記事一覧

口を閉じ、歯を離す。鼻呼吸する。

  • 2014年12月08日

ある健康情報番組で、扁桃炎が多い理由の一つに、口呼吸があるという情報を知りました。

鼻呼吸の空気の通り道には繊毛があり、細菌やウィルスを排除したり、胃のほうに運んで胃液でやっつけてしまうような仕組みがあるということ。
それが口呼吸をしてしまうと機能せず、扁桃(上気道)が直接外気にさらされてしまうので、空気感染をする感染症にかかりやすくなるということです。

確かに私は子供のころ、母親からしょっちゅう「口を閉じなさい」と叱られる子でした。
そして扁桃炎を起こしやすい子供でした。
もちろん、両者に関連があるとは夢にも思いませんでした。
母親の注意のおかげで意識して口を閉じるようになり、成長とともに扁桃炎も少なくなりました。

もう一つ、別の健康情報番組で、肩こりは歯を食いしばっていることがいけないという話を聞きました。歯を離すようにすると肩こりが解消するそうです。就寝中も歯を食いしばっている人は、朝起きた時にぐったり疲れていて、睡眠障害にもなってしまうとか。
私はどちらかというとヨダレを垂らして寝ていることが多いので、歯を食いしばって寝ていることはなさそうですが、口は閉じたほうがよさそうです。
そして、閉じた口の中の歯は離すようにしておく。
これは習慣づけるに越したことはありません。