記事一覧

7月30日(金) 診断出る

  • 2010年07月30日

気管支鏡検査から2週間後、今日は検査結果を聞きに行く日だ。退院のときに予約票をもらってあるので、予定通り3時に職場を早退し、病院に着いたのは3時40分。
1階ロビーの機械に受診券を入れて再診受け付けをし、3階の呼吸器外来へ行く。それから待つこと延々2時間。こんなことなら3時間休でなく、2時間休にしておけばよかった。
待合ロビーに残り2人ぐらいになって、やっと診察室に呼ばれた。医師は初診のときと同じT先生。今日は37番診察室だ。机の上のモニターには、検査結果(病理部の所見)が表示されている。「僕も見たばかりなので」と言っているので、先に十分検討しているというわけではないらしいが、気管支鏡検査の時に採取した4つの検体のうち、1つ目にがん細胞が検出されているので、がんには間違いないとのこと。ただ、それ以上の判断は難しいらしい。免疫染色をやっていて、ERだけがプラス。原発の肺がんの場合には、TTF-1というのが陽性になるらしいが、これが陰性。病理の所見としては「肺原発の可能性は積極的には言えない」というもの。11年前の乳がん手術の際の検体との比較もやってくれていて(当然だが、同じ病院はこういうところが便利)、「類似した組織像を呈しており、乳癌マーカーGCDFP15は陰性でありますが、乳癌の転移が最も考えられます。」というものだった。

この病理所見を受けて、呼吸器内科としては乳腺の主治医に戻すのが基本と言う。ただ、病理のセカンドオピニオンは受けた方がいいような感じである。
別の施設で病理の所見をもらう場合、通常はプレパラートの貸し出しだが、再度標本を作る場合もあるとのこと。ただし、検体が小さいので、もうこれ以上プレパラートは作れないかもしれないとも言う。もう1回気管支鏡をやるという選択肢もないわけではないし、切除生検や穿刺吸引細胞診、あるいは針生検という方法もあるが、私の場合はかなり肺の深いところにあるので、手術は大がかりになってしまい、切除生検も細胞診も針生検もお勧めできないらしい。やったとしても、今以上の詳しい結果が出るかどうかも分からない。手術しても今と同じくらいの情報しかわからなければ、無駄になってしまう。どうやら、今の検体を別の病理医に診てもらうぐらいがせいぜいのようだ。

近いうちに乳腺の主治医を受診するというと、呼吸器内科からの手紙(検査依頼の返事)は今日はできないので、週明け8月2日月曜日の8:30までに用意しておくと言う。それ以降ならいつでも良いので、3階呼吸器外来の受け付けに取りに来るようにとのことだ。

咳がかなり出てうっとおしいと言ったら、気管支鏡検査のせいでそうなることが良くあるとのこと。私の場合は検査前から咳が出ていたが、T先生としては「腫瘍のせいで咳が出るとは考えにくい」ということ。咳止めの薬と抗生剤を出してくれるということなので、お願いした。どのみち、対症療法しかできないし。

診察室を出たのは6時少し前。1階で会計を済ませ、すぐに携帯メールで乳腺の主治医に第一報を入れた。今日は外来がある日なのでクリニックにいるはずだけど、返事はすぐにこなかった。

帰り道、いつものとおり漠然と自分の気持ちを確認してみると、やっぱりショックは受けていないようだ。鈍感なのか、あまり大ごとだと理解していないのか、あるいは自分が比較的早く乳がんで死ぬという事実が、まだピンとこないのか。
初発の告知よりも、転移の告知のほうがショックだったという人が多いけど、私は初発のときも、今回も、自分ではショックと言う感じがしない。
11年で15mmということにタカをくくっているのか。
退職まであと10年あることを考えると、私は退職前に死ぬ可能性が高いし、年金も65歳からなのでおそらくもらえないだろう。でも、ここ1~2年ですぐという可能性は少なそうなので、仕事はきりをつけたいし、一定レベルは片づけられそう。治療も、すぐ抗がん剤にはならなそうなので、ホルモン療法をやりながら経過観察かな。
この11年間乳がんと対峙してきて知識も蓄積されたし、いろいろなケースを見てきたことが、自分のこころの免疫になっているのかもしれない、だからショックをうけないのかなというのが、今の自分なりの解釈である。

とりあえず、身近な人たちにはメールで診断結果を報告した。同僚3人はがんのことを良く知らないせいか、原発肺がんと乳がんの肺転移の違いが良く分からないようだ。