記事一覧

7月14日(水) 検査入院初日

  • 2010年07月14日

今日は気管支鏡検査のための入院の日。
朝9時に家を出る。荷物は2泊3日の旅行のようなもの。パジャマとスリッパとお箸持参というのがホテルとの違いかな? 山手線の駅までバスで行き、神田まで行って中央線快速に乗り換え、お茶の水駅に着いたのが9時50分。勝手知ったる病院のA棟14階へ向かう。スタッフステーションで名前を告げると、デイルームで待つようにと言われる。
少し待つと、担当の看護師さん(Sさん)が来て、生活習慣に関するアンケートを書いてくださいとのこと。どうやら患者の日常生活を把握するためのもののようだ。書いているうちに、女性のドクターがやってきて入院中の担当のHだと名乗る。もう一人、Tというドクターとチームで見るということ。これまでの状況を聞かれ、入院中の予定や、検査の内容の説明をかなり詳しく受ける。入院中の流れ、検査の方法やタイムスケジュール、合併症のこと、などなど。H医師は30歳ちょっとといった感じで、ハッキリした人。私的には好感が持てる。説明もよどみなく、かなり詳細にしてくれた。

更に少し待つと看護師が来て、今度は血液採取、血圧測定等。そして病室へ。1401号室だ。トイレや洗面所、お風呂など、周囲の必要なところを一通り案内をしてもらったあと、まだ入院手続きをしていないことに気づいた。「入院手続きがまだなんですが・・・」というと、1階へ行ってくださいとのことで、既に入院の腕タグを着けた状態で1階の入院受付へ行く。入院申し込みと、保証書と、問い合わせ用の確認票を書いて入院のしおりをもらい、部屋に戻る。その前後で、身長・体重を測ったり、尿検査をしたり、酸素飽和度測定や検温があったり。

携帯電話にメールが入っていることに気づいたら、Aさんからだった。彼女もかつてはこの病院に通っていた患者仲間だ。水曜日なので、お母さんの受診の付き添いでこの病院に来ているとのこと。だけどもう帰るらしく、私が気づいて返事をしたときには、既に遅すぎたようだった。

そうこうしているうちにお昼になり、食事が運ばれてきた。うどんとクリームパン。なんか変な取り合わせ。11年前の入院と違うところは・・・、デイルームで食事をする人がまったくいない。食事は放送がなく、(以前は、取りに来れる人は来てくださいと放送で言っていたが)すべて病室に運んでくれる。4人部屋のカーテンは閉めたままがほとんど。お風呂は9時から18時までで、18時以降はだめらしい。昔は21時までOKだったような気がするが、もう、今日は予約が埋まっていて使えない。残念。

午後になったら胸部レントゲンと、心電図の検査を受けるように入院時専用の診察券を受け取る。私は特に寝ている必要はないので、パジャマは着ずに、そのまま椅子で本を読むことにした。すると、今度は別の患者仲間のFさんから携帯メールが入り、今日は仕事が休みなので来てくれるということ。退屈なので、超嬉しい!

午後の早い時間にまずレントゲンを撮りに行く。1階の放射線部の受付に診察券を出すと、すぐに2番へどうぞと呼ばれ、撮影すると受付でフィルムを渡される。病棟に一旦戻ってフィルムをスタッフステーションに渡し、今度は3階へ。生理機能検査室では機械で受付をすると、すぐに呼ばれて心電図を取る。またデータの紙を渡され、病棟へ戻って紙と診察券を渡し、終了。今日の予定はこれで終わり。

ベッドで本を読みながら、Fさんを待つことしばし。午後4時過ぎに来てくれたので、病棟を一回りしてから、8階の庭園へ行こうとしたが、ちょうどH医師が現れ、診察をするとのこと。5分くらいとのことなので、Fさんには少し待ってもらった。
聴診器での聴診や触診などをする。胸を出したときに「あれ?」というので、再建していることを告げる。
診察が終わってからFさんと8階の庭園へ行くと、結構風が強い。そのあとお茶でも飲もうと場所を探す。昔は1階に喫茶コーナーがあったが、今はコンビニに変わっており、結局16階のレストランへ。ここはガラガラで、窓際に座るとスカイツリーがすごく近く見えた。Fさんはケーキセット、私はソフトクリームとカフェオレを頼む。しばらくおしゃべりをして退屈しのぎに付き合ってもらった後、彼女を1階の外まで送り、病棟へ戻る。

夕食少し前に、夜の担当ナースがあいさつに回ってきた。6時になり、夕食のメニューは鶏の西京焼とけんちん汁。けんちんといっても、豆腐は入っていない。となりの患者さんが、ご飯のときに痰をげーげーしているのが少々気になる。同室のほかの人は良識的な人らしく、お互い病人ということもあって文句は出ない。
その後、9時の消灯までの間は検温や血圧測定などがあり、パジャマに着替えて定刻どおり9時に就寝した。