記事一覧

緩和外来受診

  • 2015年01月26日

今日は15:20の予約。
せっかく錦織君の試合を見てから行こうと思ったのに、試合開始の時間が遅くなって開始時間にはもう家を出る時間となり残念。
しかも、昨夜から頭痛がしていていやなカンジ。熱を測ったらまだ36.8℃でしたが、絶対にこれから熱が出る気配。

病院へは15:00ごろ到着。ちょうどロビーで錦織戦を中継していたので、これ幸いと待ち時間に観戦。1セット終わったところで中待合いに呼ばれました。
中待合いに入るとすぐに診察室へ。
前回の受診の後からの咳の症状を話し、現在の治療を報告し、他には特にすることはありません。

次回は3月2日。ドクターから話しておくことがあるということで年度内の受診を促されたのですが、どういうことでしょうか。私の症状があまりにも変化なしで緩和外来ですることがないので、一旦終了にし、再度必要になってから改めて初診でかかるようにと言われるのか?と思いましたが、そうなったら、最近の緩和治療の中で推奨されている「初期からの緩和ケア」に反するのではないかと突っ込んでみようと思います。
あるいは、ドクターが他の病院に移るのか。どこの大学病院に教授として引き抜かれてもおかしくないかたなので、それもありかもです。そうなったら、ドクターについていくのか、病院に残るのか選択しなければなりません。
うーん、どんな展開になるのでしょうか。

帰宅したら案の定38度越えの発熱。即、寝ました。