記事一覧

緩和治療外来受診

  • 2015年03月02日

前回の受診時に年度内の受診を促され、めずらしく1か月少々のスパンでの受診です。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=157

今日の予約は時間もめずらしく午前11時。仕事のほうはホントは月初は休みにくいのですが、何とか調整して1日有給休暇です。
終了後は平日昼間でなければできない用事を済ませる目論見。

病院に到着して受け付けをしたのが11時10分前ぐらい。結局診察室に呼ばれたのは12時過ぎで、普段通院しているクリニックとは大違いです。こういうところが大きな病院は面倒です。
待っている間、初めのころはKindleで『吾輩は猫である』を読んでいたのですが段々眠くなってきたので途中からは院内患者観察に変更。もちろん患者ばかりでなく、付添いとか家族もいるとは思いますが、意外に若い人が多いです。

さて、診察ではあまり報告することはありません。
前回の受診日(1/26)の夜に38度超の熱を出したこと。翌日には下がったが抗生剤を5日間飲み、1/31に主治医のところに受診してさらに別の抗生剤をダブルで1週間飲んだこと。咳や痰はあまりひどくはないが、治まってはいないこと、などなど。

で、ドクターの話はご自身の退職のことでした。
今年度限りでこの病院を辞め、かねてよりやりたいと考えていた在宅緩和を始めるとのことでした。開業ではなく、在宅医療をやっているクリニックに移るとのこと。
後任のドクターは決まったとのことで、大学病院からいらっしゃるそうです。
私の受診の目的は緩和病棟への入院(もちろん必要になった際ですが)なので、在宅をやるドクターについていくわけにはいかず、後任のドクターに引き継がれることとなりました。
ということで、このドクターの診察を受けるのは今日が最後です。
次回は、何か変化があったら電話で予約して受診することとし、終了です。