記事一覧

1月31日(土) 臨時に受診

  • 2015年01月31日

1月26日に38度超の熱を出し、頭痛もあって2日間は大人しく寝ていました。インフルエンザ様の症状はないので、どうやら扁桃炎か肺の炎症のようです。
熱が出たら飲むようにと、クラビット(抗生剤)が処方されていたので27日から飲み始めたのですが、咳はひどくなる一方。
先週まで早朝に痰が出ると一日ラクな状態が続いていたのですが、今週になってからは逆に痰が出ません。出ても透明なもので、貯留していたのが排出されているカンジではありません。
気管の奥がむずむずして咳が出るのですが、痰が出ないためにいつまで経ってもすっきりしない状態が続きます。
熱はすっかり下がり、咳以外は体調も悪くないので、28日水曜日から出勤していますが、今朝は起きたら左の肋骨がかなり痛みます。咳のしすぎで折ったかもしれません。
肋骨の痛みの件と、クラビットをいつまで飲めばよいか、咳や痰をなんとかする方法はないか、ドクターと相談してみようと考え、朝クリニックに電話を入れました。
午後1時半なら診察可能ということで行くことにしました。
それまでは痛む肋骨を庇いながら、ゆっくりのんびり掃除と洗濯を片付けました。

クリニックには1時20分ごろ到着。血液検査をし、胸部レントゲンを撮ってから6階のロビーで待ちます。
急な予約であることと、画像や血液検査の結果を待っていることもあり、診察室に呼ばれたのは2時近く。前回受診の1月16日以後の状況を話すと、画像上はほんの少しですが、やはりその時よりは肺に炎症が出ている様子です。肋骨は折れている様子はなし。軟骨にヒビが入ったか、肋間の筋肉痛でしょうとのこと。全体として血液検査結果も画像上もたいしたことはないのですが、問題は咳。26日に受診した緩和治療外来ではこれ以上強力な鎮咳薬としてはオプソ(モルヒネ)という話があったのですが、主治医のドクターとしては薬で抑えるのではなく、肺の炎症を解消するほうがお勧めのようです。クラビットは既に5日間飲んでいるので他の抗生剤をダブルで試してみることにしました。それと、痰がちゃんと出ると調子がいいので、痰を出やすくする薬として現在のムコダインの他にもう一つムコソルバンをダブルで飲んでみることにしました。作用機序が少し違うようです。
ダブル抗生剤というのは禁忌ではないが、普通はあまりやらないみたい。でも1週間程度の短期であればいいかなということで、短期集中の投薬治療を試してみることにしました。

帰りに地元の調剤薬局で処方箋を出すと、なかなか薬が出てきません。やっと呼ばれるとダブル抗生剤の理由をしつこく聞かれてしまいました。ふぅ。