記事一覧

6月18日(金) 肺がん疑い

  • 2010年06月18日

今日は呼吸器の二次検診の日。夕方はVOL-Net(私がスタッフをしている乳がんセルフサポートグループ)のサロンの日だが、サロンに必要なグッズは朝のうちに同僚(同病仲間で一緒にVOL-Netのスタッフをやっている)に預け、午後1時過ぎに職場を出た。
検診施設についたのは1時45分ぐらい。受け付けをし、しばらく待つと事前問診に呼ばれる。問診はなんだか新米の看護師さんのようで、受診していた診療科を婦人科と間違えたり、乳がんのことも良く知らないらしい。
また少し待つと、今度はレントゲン撮影室の中待合に呼ばれ、更に少し待つと呼ばれてレントゲン室へ。その中で上半身だけ検査着に着替え、胸部レントゲンを1枚撮った。
自分の服に着替えてまた少し待つと、今度はエレベーターの前に呼ばれた。次は1階へ行ってCTを撮るという。1階のCT室に行くと、また同様の検査着に着替えCT撮影。造影剤はなしで、胸部のみ2回撮った。CTはもう何度も撮っているので特に緊張はない。
また服に着替え3階の待合に戻って少し待つと、今度は3番の診察室に呼ばれた。医師がいて、その前にはシャーカステンに貼ったフィルムが3枚、パソコンのディスプレイには、私のデータとCTの画像と思われるものが表示されている。医師はSという60ン歳と思われる男性で「これが1年前のレントゲン画像で・・・」と資料の説明を始めた。

5月12日の一般健康診断で撮った画像と、今日のレントゲンには右肺の下の方にうっすらと影が見えるという。そのためCTを撮ったということらしいが、そのCTの画像の説明はいかにも「これからがんを告知します」というのがアリアリで、その時点で私は既に事態を把握した。
肺の上の方には過去の病変の名残があるそうで、これが時々レントゲンの所見として書かれるものらしいが、これは特に問題はなし。肺の周りもはっきりしていなくてぼんやりしているところがあるそうだが、これも問題なし。だんだん下に下がって下葉部分を見ると、かなりはっきりした結節が見られる。これは「悪いものを疑わざるを得ない」と説明された。要するに「たぶん、がんでしょう」ということだ。こっちは初心者ではないので、ここで得られる情報は聴けるだけ聞いておこうと、いろいろ質問をした。
まず、確定診断はどうするのか。場所によっては気管支から内視鏡を入れるが、この位置だと難しいかもしれない。そうすると胸から針を刺して組織を採る方法もあるが、それはがん細胞を撒布してしまう恐れがある。転移か原発かは、組織を採ってみないと分からないが、乳がんから11年経っているので転移の可能性は低いと、この検診医S先生は原発の肺がんと思っている様子だ。
リンパに腫れは見られないし、腫瘍は1個と思われる。手術するか抗がん剤になるかは、組織型によって異なる。腺がん、扁平上皮がん、腺扁平上皮がんなどがある。医師の口振りでは小細胞肺がんとは思っていないようで、非小細胞肺がんの可能性が高そうだ。大きさは15mm程度。
乳がんの手術はどこでしたか聞かれたので「○○大です」と答えたら、じゃぁそこに行きますかという。ちょっと待って、乳がんの転移ということも完全には否定できないし、まずは乳腺の主治医に相談してからというと、なんだか怪訝な顔をする。普通の手順だと、ここで紹介状を書いて、資料と一緒に患者に持たせ、病院へ送っておしまいとなるようだが、私がその通りに動かないので不審に思っているようだ。でも、○○大の呼吸器外科にどんなドクターがいるか、まったく知らないので今すぐには決められない。紹介状と言っても私が聞いた以上の詳しい情報はなさそうだし、組織検査をお願いする病院は慎重に決めたい。とりあえず「職場の保健師に相談する」と言って、いったん診察室を出た。
人事課に電話すると都合良く保健師のTさんが電話に出てくれたので経緯を話すと「紹介状は不要です。検診を契約しているんだから資料は人事課から依頼すれば借りられます」とのこと。どのみち乳腺の主治医のところには行かざるをえないし、資料さえあればそこから紹介状を書いてもらった方がよさそうだということになり、診察室へ戻る。
「紹介状はいりません。資料は人事課から依頼して貸してもらえるそうなので、それを乳腺の主治医に見せてから決めます」というと、S医師はますます怪訝な顔をした。同席していた看護師さんが「資料を貸すことにTさんが了解済みなら、今お渡しすることできますよ」と言ってくれた。人事課から請求すると1週間ぐらいかかるらしい。「それでは」ということになり、紹介状の発行なしで、資料だけ借りて帰ることにした。

