記事一覧

10月17日(土) 受診

  • 2015年10月17日

FEC投与後1週間目の副作用チェックです。
予約時間は9時45分。

受け付けしてまずは採血。そして6階へ。今日はインフルエンザの予防注射を予定しているので、問診票を書きます。待ち合いロビーは今日は人がいっぱい。同じ土曜日でも点滴のときより時間が少し遅いせいでしょうか。椅子がほぼ満席です。
しばらく待って血液検査の結果が出たころに診察室に呼ばれます。
問診は副作用の報告から。
明確な吐き気はありませんが、すっきりしないでムカムカ一歩手前で食欲なしであることを報告。だいたい多くの人がこのような状況らしく、「1週間ぐらいで元に戻るので、そろそろ食欲も出てくるでしょう」とのこと。足の抹消神経障害がぶり返している件はそれほどひどくはないので様子見。次回の受診でも続くようならストレスの影響もあるかもしれないのでリリカの再服用を検討しましょうとのこと。白血球は2700ぐらい。骨髄抑制は生じていますが、この分ならあまりひどくはない模様。熱も炎症もないので、今日のインフルエンザ接種はできますとのこと。2回目のFEC投与も10月31日に予定。
先週測った腫瘍マーカーはCEAがこれまでの最高値で27でした。アブラキサンでも下がらなかったわけですが、急増しているわけでもないので誤差の範囲です。FEC投与後はどうなるでしょうか。腫瘍マーカーばかり気にしているわけではありませんが、現在の病状の指標としては症状・画像・マーカーの3つで確認するしかありません。
(1)症状→咳痰は改善
(2)画像→改善傾向
(3)腫瘍マーカー→若干増加
現状はこんなカンジかな。

診察終了後少し待ってインフルエンザの予防注射をしてもらい終了です。
次回は10月31日(土)です。