記事一覧

11月21日(金) 受診

  • 2014年11月21日

明日からは3連休。今月も土曜日から旅行の予定を入れてしまったので、2か月連続で金曜日受診です。しかも、午前中しか予約を取れなかったので、仕事は丸一日休みにしてしまいました。今年3月から9月までは怒涛の日々だったので、こんな日(通院のために一日仕事を休むことができる)がやってきたこと自体が嬉しいです。

さて、9時半予約のところ受付に着いたのは9時15分。いつも通り2階で採血をし6階へ。6階ロビーの待ち時間もほとんどなく診察室へ。

8日からリン酸コデインに変更しました。
咳は全体的には減少しましたが、発作的な咳は相変わらず時々出ます。
発熱で5日に受診した際に14日分処方してもらった抗生剤クラビットは、18日まで服用。8日に37.1度になった後はずっと36度台です。
14日未明に胃の激痛がありました。何年も前から時々出る症状と同じです。熱は出ませんでした。クラビットとの関係があったので手持ちのロキソニンは飲みませんでした。30分ほどでおさまってその後特に問題はありません。
リン酸コデインの副作用の便秘にはなっていません。別病院の緩和治療外来で緩下剤を出してくれたので、そもそもリン酸コデインには最初からマグラックスを併用しています。
最近腰痛があって、ちょっと気になります。
18日に膝を捻ってしまって痛いです。

大体こんなようなことを申告し、前回のCT(8月2日)から3か月以上経つことから、近いうちにPET-CTを撮ることにしました。
しかし、4週間後の受診日にはPET-CTの空きがなく、12月6日土曜日にPETだけ撮って、20日の定例の受診の際に結果も聞くことにしました。

私の現在の状況だと、インフルエンザや肺炎が最も要注意です。インフルエンザと肺炎球菌の予防接種はできるかどうか聞いてみたところ、同時は無理だが可能だとのこと。そこで先にインフルエンザのワクチン接種をし、しばらくして肺炎球菌のワクチン接種をしたいとリクエストしました。
ゾレドロン酸と同時の接種はできないということなので、6日のPETの後にできるかどうか調べておいてもらうことにしました。

今日の血液検査では白血球数は正常で、CRPも10月よりは下がっています。腫瘍マーカーの結果はまだ出ていませんが、前回のCEAは前々回に比べて特に上がってはなく、ホルモン療法は継続。薬は問診の結果いろいろ出してくれることとなり、アロマシン、メジコン、リン酸コデイン、マグラックス、ムコダイン、ブスコパン、クラビットと7種類にもなってしまいました。リン酸コデインとメジコンの併用もアリなんだそうです。ブスコパンは胃痛が出た時のため、クラビットは発熱した時のためのものです。

点滴の針を刺してもらって点滴室へ移動し、椅子は今回も3番。点滴の途中で咳の発作が出てしまい、看護師さんが2人がかりで背中をさすってくれました。見た目ほどは苦しくはないんですが、はたから見るとそうとう苦しそうに見えるようです。息苦しくもないのですが、機会があったら血中酸素飽和度でも測ってもらおうかしらん。

ということで、次回は12月6日です。

コメント一覧