記事一覧

緩和治療外来受診

  • 2015年06月10日

3月2日の日記に書いた通り、これまで外来で診ていただいていたドクターが3月末でお辞めになることとなり、今日の外来は新しいドクターとの初対面です。

予約は11:30。11:15に再来機で受け付けをし、外来の受け付けに持参したCTのCDを預けました。受け付けの伝票を見ると、今日の外来は後任の部長とは違うドクターのようです。さてどんなドクターでしょうか。
呼び出し機が鳴って中待合いへ移動したのが12:00ごろ。以前のドクターは中待合いで待つことはなく、前の診療が終わってから呼び出し機で呼ばれましたが、今日は前の診療中に中待合いに呼ばれました。診察室の中からはドクターと思われる声がかなり響いてきます。10分ほどすると診察室からは年配のご夫婦が出てきて、少しすると呼び出し機が鳴って診察室へ。
中に入ると40代ぐらいのドクターが立ち上がって挨拶してくれました。私も「初めまして」と挨拶。

さて、ここ3か月ほどの状況の報告と合わせて、初対面の私の状況を把握してもらうためにざっと経過を話したのですが、どうやらこのK先生は話し好きみたい。今日持参したCDの画像と、前回(12月)のPET-CTの画像を見比べながら「これが邪魔して無気肺になってるんだねー」とか、腫瘍マーカーの数値の経過を見ながら「あんまり上がってないじゃない、あ、でも最後のは反応してる」とか、いろいろしゃべりまくり。声も張りがあって結構デカイです。麦門冬湯を飲んでいるというと「シブいねぇ」を連発。

私が、現在飲んでいる鎮咳薬と去痰薬がてんこ盛りなのを示して、作用機序について質問すると、ムコダインとムコソルバンの作用機序について詳しく説明してくれました。どうやら呼吸器系がベースのドクターみたい。「痰がちゃんと排出できるといいんですが」と言うと「一度鎮咳薬を止めてみたら?」とのたまう。私の想像どおり、鎮咳薬と去痰薬は相反する作用のようです。「止めてみて咳が酷くなって大変なら再開すれば」という提案なので、やってみることにしました。

今週末から化学療法を始めるので、その結果が出るころに次の受診をするということにし、次の予約は9月2日(水)です。

コメント一覧