記事一覧

素朴な疑問6

  • 2014年08月10日

がんが発生したときに本物かもどきかが既に決まっていて、本物であれば早期に発見して治療しても無意味だ、もどきならそもそも命を奪うことがないので治療は無意味だというのが近藤理論。だが、それなら、1期の生存率、2期の生存率、3期の生存率は同じであってしかるべきではないでしょうか。
現実には腫瘍は小さいうちに取り除いたほうが生存率が高い。もちろん、小さいうちに手術しても再発する場合もあれば、大きくても再発しない場合もありますが、手術のみが治療法だった時代でも、小さいうちに手術した場合のほうが、統計的に生存率は高かったはず。だからこそ、「大きく取れば治癒の可能性が上がるのではないか」という考え方も出てきたわけです。
ということは1期から2期、3期へと時間が経つ間に転移しているものもあると考えられるのではないでしょうか。

それに、近藤理論ではがんとがんもどきの二つしかなく、発生の段階で本物かもどきかがわかれているといいますが、「もどきが本物になることはない」という証明が一切ありません。どうして「もどきが本物になることはない」のでしょうか。