記事一覧

12月20日(土) 受診

  • 2014年12月20日

このところ、北海道や北陸は大荒れの天気のようですが、東京もすっごく寒いです。
ばっちり寒さ対策をして、でも袖はまくれるようにして出かけます。
信号待ちをしている間にバスが2本行ってしまい、もっと本数の多い一つ先のバス停まで歩くことにしたのですが、更に1本乗り損ね。それでも山手線並みに来るバスなので2分ほどで次のバスが来ました。
こんなに本数が多いのに駅に着くころには超満員で、最後のバス停2つほどでは「次のバスにお願いします」という状態に。

さてさて、ほぼ予約時間どおりにクリニックに到着し、まずは2階で採血。その後6階へ。今日は私の前に3人ぐらい診察に呼ばれたので、団地ともおを見ながら少し待ちました。

呼ばれて診察室に入ると、ドクターは私が荷物を置いて椅子に座る前に「咳はどうですか」と質問。せっかちなのか、予約が多くて焦っているのか、でももっとゆとりをもって問診してほしい、と感じます。
咳発作は12月上旬からほとんど無くなったこと。でも腰や背中は鈍痛があること。熱は出ていないこと。おなかも胃も痛くなっていないこと。などを申告。
6日のPET-CTの結果は速報で教えてもらったとおり、ほとんど変わりなし。肺の腫瘍も現状維持。大きさは3センチ以下のようです。無気肺も特に悪化していない。胸骨の転移巣はちょびっとしかないですが、それも相変わらずちょびっとだけ。その他の骨や肝臓等には新たな転移は見つからないということでした。
というわけで、治療も現状維持です。

今日の血液検査の結果は、CRPは平常時に戻っていました。
先月の腫瘍マーカーは、先々月に比べるとCEAと1CTPが若干上昇。でも一番多い時ほどではないし、引き続き様子見です。

ところで、私は血中酸素飽和度を最近測ったことがないので、測ってもらえないかと聞いてみました。症状として息苦しさがあるわけでなく、私の無気肺の程度なら問題となるような状態ではないそうですが、自分の現在の状態を知りたいということでやってもらうことにしました。パルスオキシメーターで測るのであれば簡単なので、後でゾレドロン酸の点滴中にやってもらうことになりました。

次回の診察日を決め、点滴の針を刺して終了です。
「今年はこれで終わりですね。良いお年を」と言って診察室を出、点滴室に移動。今日は7番の椅子です。
ここでkindleを使ってよいか看護師さんに尋ねたところ、大丈夫ということなので、今日は本を読みながら点滴する、じゃなくて点滴しながら本を読むことにしました。(あれ?どっちでも同じか)
さっそく別の看護師さんがパルスオキシメーターを持ってきてくれたので測ってみると97%ぐらいです。ふむふむ。
この後ゾレドロン酸の点滴を済ませ、リュープリンを打って終了です。

次回は1月17日(土)です。