記事一覧

6月20日(土) 受診

  • 2015年06月20日

きょうは投与1週間目ということで、副作用の状況確認のための受診です。
まずは採血をして、それから診察。骨髄抑制は1週間後が最も強く出るそうで、このタイミングになるようです。でも、白血球数は3000を超えていて特に問題なし。「思ったほど下がってないですねー」とドクター。
吐き気も便秘も下痢もなし。
手足のしびれはありますが、これはやむをえないレベルで特に問題なし。
発熱は一時的にありましたが、それも短時間のみで問題なし。
湿疹やテープかぶれやカミソリ負けが発生していますが、アブラキサンは湿疹が出やすいとか。改善しつつあるのでリンデロン軟膏のみ処方してくれました。
脱毛はまだ1週間しか経っていないので発生していません。

ということで、2回目の投与は延期せずにできるのですが、乳癌学会の関係で1週遅れの7月11日(土)になります。
ゾレドロン酸については、既に1年半ぐらい4週ごとに投与しているので、アブラキサンの点滴と合わせて3週1回でなく6週1回にしたいとリクエストしていたのですが、最初に言ったときはかなりシブい回答だったのに、今日は意外にも「次回はゾレドロン酸なしにしましょう」とすんなりリクエストに応じてくれました。どういう風のふきまわしでしょうか。

ゾレドロン酸は顎骨壊死のリスクがあるので、効果が変わらずにリスクが減らせるのであれば3か月に1回にしたいところです。
http://www.cancerit.jp/28057.html
とりあえず、更にリスクが高まる3週1回は免れたので良しとしましょう。

クリニックの滞在時間は約50分。前回提示した高額療養費限度額認定証のおかげで会計はなしでした。
途中で何事もなければ、次回の来院は7月11日(土)です。

コメント一覧