記事一覧

あれこれ考える

  • 2010年07月31日

原発の肺がんではなく、ほぼ乳がんの転移という診断が昨日出たので、治療の選択について考えてみた。

乳がんの転移と聞いて直感的に考えたのは、「まだ症状が出てないんだから、抗がん剤をやるのはいやだなぁ。ホルモン療法で、時間稼ぎをしたい」ということ。
この、ホルモン感受性再発乳がんに対する治療のセオリーとも言える「生命の危機がない場合にはホルモン療法から始める」ということについて、自分が再発する前は、頭ではわかっていても実感としてはイマイチだった。でも、なぜか自分が当事者になってすんなり腑に落ちた。症状が出ていなければ、QOLを下げるような治療はしたくない。
もし、完治する可能性が格段に高い治療があれば、話は別かもしれない。例えば「この抗がん剤をやってがんが消失すれば、50%は完治します」というのであれば、やってみるかも。また「手術で腫瘤を切除すれば、50%は完治します」というのであれば、これも、やってみるかも。でも、きっと10%とか、5%なんだろうなぁ。しかもその割合は、ホルモン療法から始めた場合でも限りなく同じぐらいと考えられる。
3年生存率は50%、5年生存率は30%ぐらいだろうか。再発が1か所だけの場合には少し良くて、5年生存率は40%ぐらいらしい。しかし、10年生存率は限りなくゼロに近い。

例えば寿命があと3年だとして、死ぬまでにやりたいことには何があるか、ちょっと考えてみた。うーん、やりたいことは何もない。あと1年しか生きられないとしても、特にやりたいことは思いつかない。
リビングニーズってのは、余命半年となったら死亡保険金が本人に給付される制度だけど、お金をもらっても使い道に困る。そりぁ、旅行したいとか、温泉に行きたいとか、おいしいものを食べたいとか、普通の生活の中での欲求はあるけど、死ぬまでにどうしてもやりたいことってほどでもない。

私は生きる意欲が少ないのかな。
がんを宣告された人が、なぜショックを受けるのかが理解できない。
痛いのと苦しいのはいやだけど。

99%肺転移と診断が決まって感じるのは「気がかりなことが一つ増えた」ってことかな。
父親が死にそうなときは、やはりずっと気にかかっていた。
今、母親が死にそうで、やはり気にかかる。
冷たいようだが、死んでほしくないという思いはない。できるだけ周りのみんなが厭な思いをしない状態で終息できたらと思う。
自分のことも、それに近い思い。
ちょっと長期戦なので、しんどくなりそうだけど。

退職金や年金や、自分で貯めた貯金が使えないのは、ちょっと(かなり)しゃく。
でも、老後にお金が底をついたり、寝たきりになってにっちもさっちもいかなくなるよりマシかな。
もっとも、再発乳がん患者だって、いつ脳卒中で寝たきりになるか分からないけどね。

やり残すとしたら残念に思うのは、仕事のことぐらいかな。
今途中になっているシステムの再構築は、なんとか破たんしないように道筋をつけたいと思う。
特に仕事が生きがいってわけでもないけど、周囲を見回してみて社会的責任を一番負っているのは、仕事ぐらいだなー。

検査結果を受けての主治医との相談は、8月6日木曜日の午後に受診することにした。