記事一覧

アブラキサンの副作用-私の場合

  • 2015年08月02日

まだ3回しか投与してませんので、今後どうなるか分かりませんが、覚書として書いておきます。

●吐き気
ほとんどありません。
一度だけ、2回目投与の3日後の午後になんとなーく気持ち悪くなり、3時ごろからは本格的に吐き気を催してしまいました。
しかし場所は職場で仕事中。しかも、業後は姪との食事の約束があります。吐き気止めのカイトリルは生憎持っていません。
なんとか5時までやり過ごしたところ、5時半ぐらいには吐き気は収まりました。その後、姪と落ち合って食事をしましたが、まったく問題なしでした。
今のところ吐き気はこの1回のみです。

●関節痛・筋肉痛
投与の翌々日ぐらいから発生します。
私の場合は主に足。だるいというか、重いというか、ピリピリするというか、表現しがたい痛みで、2回目投与の翌々日の夜はうんうんうなってしまいました。
筋肉が痛いのか関節が痛いのか、まったくわからない謎の痛みです。これも末しょう神経障害の一種のなのでしょうか。最もひどい時は歩くのが困難な状態ですが、それも一晩ぐらいで半減します。

●末しょう神経障害
手の指や足首から先の感覚がおかしくなります。
手は指がピリピリするカンジがあり、細かい動作ができなくなります。よく物を落とすようになり、ボタンがはめにくくなったり、落ちた髪の毛をつまめなくなったりします。私の場合はもっぱら右手ですがそれほど重症ではなく、日常生活で困るほどではありません。
足のほうは投与3日目から1週間ぐらいは歩行困難感があります。ほぼ一日、痛くて歩きにくい状態になったりもしましたが、1週間を過ぎるとだんだん軽減します。早く歩けない、階段を降りるのが難しい、歩いていてよくぶつかる、ふらつく、躓きそうになる、という状況です。なるべくエスカレーターやエレベーターを使ったり、通勤は時間に余裕を見て家を出たりします。
手足の他にも単発的に胸の中央や、脇がピリピリしたりしました。ヘルペスのときのような痛みですが、これは一時的なものでした。

●発熱
1回目投与のときも、2回目投与のときも、土曜日に投与した後の月曜日の夜に39度超の発熱がありました。半日ぐらいで平熱になりました。

●湿疹
これも副作用なのかどうか不明ですが、襟足、手の甲、鼠蹊部など、湿疹が出現。でもいずれも1~3日ぐらいで治りました。あまり痒くも痛くもないし、広範囲でもないし、それほど辛いものではないです。

●脱毛
これは必至ですね。
「抜け始めたら1日で抜けた」という友人もいましたが、私の場合は初回投与10日後ぐらいから抜け毛が多くなり、その2日後には頭皮がびりびりして多量に抜けるようになりました。更にその4日後(初回投与から16日後)からはウィッグを付けないと外出できないぐらいになりました。更にその3日後にはほぼ抜けきり、脱毛自体は少なくなります。でも、つるつるではなく少々残っている状態(新生児レベル)です。

●その他
便秘、下痢、口内炎、食欲の低下、味覚異常などは今のところありません。
私はもともと口内炎ができやすく、2回ほどなりかけの状態になりましたが、すぐに口内炎パッチを貼ったら酷くならずに治りました。

今日は3回目の投与3日目です。ひょっとすると今晩から明日にかけてが副作用のピークかも。ドキドキ。