記事一覧

10月10日(土) FEC1回目

  • 2015年10月10日

いよいよ今日からFEC開始です。

アブラキサンのときと同様に土曜日の一番早い時間の予約。先週は混み混みだったらしいので今週からにしてもらいましたが、アブラキサンの最終投与から1か月半開いているためか、少し咳と痰がぶり返しています。それでも思い出したように出るだけだし、FECの投与が遅れたために手遅れになるなんてことは考えません。こんな程度で手遅れになるようなら、ちょっとぐらい投与間隔が変わっても誤差の範囲と思います。

クリニック到着は8時20分過ぎ。8時半に2階へ移動して血圧測定し、検査センターに移って身長・体重測定と採血。9月のCT造影剤の針刺しはうまくいきませんでしたが、採血は針が細いようで問題なく一発成功。6階へ移動し受け付けしたのが8時40分ごろ。ロッカーはAで更衣室は独占状態です。上だけ検査着に着替えて体温測定をし、待合いで看護師さんの体調チェックを待ちます。いつも感じるのですが、ここの体温計は我が家の体温計に比べて0.5度ほど低く出ます。ですので今日も35.9度だったのですが、あまりに低いときもあり、わりと頻繁に測りなおしています。
今日のchemo予定はほかにいないらしく、ほどなく看護師さんの問診。問診表にもたいしたことは書いてないので、あっさり終了。そのあと更に待合いでkindleを読みながら待ちます。

診察室に呼ばれたのは9時ごろ。血液検査の結果は問題なしだったので、予定通り投与することになりました。その準備としてまず吐き気止めのイメンドカプセル(アプレピタント)125mgを飲みます。
問診では抹消神経障害、特に足の違和感がなかなか抜けないことを報告。ただ、いまさらリリカ服用を再開するほどでもないので放置です。リン酸コデインは、やはり完全に止めるとお腹が緩くなるので様子を見ながら継続。若干痰が増えてきたこともあるので、去痰薬(ムコダインとムコソルバン)を処方してもらうことにしました。9月19日のときの腫瘍マーカーCEAは20.4。あまり下がりません。「腫瘍以外でも数値が上がることもあるし」とドクターは気休めのようなことを言います。CT結果を詳しく再確認したのですが、放射線科の所見はいずれも改善傾向とだけあります。胸骨は病変部分が化骨化していてゾレドロン酸の効果と思われます。上部縦隔リンパ節は若干小さくなっているのみですが、このリンパ節は咳などが酷い時にも腫脹するので、必ずしもリンパ節転移とは限らないとのこと。まぁ、増悪していないのでよしとします。肝心の肺は無気肺部分は縮小したものの、腫瘍は無気肺の中に埋もれていて大きさが分かりません。5月23日のCTでも腫瘍径は不明だったし、今回も不明。ドクターの予測では今は10mmぐらいかなぁとのことでした。
最後にポートに針を刺して診察は終了です。

診察室を出て化学療法室に移動。今日は4番のリクライニングです。私の他には10時過ぎに来る患者さんしかいないとのことで、貸し切り状態。
まずは吐き気止めのアロキシ(パロノセトロン)とデカドロン(デキサメタゾン)を点滴。次にエピルビシン、エンドキサン(シクロホスファミド)、5-FU(フルオロウラシル)と続き、最後に生食50mlを流します。
今日はあまり眠くなかったので前半はkindleを読んでいました。途中、体温測定をやり、インフルエンザ予防接種の予約を入れ、ゾレドロン酸点滴の患者さんが来て30分で先に終わり、私はエンドキサンが長いので途中うとうと。エンドキサンは量が多いこともあり、今回は途中でトイレにも行きました。既に尿がピンク色(エピルビシンの影響)です。
その後、看護師さんがお話にやってきました。北斗晶さんの報道がかなり話題になっているようで、そのことで患者の立場としてどう思うか感想を聞かれました。どうやら他の患者さんからも話が出るようで、医療者としてどのように意見を返すのが適切か、看護師さんの中で議論になっていようです。私は報道内容はあまり詳しくはないのですが、ステージ2Bで5年生存率が50%とか、どうも患者初心者にありがちな誤解が多々あるようです。おそらくこの件は一時のもので、すぐにみんな忘れるからあまり気にしなくてもいいのではと言っておきました。それよりも世間のがんに対する見方があまりにも偏っている(両極端)であることや、近藤誠問題のほうが何とかしなくてはいけないのではないかと。この会話の中で気づいたのですが、この看護師さんも私のことをファーストネームで呼びます。別にいやではないんですけど、どうやらこのクリニックで私は古株患者のようです。

最後の生食を流す間に再度体温測定と血圧測定を行い終了です。
着替えをして6階の受け付けに行き、次回(10月17日)の予約を入れます。今日はFEC初回なので、薬剤師さんから服薬指導があるということで、相談室に移動。少々待って薬剤師さん登場。まずはアブラキサンの副作用の現状を確認。抹消神経障害が残っているというとかなり詳しく聞かれましたが、日常生活に大きな支障がないことを確認して様子見となりました。次はFECの副作用の説明。ほぼほぼわかっていることですが、とても丁寧に説明してくれました。

最後に会計をしてクリニックを出たのが12時半ごろ。2回目の点滴からは12時ごろには終われそうです。
次回の受診(副作用チェック)は10月17日(土)午前9時45分の予定です。

ちなみに、今日もゾレドロン酸の点滴はありませんでした。
あんなに3週間ごとの同時投与に固執していたのに、ドクターはすっかり忘れているようです。
3か月に1度にしたいわたし的にはラッキーなので、頃合いを見計らって確認してみようと思います。聞けば絶対にやるっていうだろうし。