記事一覧

6月13日(土) 初Chemo!

  • 2015年06月13日

いよいよ今日はアブラキサン投与1回目です。

一番早い時間でお願いしてあるので、受け付けは8時半。家を出るのは普段の出勤より早い時間です。
今日はすんなりバスに乗れたので早い時間にクリニック到着。健康保険から出してもらった限度額認定証を提示し、受け付け開始まで少々ロビーで時間調整です。同じように受け付け開始待ちの人が10人ぐらいはいたでしょうか。8時半になると順番に名前を呼ばれて其々のフロアに散っていきます。私も名前を呼ばれて院内連絡用のブルーファイルを受け取り、まずは2階へ。同じコースと思われる人が私の前に2人います。2階で血圧を機械で測ってから同じフロアの血液検査へ。名前を呼ばれ、体重測定をしてから血液採取。その後6階へ移動。6階の受け付けに着いたのはちょうど9時でした。受け付けにあらかじめ書いて持参した問診票を渡し、ロッカーを指定されてロッカー室(更衣室)へ。
ここで、実はロッカー室は2か所(化学療法用と検査用)あるのであまり広くないフロア内で迷ってしまい、再び受付でロッカーの位置を教えてもらいました。
ロッカー室には一人、使用中の人がいましたが、私と入れ違いに退出していきました。ここで着替え等の準備をします。ポートが胸に埋め込んであるので、上半身はもちろん着替えますが、下は不要かも。でも、今日は抜糸もするし、点滴中に検査着のほうがゆったりできるので、下も着替えます。
私はここで足を締め付けるタイプのソックスに履き替えました。足の抹消神経対策に多少は効果があるそうです。指先を冷やす保冷剤や、読書用のKindleなどを手荷物にまとめて準備完了。最後に出口においてある体温計で検温し、体温計もブルーファイルに挟んで化学療法室の入口の所定の場所に置きます。
待ち合いロビーで待っていると順番に看護師さんの確認(問診)があり、その後ドクターの診察→点滴という流れです。
点滴前には血液検査の結果も確認する必要があるので、結果が出るまで少し待ち時間があります。診察室に呼ばれたのは9時半ぐらいだったでしょうか。

診察室では、今日の点滴薬の副作用の確認をしながら、その対応用の薬の処方が中心です。吐き気が出たら吐き気止め(カイトリル、ナウゼリン座薬)、熱が出たら解熱剤と抗生剤(ロキソニン、フェロモックス)、便秘になったらマグラックス、でも私はどちらかと言えば下痢になる可能性のほうが高いので、下痢になったらブスコパン。そのほか、咳症状のための鎮咳薬、去痰薬などなど。てんこ盛りの処方です。
今日の血液検査の結果は特に問題なしということ。
最後にポート挿入部の抜糸をし、点滴用の針を刺して準備は終了です。

そのまま化学療法室に移動して2番のリクライニングに落ち着いたのが9時45分ごろ。さっそくいつものゾレドロン酸の点滴開始。アブラキサンは調合にやや時間がかかるので、ゾレドロン酸の後のようです。
ゾレドロン酸の点滴がいつもどおり約30分で終わって、点滴バッグを変えて次はアブラキサン。白濁してどろっとした感じの液体です。点滴もぽたぽたでなくぼたぼたという感じで落ちます。まぁ、体に入ってすぐに反応するわけでもないので、特に変化なし。これも約30分で終了し、最後に生食を15分流し、血圧と体温を測定して終了です。
看護師さんから院外処方箋の説明が再度ありましたが、ここでリリカを出してもらってないことに気が付き、処方してもらえるかどうか話してみました。着替えをしている最中にドクターに聞いてみてくれるということです。
患者間の情報では、タキサン系薬剤の抹消神経障害や筋肉痛・関節痛によく効くとのもっぱらの評判なのです。看護師さんはこのクリニックでは出したことがないと言っていましたが、ドクターが直接話してしてくれるということで、着替えも早々に診察室に移動。意外にすんなりリリカを処方してくれて、「リリカカプセルを服用される方へ」というパンフレットまでくれました。

6階の受け付けで来週の来院時間を決め、1階に移動したのが11時20分ごろ。10分ほどで名前を呼ばれましたが、健康保険の限度額が今日の分しか適用されていません。先週の日帰り手術で既に限度額近くまで払っているのでその旨を言うと再計算してくれて、支払いは3,480円でした。本来なら今日の分だけで8万円ぐらいかかるところです。もちろん、高額療養費の申請をすれば戻ってきますが、それでも一時的に払わなくて済むのは助かります。

全部終了してクリニックを出たのが12時ごろでした。
次回の来院は6月20日(土)の予定です。