20分ほど待合で待つと資料を渡してくれて、今日はこれで終了。既に4時半ぐらいになっていて、1階へ降りると外は土砂降りの雨。
早く終われば職場に戻るつもりだったが、その時間はない。でも、課長にはひとこと言っておこうと、検診施設の1階出口のあたりで自分の職場に電話した。電話に出たのは同僚のS係長で、課長は席にいないという。かけ直す余裕もないので、今日は戻れないということ、どうやら肺がんらしいということ、今日は金曜日なので課長には月曜日に改めて話すということを伝えた。S係長はこういう事態に慣れているのかいないのか不明だが、さすがにびっくりはしていたようだ。
次に、乳腺の主治医O先生の携帯あてにメール。返事があったのは約1時間半後だったが、やはり一度外来に来るようにとのこと。それから夫にメール。「どうやら肺がんのようだ」というと返事は「あれまぁ」だって。
雨がかなり強く降っており、駅からバスでサロンの会場へ向かう。途中でちょうど会場に向かう同僚に遭遇し、検査結果を告げると、さすがにびっくりはしていたが結構冷静に聞いてくれたのでほっとした。通常通りVOL-Netのサロンを実施し、終了後に別のスタッフのひとりに検査結果を告げると、絶句していた。まぁ、これが普通の反応かな。
自分の状況を観察してみると、あまり動揺はしていない。ショックも受けていない。検査やら手術やら、場合によっては化学療法やらがあるかと思うと、憂鬱ではある。旅行はどうしようかとか、9月のリレーフォーライフは大丈夫かななどと考える。

肺がんと言うと、思い出す人が何人かいる。患者会活動を通じて知り合った人や、本で読んだ東大の放射線科の医者とか。患者会を通じて知り合ったMさんは脳転移でもまだ元気。Tさんはあっという間に亡くなってしまった。東大の医者はすごく動揺してみっともなかった。患者仲間のKさんのお父さんは小細胞肺がんで、かなり大変だったらしい。昔は肺がんと言えば生存率がかなり低かったが、最近は非常に改善されているというニュースも聞いた。

帰宅すると夫はいつもどおり。「京都旅行はキャンセルしようか」というと「行けるうちに行った方がいい」と、11年前と同じことをいう。でも、7月末なんてへたすりゃ手術しているかも。まぁ、キャンセル料がかかるのは3日前からのようなので、しばらくそのままにしておくことにする。
VOL-Netのスタッフ用メーリングリストと、懇意にしているドクターのS先生に報告メールを出す。VOL-Netのほうは、仲間のひとりが早速DMで「協力できることはなんでもするよ」と言ってくれた。S先生も「私で力になれることがあれば、何でも言ってください。」と短いけれど有難いお言葉。

夜になって一段落し、肺がんについて少々ネットで情報収集した。
まず国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービスで基礎知識を得る。自分が校正にかかわった内容を、自分が利用することになるとはびっくり。どのサイトが信用できて、どのような情報が必要か、分かっているだけ非常にラクチン。これが、何も知らない人だと大変なんだろうなぁ。

そもそも肺がんとはどういうものか、検査方法は何が基本か、治療の基本は何か、病理は何がポイントかを確認する。まだ自分のがんについては予想でしかないが、肺野型(末梢型)肺がんの場合は、症状がほとんどなく、症状が出てから見つかる場合は既に進行しているが、レントゲンなどで偶然に早期に見つかる場合がある。その場合でも15mmぐらいにならないと写らないという情報があった。自分がこれに当てはまるかどうかまだ不明だが、そうだとしたらとてもラッキーな見つかり方かもしれない。でも、肺野型だと気管支鏡では届かないことが多いので、検査は大変そう。
原発だとしたら手術が基本だが、転移や非小細胞肺がんだと切るのはNG。ここの見極めが難しそう。・・・と、本日の情報収集はここまで。