記事一覧

7月15日(木) 気管支鏡検査の日

  • 2010年07月15日

入院初日は、午後11時半、午前2時半、4時半と目が覚め、そのたびにトイレに行くが、またすぐ眠れた。こま切れでも眠れなくなるということは、まったくないのが我ながら有りがたい。

朝、顔を洗い、着替えて、検温などを済ませる。今日こそはシャワーを浴びたいので、9時に予約を入れておく。木曜日は体重測定の日だ。私も測るように指示され、測ってみると体重は52.2kg。8時の朝食は検査のために量が半分だが、私には十分な量。昼食はなしの予定だ。
9時にシャワーを浴びようと部屋を出ると、何やら廊下に医者がいっぱいいる。木曜日なので教授回診らしい。事前に何も言われていなかったので「ま、いいや」とシャワーを浴びに行く。すぐに戻ると、即、教授がやってきて「診察します」とのこと。やっぱり、教授回診があったのね。
呼吸器内科の教授はI先生で、事前にネットで調べたところによると、就任して半年ぐらいらしい。まぁまぁよさげなドクターだ。一通り診察をして、胸の再建を褒められる。

朝のイベントが終了し、そのあとはずっと暇。本は読み切ってしまいそうだ。今日の担当はS看護師。11時に点滴(ラクテック注500ml)を入れる。お昼は抜き。1時ごろに筋肉注射があり、ボーッとした状態で車椅子に乗って、地下1階にある検査室へ向かう。
検査室には、5~6人のスタッフ(おそらく呼吸器内科の医師や研修医)がいる。まずスプレー式の麻酔薬を何度か深呼吸をしながら吸い込む。そのうえでX線装置付きの検査台へ仰向けに寝る。薬が目に入らないようにと、目はガーゼで覆われてしまう。マウスピースを加えて、検査開始。麻酔がしっかり効いていて、気管支鏡が入っていく感じは分からない。
周りの会話で、患部まで何度かアプローチし、組織を採取している様子はある。何回か採取したあと、どうやら最後に別の人に代わったらしく、いかにも下手な操作があり、むせて苦しくなってしまったので診察台を手で叩いて中止してもらった。
メインでやっていたのはH先生らしいが、最後のは研修医だろうか???

終わって、診察台から降り、ふーっという感じで車椅子に戻る。廊下へ出て担当看護師の迎えを待つ。待っている間、H先生も付き添ってくれた。検査の首尾を聞いてみると、どうやら採取はしたが、それで結果がきちんと出るかどうかは分からないし、採るときに患部が逃げてしまうような感触があり、うまく採れていないかもと言う。逃げてしまうということは気管支の内側に出てないので、乳腺からの血行性の転移かも知れないとも言う。特に話題もないし、私はまだ麻酔も効いているので、沈黙のままぼーっと看護師を待った。
やっと看護師が迎えに来て引き渡され、14階の病棟へ戻る。そのまま2時間、安静にしなければならない。麻酔の残りがあってぼーっとしているので、寝ることにした。

4時になり、S看護師が来て、水がむせずに飲めるかどうか確認。水はちゃんと飲めたので、もう大丈夫ということで点滴を抜く。これで、合併症が出なければ全部終了だ。さんざん「苦しい場合もある」と脅かされていたが、たいして苦しくなかった。ほっ。胃がん検診で受けた胃の内視鏡のほうが、よっぽど苦しかった。

隣の窓側のベッドの人は今朝退院したが、昼ごろにすぐに別の人が緊急入院で入ってきている。外来受診で、家が原因のアレルギー性肺炎と診断されたらしい。この人もH医師の受け持ちで、姓もドクターと同じくHさんという。痰をげーげーしている人はIさん。窓際のもう一人はSさんという韓国の人で、救急車で運ばれたらしい。呼吸器内科の患者ではないようだ。

気管支鏡検査の後、喀痰検査の容器を渡されたが、痰らしきものはまったく出ない。のどがオロオロするので出してみると、少し血が混じっている。時間をおいて2本分採取し、看護師さんに渡す。検体は少しでも多いほうがいい。

ずーっと暇で本を読んでいるので、持参の本は読み終わってしまった。そこで1階のセブンイレブンに雑誌を買いに行ったが、なんと財布を忘れ、いったん戻ってまたお金を払いに行く。
夕食はごく普通。サバの味噌煮。食後にコンビニにコーヒーを買いに行く。熱は少し上がっていて7度2分。9時就寝。