記事一覧

8月30日(土) 受診

  • 2014年08月30日

午前中は雨の予報でしたが、ほとんど傘はささずにすみそう。
9時半の予約ですが、クリニックに到着したのは9時15分。受付して2階の血液検査へ。
すぐに終わって今度は6階。
待合いロビーで待っていると、看護師さんが私の名前を呼びますが、診察に呼ばれているわけではなさそう。何故か、いつも問診で聞かれるようなことを予め聞かれます。
その後、ほとんど待たずに今度は診察室から呼ばれて入室。

問診で申告したのは以下のとおり。
8月中旬から血痰が出るようになった。ここ1週間ぐらいは明らかに血の塊ではないが、少し血の色が混じっているような痰がでる。
咳は8月中旬から出始め、だんだんひどくなっている。手持ちのメジコン(鎮咳薬)とムコダイン(去痰薬)の服用を再開した。
熱は出ていない。
胸の痛みはこの1か月の間に1回あり。
左上腕部から肩甲骨にかけての痛みは、だんだん薄らいでいる。
今朝は頭痛があった。

咳のこともあり、今日は胸部レントゲンを撮ることになりました。
血液検査の結果は前回とさほど変化はないとのこと。
ただ、前回撮った頭部CTに、ドクター的に少々気になる部分を見つけたようで、「たぶん問題ないと思いますが、一度頭部のMRIを撮りましょう」ということになった。

その後、ゾメタの点滴とリュープリン。今日は6番のリクライニングでした。今日のゾメタは何故か30分以上かかっていましたが、眠くて寝ていたので少々長くても問題なし。
終わった後、3階へ行って胸部レントゲンを撮り、6階へ戻るとすぐに診察室に呼ばれました。
胸部のレントゲンは、特に問題となるような所見はないようです。
1年少し前の画像と比べると、無気肺になっていると思われる部分が写っていますが、昨年10月のCTに比べればたいしたことはないし、逆に腫瘤の影は見えないぐらいの状態になっています。腫瘤が消えたわけではないでしょうが、無気肺の陰でうやむやになっているカンジ。

薬はアロマシンのほかにメジコンとムコダインを処方してもらい、前回の受診でお願いした緩和治療外来に持っていく画像資料をもらい、血液検査の結果も印刷してもらい終了です。

次回は脳の造影MRIを撮る予定で、9月27日の受診です。