記事一覧

10月24日(土) 臨時受診

  • 2015年10月24日

FEC1回目投与から1週間を過ぎると食欲不振もなくなり、味覚異常は若干あるものの普通に食べられるようになってほっとしていた矢先に突然の発熱。アブラキサンのときは投与3日後ぐらいだったのに、今度は2週間近く経った木曜日の夜からです。寝るときは37度台だったのに深夜には38度6分まで上がってしまいました。私的にはこのぐらい熱は慣れっこなのですが、クリニックからもらった治療手帳には「38度以上の熱が出たら連絡するように」との記載があるので一応連絡をしてみると、ドクターからは「ロキソニンと抗生剤(ダラシンカプセル)を飲んで様子を見るようにとの指示がありました。
金曜日は仕事を休んで薬を飲み、一日大人しくしていたのですが、土曜日の未明には40度まで熱が上がってしまいました。薬を飲んでいるにも関わらずここまで熱が上がると、さすがに心配になってしまいます。
朝になって再度クリニックに連絡すると、今度は受診するようにとの指示。

午前10時少し過ぎにクリニック到着。始めに血液採取をしてから6階のロビーで血液検査の結果が出るのを待ちます。診察室に呼ばれたのは10時半過ぎでしょうか。やはり白血球の値がかなり低く、好中球減少性発熱でしょう、G-CSFを打ったほうがいいでしょうということになりました。
FEC投与2回目は来週の予定なのですが、現時点では予定は変更せず、来週の血液検査の結果で判断するとのこと。
診察室を出て処置室で注射をしてもらい、終了です。

うーん、アブラキサンのときの発熱とは異なる状況のようで、完全に副作用の骨髄抑制です。食欲不振といい、味覚異常といい、わたし的にはQOLがかなりダウンです。