記事一覧

3月27日(金) 臨時に受診

  • 2015年03月27日

23日月曜日の夜から発熱があり、24日朝から抗生剤のクラビットを飲み始めたのですが、朝は平熱で全身状態は悪くないにもかかわらず、夕方になると38度超の発熱という状況が改善しないため、クリニックに電話して急きょ診察を入れてもらいました。抗生剤は他にも手持ちが2種類あるのですが、セフゾンに変えてみるかどうか、やはり主治医の意見を聞いたほうが良いとの判断。(メールで聞くと「受診してください」って言われるし。当然ですが)
年度末で仕事はお尻に火がついているのですが、なんとか時間休をとってクリニックに向かいます。

3時15分の予約のところ5分前に受け付けでき、15分には診察室に呼ばれました。発熱の状況を話すと予想通り血液検査と胸部レントゲンを撮るようにとの指示。20分には血液採取をし、25分には画像検査の受け付け。35分にはX線の撮影をし、45分にはまた乳腺外科の待合いロビーに戻ります。血液検査の結果が出るのを待って診察室に呼ばれると、これも予想通り白血球とCRPが上がっていて、抗生剤を変えましょうということになりました。今度の薬はダラシンというカプセルで1日4回服用するもの。経過を確認するために4月4日の受診予約を入れ、16:10には診察終了。

変更した抗生剤はさっそく今晩から飲むようにとの主治医の指示なので、帰宅途中に薬局に寄りました。混んでいたせいもあり「なかなか呼ばれないなぁ」と思っていたら、またまた薬剤の数量が不足しているとのこと。不足分は後日取りに来ることとしました。
受け取って気づいたダラシンカプセル。1日4回服用とのことですが、要するに6時間おきに飲むのです。間隔はあまり短くならないほうが良いようで、食事とは無関係に朝6時、正午、夕方6時、夜の12時の4回。服用管理が大変です。