記事一覧

アブラキサンの副作用

  • 2015年06月16日

アブラキサン投与の2日後、いよいよ副作用が出てきた。

13日土曜日に1回目の点滴を行い、当然のことながらその日は特に変化なし。翌日曜日も副作用らしきものはなかった。
実は、吐き気止めのカイトリルが処方されていたのですが、薬局に在庫がなく、月曜日の午後にならないと入手できない。早期に出現するとしたら吐き気だと思われるが、結局吐き気はなく、ひと安心。

15日月曜日になって腰から下の違和感が出現。しびれと痛みとだるさが入り混じった感じで、普段通りサッサと歩くことができない。これがパクリタキセル特有の手足のしびれ&関節や筋肉の痛みと思われる。むずむず足症候群にしびれをプラスしたみたい。
ただ、仕事中はサッサと歩くことができないぐらいで、他に支障はなかった。
リクエストして処方してもらったリリカは15日朝から服用を始め、昼からはロキソニンも服用。
ところが、夜になってだんだん症状が強くなり、夜中にトイレに行くのも大変ってカンジ。そうこうしているうちに熱も出てきたので、抗生剤フロモックスを服用開始。就寝前は37.4度だったのが、夜中に目が覚めたときは38.7度、朝起きると39.2度まで上がってしまった。これでは出勤できない。とりあえず午前中は時間休をお願いし、再びベッドへ。10時半ごろには平熱になり、症状も軽くなったので午後から出勤したが、その後は特に問題なし。相変わらず下半身の違和感はあるが、仕事ができないほどではない。今日も忙しかったので午後からでも行って良かったと思う。
手のほうは右手親指が集中的にしびれているぐらいで、あまり不自由はない程度。

さてさて、どうやら吐き気は大丈夫そうですが、この後どうなることやら。不思議なことに副作用が出てきてから咳はほとんど出なくなった。これって薬が効いてるってことでしょうか?

脱毛は必至ですが、早くても10日ぐらい経ってからのはずなので、これからですね。
あとは便秘か下痢か。

ちなみに、鎮咳薬を休薬して様子をみる試みは、咳があまりにひどくなり、かえって痰も出なくなってしまったのであえなく断念。13日夜からリン酸コデインのみ服用再開しました。

コメント一覧