記事一覧

10月31日(土) FEC2回目

  • 2015年10月31日

きょうはFECの2回目の投与です。
先週、好中球減少性発熱があったので、もし白血球の値が低かったら投与は延期ですが、血液検査をしてみなければわかりません。
とりあえず投与する予定で出かけます。

8時20分ごろクリニックに到着。10分ほど待ってブルーファイルを受け取り、まずは2階で血圧測定。そのまま血液センターへ移動し、身長体重測定と採血をします。その後6階へ移動し、着替え→体温測定→看護師さんによる事前問診と進みます。今日もほかの点滴の患者さんはいない模様。

9時を少し過ぎたぐらいに診察室に呼ばれました。
白血球はG-CSFを打った効果か5880まで回復しており、予定通り点滴を行うこととなりました。そこでまず1回目のイメンドカプセルを持参の水で飲みます。
先週の発熱以外は大きな副作用はなく、まぁまぁの経過です。
ゾレドロン酸については、FEC投与中は中断するとの話がドクターからありました。「忘れているわけではないですよ。FECの発熱かゾレドロン酸の発熱か判別がつかなくなるので一緒にはやらないほうがいいんです」と言っていましたが・・・ホント?
私としては胸骨転移は落ち着いているようなので、顎骨壊死のリスクを低減させる意味合いから中断は歓迎です。
最近、むずむず脚症候群の発作が頻発するのですが、これについてはロキソニンが効く場合もあるとのこと。今度起きたらロキソニンを飲んでみようかと思います。
不足する薬を処方してもらい、次の予約を11月7日に決め、ポートに針を刺して診察は終了。今日は針刺しが結構痛かったです。

化学療法室に移動し、リクライニングは今日も4番。隣にはゾレドロン酸の点滴と思われる患者さんがいて、先に終わってお帰りになりました。その後は貸切状態です。
私は吐き気止めのデカドロン+アロキシ→エピルビシン→エンドキサン→5-FUと点滴し、最後に生食を流します。今回も途中でトイレ。かなりの量の水分を点滴で入れるので、必ずトイレに行きたくなります。途中、30分ほどうとうと。

終わって着替えをして、次回の受診時間を決め、会計をして終了です。予定通りちょうど12時です。

次回、副作用チェックの受診は11月7日(土)です。