記事一覧

FECの副作用-私の場合

  • 2015年12月06日

●吐き気
明確な吐き気はないのですが、むかむか一歩手前という状況が、投与後2日目ぐらいから1週間目ぐらいまであります。
やたらと生唾が出て、げっぷがでたりします。においもやたらと鼻につきます。食欲はないのですが、食事をした後のほうが落ち着くので、なるべく空腹にならないようにしています。
日常生活に支障が出るほどではありません。

●味覚障害
Q.O.L.的にはこれが一番つらいかも。上記と同様に投与後2日目ぐらいから約1週間。何を食べても美味しくありません。口の中の粘膜に薄くロウが塗られているような感じがします。私の場合はお醤油味が特にわからなくなりました。

●骨髄抑制
ドクター的にはもっとも重大な副作用だと思いますが、体感的にはよくわかりません。私の場合は投与後2週間目に高熱を発し、血液検査をしてみると白血球数が1000をちょっと超えるぐらいという状況になりました。もともと感染症対策にはかなり気をつかっていますが、この時期は一層気を付けなければなりません。

●発熱
骨髄抑制の症状の一つですが、投与後2週間目に好中球減少性発熱と思われる発熱がありました。アブラキサンのときの投与直後の発熱とは異なる状況のようです。40度になったときは、さすがに少々ビビりましたが、割とすぐに解熱。高熱が長時間続くことはありませんでした。

●脱毛
これは必至です。
アブラキサンの最終投与後はほぼつるつるの状態でしたが、それから1か月半後にFECの投与が始まったので、髪は全体に1センチぐらいのびていました。それがFEC投与後に抜けたので気を付けないと始末に困ります。特に夜寝るときはちゃんと帽子をかぶっていないと大変なことになるでしょう。

●末しょう神経障害の後遺症
FEC自体は抹消神経障害の副作用はないはずですが、アブラキサンの後遺症がほんの少しですがずっと残った状態です。

●その他
一度、虚血性大腸炎と思われる発作に見舞われ、悪夢のような時間がありました。そのときは吐き気・嘔吐もありましたが、処方されていたカイトリル(吐き気止め)やナウゼリンを使う余裕もなく、腹痛の薬を使う余裕もありませんでした。
FECの副作用かどうかは不明です。

口内炎がたくさんできるということはありませんが、たまたま骨髄抑制の時期に外傷性の口内炎になり、10日以上治らずに困りました。