現役で、というかたもいるかもしれませんが、私は「余生」が欲しい! だとしたら、ある程度元気なうちに仕事を辞めて、自分で「余生」を作らないと!

人生の始末の付け方は、ほんとに難しいですね。