記事一覧

10月24日(金) 受診

  • 2014年10月24日

ここ1年ぐらいは仕事の都合もあり、ずっと土曜日に受診してましたが、今月は土日で旅行に行く予定なので久々に金曜日受診です。

予約時間は14:30なので昼食後に家を出て、受け付けに着いたのは予約時間より少し早め。採血してから6階へ。
診察室に呼ばれて、ドクターは開口一番「咳、ひどくなりましたか? 熱、出ましたか?」
どうやら白血球の値が高かったようです。
ちょうど昨夜、38度越えの熱が出たところで、今日、その件を申告しようとしていたのですが、先を越されました。

8月中旬ぐらいから咳がひどくなり、ずっと続いている状態。最近特に悪化したわけではないですが、おさまりもせず、相変わらず続いています。

熱は昨年の例があるので朝晩せっせと測っていましたが、2週間ぐらい前から6度台後半になるようになり、2~3日前から7度越えに。昨晩はいよいよ38.1度まで上がってしまいました。風邪の様な症状はないので、おそらく腫瘍の関係だと思われます。
とりあえず予定通りゾメタとリュープリンをやり、その後肺のX線写真を撮り、再度診察で検討することにしました。

点滴用の針を刺してもらい、点滴室へ。今日は3番のリクライニングです。点滴は今日からゾメタのジェネリックになりました。先月までは瓶入り薬剤だったのですが、袋入りです。神奈川県立がんセンターの友人はヤクルトのだったそうですが、ここのはニプロ。時間や量はゾメタのときと同じです。
終了後に注射を打ってもらい、3階へ移動。
X線撮影は待ち時間もなく、すぐに撮ってくれてまた6階へ。
再診ですが、あまり待たずにまた診察室へ。
8月30日に撮った画像と比べてみましたが、肺炎にはなっていない様子。腫瘍の奥の白くなっているところが、少し濃くなっているようで、おそらく無気肺の部分のちょっとした炎症でしょうという診たてで、抗生剤を飲むことにしました。
腫瘍マーカーは先月とほぼ同じで、悪化の度合いはそれほど大きくはないという判断となり、基本治療であるアロマシンは変更なしです。

咳については発作的に咳き込むことがあり、なんとかなりませんかと聞いてみました。
昨年の肺炎ほどではないですが、炎症の影響があるかもしれず、抗生剤で改善する可能性もあります。しかし、抗生剤でも改善しない可能性も多々あるので、リン酸コデインを処方してもらいました。
副作用の便秘は出来れば御免蒙りたいのですが、抗生剤を1週間飲んでも改善しなければ、メジコンからのスイッチを試してみることにし、2週間分だけ処方してもらいました。

次回の診察は11月21日です。