記事一覧

11月21日(土) FEC投与3回目

  • 2015年11月21日

午前7時40分ごろ家を出て8時25分ぐらいにクリニック到着。30分になるとブルーファイルを受け取り、2階で血圧測定→身長・体重測定→採血。そして6階で問診票(アンケート)を渡し、上半身を検査着に着替えてロッカーに荷物を入れ、体温測定。今日も私のほかには点滴の人はいなさそう。
待ち合いで少々待つと、看護師さんの事前問診があり、9時には診察室に呼ばれました。
血液検査の結果、白血球数は5410となっていて点滴は実施することとなり、イメンドカプセルの1回目分を飲みました。G-CSFの効果でしょうか。おそらく3回目も2週間後には発熱がありそうなので予防投与ができるG-CSFであるペグフィルグラスチム(ジーラスタ)について聞いてみました。効果はあるようで、臨床使用もかなり広まってきているそうですが、このクリニックではまだ採用に至っていないということで残念ながら使えませんでした。その代わりといってはなんですが、副作用チェックの受診は通常の1週間後のほかに2週間後も予め予約を入れ、熱が出なくても毎週来ることになりました。
11月7日に測った腫瘍マーカーは
 CEA:14.6(基準超、前回より下がる)
 TRAP-5b/EIA:185
 1CTP:10.7(基準超、前回より上がる)
 NCC-ST-439:2.5以下
 CA15-3:6.3
 BCA225:27.9

一番反応していたCEAが下がったのは良い傾向かも。1CTPが上がったのはゾレドロン酸を中断しているせいかもしれません。
胃痛・胸痛はガスターを飲み始めて改善したのですが、先週測ってもらった亜鉛量は下限ぎりぎりぐらいでそれほど下がってなかったので、プロマックの処方は見送りとなりました。
そのほか特筆すべき副作用はなく、副作用は軽いほうかもしれません。
ポートに針を刺して診察室から化学療法室に移動します。今日のリクライニングは3番です。9時15分ぐらいから点滴を開始し、終了したのは11時45分ごろ。2時間半の長丁場なので、途中で必ずトイレに行き、うとうともします。そして、最後の生食を流す間に体温測定と血圧測定を必ず行うのですが、体温は36度、血圧は上が85でした。看護師さんが「ふらつきはありませんか?」とびっくりして計り直したのですが、2回目の血圧は上が95。私は「いつもこんなものです」。
会計をしてクリニックを出たのがほぼ12時。今日は近くのファミレスで昼食を摂ってから自宅近くの薬局に寄り帰宅しました。

次回は11月28日(土)です。