記事一覧

口腔ケア─歯周病対策と歯根膜への刺激

  • 2014年12月10日

がん治療とは直接関係はないかもしれませんが、口腔ケアはQOL維持向上のためにとても重要です。

がん治療をやっているととかくおろそかになりがちですが、年齢や病状の進行や治療の副作用のために、満足に食べられなくなったり、寝たきりになりがちのときに、歯が健康であるかどうかは重要なポイント。骨転移があり、ゾレドロン酸の投与を受けているなら尚更です。

いずれ来るかもしれないその時に備えて、元気なうちから虫歯治療・歯周病対策はやっておくに越したことはありません。
骨転移が進んでからとか、認知症になってからとか、寝たきりになってからでは間に合わないのです。

歯と歯茎をつないでいる歯根膜への刺激は、脳の活性化に大きな影響があるそうです。
認知症の高齢者や寝たきりの高齢者が、歯根膜への刺激、つまり“噛む”ということが適切にできるようになると、劇的に症状が改善するという事例が多数あるとか。
ウツの改善にも効果があるとか、やる気スイッチもつながりがあるみたい。
入れ歯の場合には適合するように調整するのが良いらしいですが、自前の歯がちゃんと残っているのに越したことはなく、そのためには虫歯治療と歯周病対策が欠かせません。

幸い私は40代半ばの頃に歯周病治療を始める機会があり、治療自体が一段落した後も、歯周病対策を継続して行っています。おかげで自分の歯は1本も失っていません。歯周病専門の歯科医と懇意になったことも大きな安心で、骨転移が発覚してゾレドロン酸投与の時も、特に大きな心配なく始めることができました。
がん治療の副作用では、口内炎ができやすくなるというのもよくあることです。そんなときにも口腔ケアは重要で、かかりつけの歯科医がいるというのは有難いです。

最近の研究では、歯周病菌が様々な病気の原因に関係しているという報告もあるようです。
単に美味しく食べれるかどうかだけでなく(これもかなり重要ですが)、口腔ケアはQOLの重要ポイントです。