記事一覧

12月12日(土) FEC投与4回目

  • 2015年12月12日

今日でFECは最終回の予定。いつも通り家を7時半ごろ出発し、バスに乗って地下鉄の駅まで行きます。地下鉄に乗って、更に駅から5分ほど歩くと、予約時間の10分前ぐらいにクリニック到着。受け付けに診察券を渡して、8時半の受け付け開始をロビーで待ちます。

8時半になると、それまで待っていた人たちに順番にブルーファイルが渡され、それぞれの目的の場所に向かいます。私はまず2階に行って血圧測定をし、それから採血に向かいます。少々待った後に身長体重測定と採血をし、今度は6階に向かいます。6階では上半身を検査着に着替え、体温測定をしてファイルを化学療法室のファイル入れに入れておくと、しばらくして看護師さんの事前問診があります。私は先週も受診して血液検査をし、G-CSFを打ってもらったので、それ以降はあまり申告するようなことはありません。
またしばらくロビーで待つと、9時ごろに診察室に呼ばれました。
血液検査の結果、白血球は7680まで回復していました。G-CSFの効果が絶大なのか、もともと回復する時期なのか。先週測った腫瘍マーカーの値も出ていて、CEAが7.7まで下がっていました。こんなに反応したのは初めてです。1CTPも少し下がっていて症状が改善した証拠でしょうか。咳も出なくなったし、これで来週の画像検査(PET-CT)でも改善が見られれば少し安心です。
ドクターも「来週の画像検査の結果で来年からの治療を検討しましょう」とのこと。ただ、「維持化学療法とか」と言っていたので、引き続きchemoをやるつもりなのでしょうか。「ゾレドロン酸の再開も検討します」と言っていたので、点滴は続きそうな感じ。ゾレドロン酸はともかく、維持化学療法は何を考えているのかな。私的には現時点での選択肢の中で一番副作用が少なそうなフェソロデックス(フルベストラント)あたりを考えていたのですが。PET-CTの結果が良いことを祈るばかりです。

薬の院外処方をしてもらい、ポートに針を刺して診察室を出、化学療法室に移ってブルーファイルを提出すると、今日のリクライニングは3番でした。今日はめずらしく文庫本を持参していたので、前半は本を読みながら点滴しました。途中、アブラキサンの初回点滴と思われる患者さんが4番のリクライニングに来て、わたしより先に終わって出て行かれました。

全部終わったのは12時ごろ。会計してから今日もファミレスで昼ごはん。でも、お腹は空いているのに今日はなんだかおいしくありません。早くも副作用が出てきたのでしょうか。ブルーですが、維持化学療法がFECになることはありえないのでこれも最後です。とにかく1週間は乗り切らなくちゃ。

次回の受診予定は12月19日(土)です。