記事一覧

8月22日(土) 4回目の点滴

  • 2015年08月22日

アブラキサン4クール目です。一応、アブラキサンは今回で終わりの予定。抹消神経障害は蓄積するカンジなので、心情的にもそろそろ終わりにしたいところです。ただし、次のFECは吐き気が強い薬剤なので、副作用をどの程度コントロールできるか少々心配です。

7時半に家を出て順調にクリニックに到着。検査開始時間の8時半にまず血圧を測定し、その後身長体重測定と採血。乳腺外科のフロアへ移動して着替えと体温測定。今回は体調上も特に問題なかったので看護師さんの問診もすぐに終わり、診察室に呼ばれました。
ドクターの問診も特に変わったことはなし。血液検査の結果も問題なしなので、予定通り点滴です。8月6日の血液検査の際の腫瘍マーカーは、反応していたCEAと1CTPが最高値だった7月11日に比べて若干下がっていました。CEAが25.8→19.6、1CTPが8.2→6.3です。症状は咳も血痰もなくなくり、かなり改善していますが、画像検査もこれからだし、まだまだ予断を許しません。

薬は服用継続することにしたリン酸コデインの処方のみお願いしました。リン酸コデインは便秘の副作用があるのですが、私の場合は止めるとお腹が緩くなり、飲んでいるほうが快調なのです。そのため、メジコンに切り替えようと思っていたのですが、当分の間はリン酸コデインを継続することにしました。

今日の点滴、ゾレドロン酸についてはパスしたいところですがドクターがぜひやりたいと強く主張するので渋々承諾し、最後はポートに針を刺して終了・・・のはずが、ドクターは何故か腕に針を刺そうとします。私が「腕ですか?」と聞くと「あ、ポートだ!」と気が付き、ポートに針を刺して無事診察室を出ました。

化学療法室のリクライニングは、今日は3番です。眠かったので点滴中はほぼ寝ていました。
会計まで終了してクリニックを出たのは11時10分ごろ。
次回の受診は8月28日(金)です。

コメント一覧