記事一覧

素朴な疑問8

  • 2014年08月10日

近藤理論では「本物のがんの場合は、発生したときに既に転移が起こっている」と主張しています。また、「転移巣の大きさからいつ転移したものか計算できる」とも書いています。

この二つのことを併せて考えると、元のがんが発生したときに既に転移があるなら、原発巣と転移巣のがんの大きさはほぼ同じなのではないでしょうか。例えば腫瘍の分裂速度が一定だと仮定すると、1センチになるのに10年かかるがんだとして、1センチの原発巣を切除して10年たってから1センチの再発が見つかったとすれば、切除する直前に転移があったと考えられないのでしょうか。

発生したときに既に転移が起こっているということと、がんの分裂速度はずっと一定だという二つのことは、矛盾しているように思います。