記事一覧

6月3日(水) 外来手術で中心静脈ポート埋め込み

  • 2015年06月03日

今日は日帰り手術です。

10時20分ごろに受け付けをした後、まずは6階へ。
待ち合いに行くとほどなく担当看護師のSさんが登場し、着替えに案内されます。全部終了するまでロッカー室には戻らない予定とのことなので、術後の休息時間に読むKindleなどをエコバッグに入れて準備。検査着への着替えは全部脱いで、ショーツもディスポーザルにはきかえます。これは、患者の静脈の具合によって万が一の時に下半身に埋め込むこともありうるらしいので、その備えです。
着替えが終わると検温と血圧測定。数値に問題はありません。
少し待つと診察室に呼ばれ、ドクターから軽く本日の内容の再確認をします。すぐに隣室に移り、エコーで挿入部分の静脈を確認します。ドクターは画面を見ながら、「これが静脈」などと説明してくれました。
静脈の位置を確認しらたマジックで印を付け、事前の準備は終了。反対側のドアから処置室を出て、担当看護師さんと一緒に3階の画像センターへ移動します。

エレベーターで画像センターに行き、準備が整うのを待ってX線撮影室に入ったのが11:00。手術室ではないですが、X線写真を確認しながら行うので、ここでやるそうです。
入室するとすぐにX線の撮影台に乗って手術の準備です。局所麻酔なので手術の様子が見れるかと思いきや、青い不織布で該当箇所以外を覆い、顔のほうもその布でカーテンのように遮断されてしまいました。(残念!)
ドクターと会話しながら手術を進めるのですが、ポート埋め込みの場所を消毒し、まずは麻酔の注射です。最初はちょっと痛いです。「ちくっと感じる」というと適宜麻酔を追加しながら進めていきます。時々X線の画像を確認しながら、中心静脈にカテーテルを挿入。その後、ボタン型のポートを皮膚の下に埋め込みます。
http://chemo-support.jp/medical-apparatus/cvport.html
仰向けの状態で行うので咳が出るのが心配でしたが、奇跡的にこの手術中は咳が出ませんでした。(不思議・・・)
16年前の初発の手術のときも同じドクターでしたが、その後は手術には縁がなく、今回は16年ぶりの手術です。看護師さんへ指示する声などを聞いていると、ドクターはやっぱり外科医だったというのを再認識しました。
終わったところで
ドクター「咳が出ませんでしたねぇ」
私「ホント、奇跡的に出ませんでしたねぇ」
ドクター「手術がスムーズにできないかと心配したけど、もう咳してもいいですよ」
我慢してた訳でもないですが、なぜか終わったとなると咳が出ます。
ドクター「アブラキサン1回目で咳が出なくなる人もいますよ」
私「はぁ」
ドクター「疑ってるみたいですが、ほんとですよ」
私「ふーん」

終了して画像センターを出たのが11:40。6階に戻り、化学療法室で体温と血圧測定をします。水曜日は手術の日なので化学療法の患者は誰もいません。貸し切りです。4番のリクライニングで1時間ほど休憩。始めはKindleで本を読んでいましたが、後半はうとうと。50分ほどしたところでドクターが現れ、傷を確認し、分厚いガーゼから薄い保護テープに張り替えてくれました。
最後にもう一度検温と血圧測定をして今日の処置は終了です。

着替えて会計をするとちょうど1時ごろ。
院内処方で抗生剤5日分ととんぷくのロキソニンが出ました。
デニーズでランチを摂り、その後新宿のユザワヤに出かけました。

明日は朝イチで創チェックです。